性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タントラヨガという、性的なつながりから悟ろうとしていく方法をしっているでしょうか。

幾度かメール交換を繰り返している女性がいます。
それで20代の女性からメールで質問を受けたのですが、単純にタントラヨガで男女が交わっているやり方を示した映像を見るだけじゃあまり深いような意味が理解できるものじゃない。それだったらカーマスートラのような、セックスの体位等を純粋に研究していったほうがいいだろうと思うんですがいかがでしょう。
で、推薦図書として次の本を挙げさせてもらったんです。


いちおうですがAmazonのページに飛べるリンクを貼りました。

運命好転の法則 ←Amazonのリンクでジャンプします

内容(「BOOK」データベースより)

スピリチュアルとヨーガの聖地・インドからやってきた若き運命マスターが、インド古代から伝わる運命をつかさどる光・音・アイデアの3つの秘訣を使って運命と人生の神秘を説き明かす。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

アマン,アチャーリャア
1973年、インドのパンジャブ州に生まれる。幼い頃からジョーティッシュ(インド占星術)やヨーガなどスピリチュアルな事柄に接し、インドの伝統的なスピリチュアル教育である「シャストリ」の課程を卒業。1994年、パンジャブ大学インド哲学サンスクリット語のMA大会で金メダルを獲得。1999年、マハーラシュートラ州アムラワティ大学において、MBAを取得。その後、インドのリシュケシュにあるシヴァナンダーアシュラムで「ヨーガ・ヴェーダンタ・コース」を修了。ヨーガニケタン・アシュラムでインストラクターを務める。2004年に来日

松井/広美
1963年生まれ。17年間アパレルのパタンナーを務めながら精神世界を探求し、気功を学ぶ。退職後、インドの聖典に興味を持ち、ヨーガ哲学を学びにインドへ。修行旅行でアチャーリャ・アマン氏と出会い、哲学の手ほどきを受ける。現在は、ヨーガ哲学の指導を行いながら、日本でのアマン氏の活動をサポート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




占星術研究家のインド人が書いた本ですが、タントラヨガについては後半の方にあります。
出版社が主婦の友というまじめなところですので、エロい内容じゃないんで、そこは理解をしてくださいませ。

生きるということの生と、セックスをするときの性的なつながりは、両者とも神がつくりたもうた清濁などあるはずもないもともとが神聖なもの。それを世俗の性をはしたないし破廉恥罪で、そんなことばかり考えたがるものはばか者で価値の薄い人間でしかないと洗脳する大部分の聖人君子や先生や親たち。その考え方は、しょうもない話で、かえって自然界の成り立ちを受け入れずに屈折させてしまう人間をつくりだす結果を出してしまったのは、部分、そういった者達の偏見がするというものだ。諸説あるが、僕もそう考えていて、性的行為をしていて学び覚ことに、人間の人間たる所以や、そちらを求めてあえて進んでみるというルートもあるんじゃなかろうかと思えてならない。それは男性以上に女性のほうがそういったようなタイプの火が自分の内側にあるって言ったことに気づかれていて、希求なさっているところが男性よりも純粋で大きいような気がしてなりません。そして本書ではセックスをするときは、女性が宝石で、男性は従者のようなものだと諭すところも理想だろう。女性の感受性に性的行為をしていて男性が勝るようなことなどありはせず、女性のオーガズムという神聖な意識状態に至るときに男性も女性同様に眉間に意識を合わせて同調することで深遠なる意識状態へといざなわれるといったような説明もなされていたという記憶がある。そういった見方から語ってくれているようなところが、僕が女性とセックスをするときに考えているようなことが盛り沢山に語っていて印象がいいのだろう。

