性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

妊娠しやすい体かしにくい体か

セックスをして女性の中へ射精するとき。
結婚をしていて子どもを望むときには、妊娠を期待するでしょう。ですが妊娠を望まない時もあると思う。

「妊娠しやすい体の状態」であるか「妊娠しにくい状態」であるかが見分けがつけば、大変に便利なことだと思いませんか?
そんなことできるわけないじゃんといわれそうだけど、たとえば妊娠したくないがセックスはしたいとき。生理周期で危険日を避けてなかにということをするにしても、それもやはり絶対に妊娠しないかというとそうでもない。大丈夫だと思っていたのに妊娠してしまい、かえってそれが二人の仲を育てる途中だったのが、彼女が泣いてどうしてくれるのよと男をなじってしまうことがある。気が動転しているから冷静になれればよいのだが、そうもいかないこともあるし。


だけど僕は女性が妊娠しやすいかどうか、妊娠できない状態かどうかをチェックできる。
それだけでなくて妊娠しづらい女性を妊娠しやすくするよう子宮の血流を活性化させて着床しやすくさせたり、逆に着床しにくいようにしたりという調整方法があって。それは師匠に聞いた不妊症の女性が困っているときには、極秘に妊娠できるようにと施してあげるようにしなさいと教えてもらった。そのときちょろっと女性の体がここがこの状態だと子宮に血流が悪くなることで着床率が悪くなるから妊娠できなくなる。それにここをこのように叩打すれば一時的に妊娠しやすくなるように設定できるし、逆にここをこのようにずらせば一時的に妊娠はまずできなくなってしまうようにできると教えてくれた。そしてその調整を、その女性の体に必要な回数を繰り返せば、妊娠しやすくもなるし、妊娠しにくくもなる。ちょいとしたマジックのようなもので、これがまずミスがなくて。
不妊症の男性や女性が妊娠できたという成功例が飛躍して驚いたんですよね、これが。それをみて不妊になっている女性の体にはどのような感じのパターンが共通しているか気づいて、それが見えたら師匠がいっていた通りだったって気づいて、これまた驚いたんです。それでセックスの時に、一時的に妊娠しにくくすることで、女性も僕の腕を信頼してくれているようなときなんかは安心して中出しを要求してくれる。そうなると射精直前には抜いて外に出してというタイミングを狙い澄ますという緊張感がなくなってリラックスして自然なセックスに素直な楽しみを覚えられる。


男性器がプラスの極性をもっていて女性器がマイナスの極性を持っていて、そのプラスとマイナスはコンドームのラテックスがあれば遮られてしまうから。それでは性的な成長をセックスからえるようなことはできない。目には見えない赤白の電気的な気の情報のやりとりをオーガズムが感じられているときに起きていると思えばいい。コンドームがあると妊娠することはないだろうが、セックスの快楽ではなく人と人がエネルギー的に寄り添い、互いを認めてその存在に感謝するような、肉体の外のコザール体などの交わりが期待できなくなる。
一人で瞑想をするような修行もあるが、セックスをしてオーガズムを共有することは二人で築く修行でもあるから。それも一般の人が、巨大なエネルギーを、性エネルギーという爆発的なものを生かせれば、一人で瞑想する以上のことが、共有できる時間から得られることになるだろう。そんなときにコンドームの存在って、、、
絶対になくっちゃならないときもあるグッズだけど、生でということを不安なくできることがすばらしい気の高揚をあたえてくれるものだ。だから妊娠できるようにするかどうかという、施術の技術は半端無く役立つ。


なかなかこの方法は悪用もできるからネットで公開はできないんですが、よく勉強してる施術家の先生なんかで、ちょっとセックスの効用をプッシュしてるような感じの人なら知っている人もいるかもしれない。おそらくあまりそられていない技法だから、あんましいないとは思いますが。ただ不妊症の患者が妊娠しやすくなったということが得意な先生は、何らかの形で不妊症傾向の体とはどういったものであるかということをご存知だと思うから。それを応用すればいいっていうことです。
[PR]
Commented at 2011-06-28 17:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by body_revolution | 2011-01-18 00:04 | Comments(1)