性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

昔の施術で思い出すことなんだけど

数日前に、メールをいただきました。

内容の詳細は当然ながら大人のルールとして厳然たる守秘義務があるので伏せるのですが、
こんな月一度程度しか更新できてないようなブログにメールをくれるなんて、うれしいことですよ。
ありがとうございますと感謝の意を伝えたいと思います。



そのときに

> 管理人様は、どのように整体やセックスのことを勉強なされたのですか?
> もし、よろしければ、教えていただけると嬉しいです。

という質問がありました。

整体につきましては、
これを生業っていうことでがんばってるんで必死で貪欲に学んでます。
これはことこまかに書くと一般の方には伝わらないような専門的なもんになってしまいます。

もし施術の世界を垣間見たいっていう人がいたら専門的なことをちょっとは知りたいぞと思うかもしれません。
そのときはそんなリクエストがあればほとんど一般の人にはなにいってるかもよくわからんような専門用語が羅列するようなことを書いたりしたいと思うんですが。

結果的なことで言えばそんな複雑なことを知りたいってば申される人はめったにいないんだって思うんだけど。
でもでもやってみると奥が深いもんだから。
別に生業にしなくてもいいから、みんな実践で学んでみるといいんだろうと思います。



セックスについてはそのやはり性的感性を磨きたいということってあるよな。
性的な力はクリエイティブな創造性を強力にサポートしてくれるし、年齢がいっても若さをキープさせるための不老不死とまではいかなくともそれなりの不老を実現してくれるキーだから。
やはり下世話な話で申し訳ないけど、施術をしているときに女性のお客さんのとき、そんな意識をしているわけじゃないんだけど、あそこがぐじゅっぐじゅっって音をたてている人っているの。生理前とかのときだったりするんかもしれないけど、そのようなときにあそこのにおいもしてくるし、で、やはり仕事では恥骨や座骨や骨盤底部などの筋肉を調整しないといけないときもあるから、そこを触ることになるの。ただ相手の女性に対してボクのほうがちょっとそれはいやだなという雰囲気があるとそれとなく遠方からの圧をつかってね、触れないようにするんだけど、僕とおそらく相手も気をゆるしてくれているときはあそこをさわっているような施術をしたほうが骨盤の微調整もできるの。もちろんこれって男性にもすることなんだけど、実のところは男性にこれをするほうがびみょーにいけない世界を体験するかのようで、いやなんだよね。


で、ずぅーっと昔?にボクがまだこの整体を生業にしようかどうしようか考えあぐねているときがあったんだけど、そんなときに知り合いの女の子にモニターになってもらって?っていうと聞こえはいいけどご飯をおごってあげてモルモットになってもらって練習させてもらってたんですよ。
そしてある高円寺の飲み屋で知り合った20代半ばの女性がいてその人にも話を持ちかけたの。即行でOK。

そのときに不思議な体験をしたんですよ。


印象的なことだったからひょっとしたら以前もこの女性のことをここで書いてたかもしれないんだけど、それだったら重複でごめんなさいね。

井草の彼女の部屋にいき普通に施術をしていたんだけど。もちろん性感マッサージなんかじゃ断じてないまじめな施術をしていたんだけど、いきなり、その女の子がびくんびくと体をよじらせ出して、ちょうど赤ちゃんが腰を振って性器を布団に押し付けて遊ぶようなしぐさをしたかとおもえば。

そのまま失禁して果てられてしまった。

なにごとがおきたのかって心底心配したが、なんてことはない。

オーガズムを感じていてろれつがまわらないっていっていた。


実のところなんだけど、意外にもその女性がオーガズムを感じたのはそれが始めて。




はじめていかされたのが施術でかよーーーーーつと、顔を赤らめながらいっていた。
彼女には彼がいてセックスはNGだったんで、もちろんそれは相手の申すとおりにするべきだからね。べつに性器のところをしつこくさわっただけじゃないんで。たしか、背中と首周辺をある方法で調整していてたら突然におこったんで。


それまではその女の子は挿入されると張り裂けんほどの痛みで、いつも早く終えてとこころで叫びながらいったってフェイクしているんで、オーガズムを感じることは一度もなかったって言うわけ。
彼女はもともと人や妖気を持つなにかをもひきつける強い力をもっていて、オーガズムを感じるときには信じられんほどの映像をみていたらしい。あとでそれを酒を飲みつつ教えてくれたんだけど、それはそれは自分の意識が体から抜け出して宇宙に溶け込んでいってしまうっていうことだったらしい。
ボクにもそのようなビジョンが脳裏にフラッシュのようにうつってはきえてってしていたから、彼女の強烈なエネルギーがボクのほうにも影響を与えていたんだろう。
もしセックスして挿入した状態で両者のエネルギーを高速に交換してまわしていたらとかんがえると、どうなっていたんだろうって、ぞくぞくぅってする。



単純に、これがおきたのってふつーに施術をしているときの話。

だから実は相性があう人や気を送れる術者との施術には、もともとのところこんなことを引き起こすような要素っていうものがあるんだろうと思えた。
ボクもそのときの彼女の、、よだれをたらしてちょいと白目をむきつつうつろな感じでの15分間は、おぃおぃどうしちゃったのって思いつつもひょっとしてこれってオーガズムなの?まさかねー?ってな感じでどきどきした。

べつに性器を触らなくても女性はオーガズムを感じて性エネルギーを高めていけちゃうんじゃん、とまざまざ感じて神秘的に思えたよ。


それから許可を得て彼女の施術をするときには彼女に全裸になってもらった。そしてほんとにオーガズムを感じてるのかどうか、指を入れるだけならぜんぜんokといってくれたのでしらべたら。なかはまったくすごいことになってたんで。


不思議とこのような感じのことは施術院ではおきることはめったにない。
女性のひとりぐらしの自宅に招かれてしたり、ホテルでふたりだけの部屋でで施術をしたりというときに、このような性器をさわらなくても不思議な感じになる女性がほんとちらほらですがいることがわかった。
やっぱり施術院で施術されとるっていうと患者と先生という縛りがきつくていい患者であり続けようってするからか、それが誰も来ない閉鎖された空間であれば、やっぱりいきなり襲い掛かられてしまうのではという危険を冒しても自分の身をそこに置く事を選択したときに、大人の女性ならば許してくれているのかもしれない。だから施術院じゃそんなことめったになくて、ちょっと平和なもん。
性器周辺をさわっとってもボクも先生の縛りがあるんで脳が治療師のやくわりをきっちり演じているんで、必要以上まではさわらないし。触っていいよって許可してくれたら、どきどきしながらさわれるけど、そんな許可をくれることってめったにないーー;

とーぜんですけど。
[PR]
by body_revolution | 2009-11-28 23:42 | Comments(0)