そしてこの本を紹介させてもらった女性は、図書館に行って借りて読んでくれ、セックスのやり方なんかはまったく書かれていなかったけれども、読んでみて自分が性的に関心を持ってしまっていたことが恥ずかしかったといった思いが間違えていたというよう認められるようになったようだといってくれた。いつもはもじもじした感じで自分の欲求するところは隠し続けていかなければと思って窮屈だったところから、超深くセックスを試していくしかなくなった感じがして、そう思えたら力がわいてきたんですって。するといつしか自身の性癖とかやってみたいこととかを、あなたに聞いて欲しいということで書き記してくれたり写真が送られてびっくりしたし。はじめてメールをもらったときとは別人のように生き生きとした感じの語り口調の文面に興奮させられました ^^ 。ただ、そういったことを聞いて、僕もうれしくなったんで、今回、そのきっかけとなった本をおつたえさせてもらったんで。
[PR]
# by body_revolution | 2016-12-11 22:56 | Comments(0)

割礼

ひさびさに書き込ませてもらいましょう。

時間がないので、書き方がぶっきらぼうになってしまうことをお許しいただければ

温泉に数人でいったとき、30代男性からちょっとした質問を受けた。

女性にあまり持てないからと気になっているようで、性格的にもいいやつで収入だってそんじょそこらよりもいい。だがあんまり女性の影がない。あまりにもさっぱりとしているのは、そういった主義なのかと問えば、そうでもないらしい。

温泉場だから、なにげに目につくのだがペニスの先っぽがしっかりと皮をかぶっている。そして、それはいつもなのかと聞けば、いつもだといってしゅんとしている。

そこで話をすり替えていったほうがいいだろうと思い”割礼”という宗教的儀礼を聞いたことがあるかと、質問をしてみると。それってなんでしょうかと初耳のようだ。

日本では耳にしない儀式だが、陰茎の皮を一部だけ切除するというものです。
包皮切除(割礼)なんて、やられたら痛そうですが、これって女性への思いやりのこころにもつながるんです。たとえば性感染症もおきづらい。それにエイズも、割礼をしているイスラム圏地域には大発生的な状況にもなってはいない。
細菌やウイルスが皮をかぶったところの下に温床となってしまい、それらの猛威が強まって環境悪化が著しい状態が作られていってしまう。ペニスの皮の下あたりは殺菌力など発揮する器官はないんで、湿度と栄養分と温度が最適に細菌やウイルスが増殖できる温床になってしまう可能性がある。だから衛生面を考えれば、日々、もし包茎じゃなくても、ごしごしと濡れたタオル等で消毒滅菌しておき、そんな状態にしてきれいにしておいてから女の人の中に入れるように心がけなということをいった。ぐさって胸をえぐられるようなことをいうようだけれども、そういうのって、やはり最低限知って置かなければいけないし出来て置かなければならないエチケットのようなものなんです。

その状況が常で、ときたま性交時にめくれるというときに女性器のなかにその細菌やウイルスの侵入をたやすくかなえていってしまう。女性器には殺菌作用が強い粘液等をだしているものだが最近の女性には、自己免疫力が弱まってアレルギーや呼吸器系の疾患を患っていたり、ない膜症や筋腫などの子宮系の問題があったり、様々な異常事態に陥っていて、そこに男性が細菌やウイルスを直接的に子宮口に送り込んで行ったらひどい目にあってしまうケースがときどきあるものだから、男性側がそんなことを女性に煩わせたくないという気持ちもてつだってするようなことが結果的に割礼。
むろん、宗教的儀式としてだけではなく生活をする上での知恵でなされるような儀礼のようだが、結果的に女性の体調不良がこれで減っていくのは事実です。

僕のようなおっちゃんに、ちんちんの皮をしっかり日々むくようにして性交時に備えようといわれたとしても心に響くようなものじゃないかもしれないけれども、素直にそれを聞き入れてくれた。年齢が行ってから、皮をかぶっているぶぶんを自分でむいていくようにするのは、かなりの悶絶もんだったようだが、実直にスケジュールをたてて少しずつむいていって、半年くらいすると脱包茎となったそうだ。
そしてそれから半年もすると、信じられないくらいきれいな女性と付き合うようになって、結婚にまでいたった。ペニスをピカピカにしてから女性の中に入れようなんて考えたことがなかったけれども、そういう思いでやってみたら、次もあってもらえるようになって付き合いが続くようになったそうです。もっとも、表面上、目の行き届きづらいエチケットのようなものなんです。これは、だから見えないところこそ手を抜かないことが大事なんでしょう

僕も皮のかぶっていないものの陰茎や会陰部などは、常識的に一日のはじまりでこっそりとウエットティッシュで、ゴシゴシゴシゴシ、ゴシゴシゴシゴシと消毒をしていきつつ汚れをぬぐいとっていくのが習慣になっている。朝寝起きのときが、その陰部周辺は一番の細菌の繁殖が強く増殖したときだから、そのときに叩けば、効率がいい。そうしないと、こころなしか気持ちの前向きさがくぐもるような気がして不快感が著しく。もちろんのこと、誰にもみつからないようなところでコッソリとしているんだけど、自分のためにでもあるけれども女性のためにというこころがあってそうさせてもらいたいからと真剣に考えていて、やっていて続けられる行為です。


ウィキペディアで割礼を調べて性感染症のところをみると次のよう
性病は、包皮切除をしていれば症状が発生しにくい。この原因としては「包皮が取り除かれ、亀頭粘膜が角質化するため」、「性交後に膣分泌液が包皮の裏に残らなくなるため」、「性器が乾きやすくなるため、ウイルスが粘膜上で生存する可能性が低減される」、「包皮には性感染症の標的となる細胞が多数存在するのだが、包皮を切除することによってその標的細胞の数が減るため」といった理由が考えられている。
[PR]
# by body_revolution | 2016-12-06 09:03 | Comments(0)

ヨガ

このごろのことだけれども師匠からの伝播したヨガブーム。

師匠はこころのほうからのヨガを勉強するといった宣言をしていたが、僕には話の内容を聞いてもちんぷんかんぷんでわかりませんでしたから、体の動きから統合していこうというアーサナを通じてのやり方といったものを試していこうとしています。

そんなときにあったあまりにも他愛もないエピソードです。

施術中にヨガの話をしていたつもりだった僕が、お客さんに体位の話をしていた。お客さんは30代後半の女性で未婚者。
よつん這いの姿勢からライオンのポーズだったり、うつ伏せからバッタのポーズなど、体位にもさまざまな状態がある。
そういったところで話をしていたつもりだったが「どの体位がやりやすいですか」との僕からの質問に、半分睡魔に襲われているものなのか「私は下付きだから後背位でしてもらえると入れやすいっていわれるけれども、でも、私は正常位じゃないと気持ちが入らなくて」といったような返答でした。ちょっと話がそれているような気がしたが、隣でのベッドで施術をしている時間帯じゃなかったから二人きりだったからそれほど気に留めることなく話を流した。

次に質問をさせてもらったのが「呼吸法は気をつけているところってあるんですか」と僕が聞いたときには、「すいません、ぼーっとしていて呼吸には気が回らなくて」という返答。で、僕が「呼吸はやっぱりヨガってるときって、やり方を知っていると得だから、やっぱり練習してみたほうがよくて、試しに意外ないつもの呼吸リズムじゃない感じでやると、違う種類のものになって、すごい感じを味わえるよ」というような助言をした。
お客さんは「どんな呼吸か教えてくださいませんか・・・」と、いうことで思いがけないような返答のツッコミを施術中にしてこられてうろたえたが、肛門部を意識してそこの部分から息が出入りする腰でする呼吸法を教えようとした。口からの呼吸をするよりも股関節の入りが深まることでアーサナがいい実践ができるようになって、気がしづまり瞑想上、深い無意識へと誘われることとなる。そういったところで「肛門部から口で息を吸う感覚でくうきがすっと入ってくる感触を感じ取ってください」というと、「先生、なんだかよくわからないんですけど、そういった繊細な感覚って練習が必要なのですか」と切り返されて。僕は「そうですね、練習は必要とされているようだけど、女性は膣で気を吸い込むという感触はつかみやすいもんだから膣から腹部の子宮あたりにある気のボールを膨らますために大地のエネルギーを、外性器に集め膣から子宮にまで取り込んでいくような気持ちでやってみてもらえればどうかな」というと、「先生!それ、できます!それって伝統的なやり方なんですか」「そうかもしれないけど、それって、あなたが大腰筋を使えるようにトレーニングしていたから、このやり方だったら感じが掴めると思ってて。わかってくれてよかった。息を切らして、胸をバクバクいわせられるときに、そのときに脳に血の流れが少なくなりすぎると瞑想状態は浅くなり劣悪化するものだから、これをするんです。」「そうでしたか。大腰筋を使えるようなやり方を練習していたから、今のこの下腹部の感覚が現れているということなんですね」

微妙なところで論点のずれがありそうだけれどもなんとなくよろこんでくれて、貢献感があったからよろこんでいたところ、お客さんからは「もっと呼吸の気持ちを深めるようにするための方法はないんですか?!」と、目をパッチリさせて質問を浴びせかけてきて、いつしかヨガのアーサナどころじゃない感じに話題が飛んでしまいました。
「師匠からの受け売りだが小周天という気功ではよくやられるトレーニングがあって、それができている人とそうではない人は状態の差は明らかになってしまう」というと、「小周天?」それを簡単に図示して説明したがわかりづらいようで、身体に触れさせてもらって意識を督脈や任脈にルートで指を当てて意識を持っていって輝いているようなイメージトレーニングをしてもらってその感じをつかんでいってもらえた。

だけれども、ほとんどイメージがわかなくてかえって落ち込ませてしまったようで、気の強い男性との性交中に小周天を二人でトレーニングをするといったやり方があって、それをしばらくやってみるとクリアに気持ちのいい感じがつかめるようになる。お手軽なやり方だけど、10年かからなければたどりつけないところに10回ほどで感じが掴めるからと、そこに頼ってみて実はそこにどのような力があるのかをさきどり体験をしようとする人がいる。それは男性だったら、気の強い女性とすれば同じようなこととなる。

さすがに性交などは施術中にできるようなものではなかったのですが、僕が軽い瞑想状態に自分を入れて小周天に気を巡らすと、そのまわりの気の密度や感じが変わってくる。おそらく子供の元気さに似た感じというかくったくのないライトなハイになる軽快な空気感がおとずれる。そんな雰囲気の変化には敏感に反応してくれたようで、



「小周天ってすごい!」

といってがぜん、興味をもってくれた。


その作業を何度も繰り返すんです。一昼夜の2日かかりの仕事ですから、想像してもらえばわかるけど男性の方が大変なことになります。彼にトライしてもらって頼んだんだろうけど期待に答えようとするのもどうなることだろう。

自分の内側の感覚の変化を形にして安定化させることができれば、人はしあわせを心の深くから感じ取るということができると思う。女性は性に興味や関心を持って自分の身を磨いてくれることで、それで男性もそのような女性に興味を持って受け入れようとする。

ヨガの話からヨガる体位へとんで、気のトレーニングといった指導になった。
肛門部から気を吸引するようなやり方は女性にとってはオーガズムを得るための序章のような習得必須科目だし、それを一人でやるよりも二人でしたほうが気のトレーニングの性質上よいかんじになるだろう。
[PR]
# by body_revolution | 2016-07-01 02:18 | Comments(0)

ぼくがいい仕事をしているなと思える整体のお店は、あんまり他院を良くも悪くもいえるほど知らないんで、的確なことはいえないんです。
僕やその流れを汲んでいるところ以外の、他の施術法は興味がないんで調べていても表面だけですから。
他院調査に時間を割くより、自分でやんなきゃならないことが多くて。
だからあまりぼくが他院を勧めるには適役だとは思えません

そこを最初に言っておきますね
^^


セックスが上手なカラダになるというのは、それはパートナーとの積極的な関り合いであったり寄り添ってくれることであったり。抑えきれないやりたい気持ちが走るかどうかだったりといった、気合が大切であろうかと感じています。

女性らしい丸みを帯びた体型は、それはそうなりやすいように変えやすいタイプと変えづらいタイプに別れるんです。それをするのが整体が適役かどうかは、微妙なところもあります。
かえってスリムが強調されてバレエダンサー的に落ち着こうとするようなぼくの師匠のところのような先生もいるし。この体は最高にセックスを楽しめる体に変わっていくことになるということ。
お腹の中の特別な筋肉の操作を訓練してくれるので、そこが鍛えられていない現代人は性感覚は表面的なところしか味わえていないだろうといわれているくらい。特別に訓練をしていって、骨盤の操作や大腰筋の使い方を知って身体操作の機能を向上させることが、巡り巡って性的機能を改善させていることになるんです。

その人の骨格や日常生活や体の使いグセなどから、ほぼ日々つくりあげていっている感じだから、施術でいっとき丸みを帯びさせたとしても、現状復帰されてしまうような押し戻されるような元通り現象もおきるんで、そこまで目を配れないと。
整体だけじゃ、多くの場合、戻るんで、そのことを最初に知ってから取り組むといいかも。たしかに何度も施術を受けていくと戻りづらくなるかもしれないですが、いずれそうなるとわかると思うんですが、整体はあなたの体にとってもっとも機能的に動ける体型に変わっていくというものですから、望んだ形に作り変えようというのは整体をしてから体がニュートラルポジションに至って、そこから次のステップで作り変えをしようという段で決まるものなんです。


考えていただければわかると思うんですが、性的快感を飛躍させるにも性的魅力で異性を惹きつけるにも、それは生命力の泉のようなものの源泉に自分の身も心もたどり着かせなければならないんです。

意外に思われるかもしれませんが身を整えることも大事だけど、心も包まれて安心できるようなところで施術経験を積んでいくことじゃないと、性的快感の度合いは「飛躍する」まではいかないようです。丁寧な仕事を自分の体にしてもらえているという体験を繰り返ししていくと、そのような安心感や自分の体に対しての尊厳性を高められて感度の調整を低くしてストレスを耐え忍んでいた状態から、快感の度合いをあげて感じ取りやすい無防備なまで相手を受け入れようとできる扉を開くような気持ちへも届くことがあります。
そんなときにタイムリーに数時間以内に(できれば異性に)性器に接触してもらえれば、そのときの感覚を味わえて残せやすくなるんです。施術後にパートナーと会えるような約束をしておくこともいいでしょう。


あとは丁寧な施術っていうのは、どういったことなのかといえば。

細かい細部まで自分の体に注意を向けられて丁寧に直されるとき、お客さんも自分で知らず知らずアプローチされている部分を観察することになるんで、いつもは気にもしていない自分のそこかしこの状態を脳が探ろうとし始めるんです。つまり、いつもの自分の生活では、その部分はぜんぜん無視していたというところに気づき、意識をそちらに向けて注意をはらう。そうやって気を送れるようになっていける部分が、体中にまんべんなく広がることが見えない内側でおこさせるようにするかどうか。



お客さんが受動的に整体を受けることだけで体が変わる可能な部分もあります。
施術院にすべておまかせモードのお客さんは改善が維持できない人がけっこういるんですが、それでもそこそこは改善はできるようだからというところで収めるか。

もっと自分の体を知って、それと仲良くなって会話成立できるようなまでにしたければ、それなりにいい仕事を丁寧なところまでしてくれるところであったほうがいいんじゃないでしょうか。
そう考えて探せば、軒並み町のクイックマッサージ店はパスされそうですが、身を整えるところはそこそこでも、意外に熱いハートを持った心を癒やしてくれる人もいたりするし。ぼくの知り合いの施術家さんは、わざと多くのお客さんを観察するために、クイックマッサージ店にアルバイトに行ってたりするんです。だから妙に熱っぽく語り出す先生がいたという印象があってためになることもあるから、バッサリ、クイックマッサージを除外すべしともいってしまうのは乱暴だと思うんでできないです。^^

とにかく、整体は別段、魔法無しで先生の力量。それ次第で結果がでるかどうかといったことなんです。
あと先生が複数いるところでは、下手な先生にあたるかうまい先生に当たるかでぜんぜん違った結果が出てしまって、それはひどい問題なんで、最低でもお金がちょっとかかっても指名制が効くところじゃないと論外だろうというところは、感想としてあります。

自分の体の状態が、どんな状態であるかを知らないと選びようがないんで、そういったところだけという単発での施術を多忙なところの先生に願い出るようにするのもいいでしょう。都合により、または紹介状を持っていてというようになれれば、みてもらえることもあるでしょう。少しでも自分の体の状態というものについて自らがわかってからあった整体院を選べるかどうか。そういった調査から始めるというのが、正攻法なんじゃないだろうか。


勝手なことをいわせていただけるならば、予防マインドが徹底して考えている先生がぼくはいい先生だと思う。最近は、虫歯にならない、虫歯にさせないという虫歯菌をなくすような歯科医が活躍されているようです。それと同じように先手を打って悪い状態へと暗転させない計算をして対処するゆとりをもつ対応に時間をさいていくには、時間や手間がかなりかかるのが常識であって。それへ自身の時間やら労力やらを投入できれば、今の自分がみたこともない体感覚の目覚めを得られるものですから。



と、、、だいたい、散文的なことをずらずらと書かせてもらったんですが、なんとなくひびくところがあれば。
要は、一度、自分の体を時間かけて体を調べてもらえて、理想体と離れた歪曲した体の部分やそこから生じる体の各部の機能低下した部分について詳細結果を解説してもらえるところで自分の体の状況を判断できるような材料を得てください。

あんまりそこまでしてくれるようなところがないんですが、逆側から考えてみてもらえればわかると思うのですが、それだけ他とは混じらずそこまでやるのかというところは浮き上がってみえてくるから探しやすくもあるのでしょう。


思うままの自分の体になれればいいですね。

それでは~
[PR]
# by body_revolution | 2016-01-22 13:14 | Comments(0)

性的な仙道のほん

『仙道房中術の悟り』『チベット密教の秘密と秘法』は、ぼくは買う気はおきなかったけど、この本は、最近の仙道の本の中でわりかしいいかも

 書店とかにあったらチェックしてみよう


仙道双修の秘法(太玄社)

内容紹介

『仙道房中術の悟り』『チベット密教の秘密と秘法』の著者、張明彦が放つ第三弾!

決定版! 男女双修術入門!

今に活かす古代中国の男女性愛長寿法。

生前の快楽と死後の平安という、人生最大の問題の答えがここにある。

----------------------------------------------------------------

精と気を交える、気と神を交える、気と気を交える、神と神を交える、
などといった具合に、三宝(精・気・神)を用いてエネルギーを変化させます。
これらは、「煉成化気」(精を煉って気と化す)、「煉気補気」(気を煉って気を
補う)、「煉気化神」(気を煉って神と化す)、「煉神還虚」(神を煉って虚を還す)
と呼ばれます。また気を煉ることを、「命功」といい、神を煉ることを「性功」
といいます。「性功」とは人間の悟性を修めるもので、「命功」とは身体の健康
と長寿を修めるのが目的です。この二つを修めることを主眼としたのが「性命双
修」(性と命の両方を修めること)です。そして「男女双修」の技法は、宗教にお
ける道徳心という問題から「性命双修」と強く結びつくことになるのです。
[PR]
# by body_revolution | 2016-01-22 10:58 | Comments(0)
またまたの自分ブログへの書き込み・・・

師匠、漢方にはまってるということで女性がいきやすくなるものってあるんですかと質問したら、女性ホルモンバランスを整えたり血行を改善させるようなものを、患者さんの脈をみてしらべて処方すればできるんじゃないのかなという返事だった

速攻がないといったものが漢方だと言われていたものだったが、ぜんぜんそんなもんじゃないらしい。その人にベストマッチさせた処方を作れる人間がその人だけのためにつくったものは驚くほどのパワーがあって、カウンセリングと性的なガイド役を受け付けながら女性がセクシーになる助けをしていければ、内臓からとか細胞一つ一つからといった部分にも画期的な書き換えだって起きてしまえるよう

けっかとして漢方を見立てられてしまうようなプロがいなきゃその人にベストマッチな漢方薬を処方出来はしないんで、敷居高い感じは否めないもののかなり斬新で、数ヶ月単位での内服が必要だとされるが数ヶ月後が着々と体の中身や性器の感じやすさも変えてしまえるような期待が高いようです



ぼくはそっちは、いま、越境の地にいるもんで手を出せそうもないんだが
どういったようなもんなんだろうかと興味あり
[PR]
# by body_revolution | 2016-01-20 17:30 | Comments(2)