性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

人生を楽しむ方法のひとつにセックスがあってもいいのだろう

太陽神経叢の中枢は、生殖器の中枢としても働く。
そこが胸椎12。

この部位をチェックする方法があって、問題がないか調べてみる。
そして問題があれば調整をしておけばいい。

頭の傾斜が左右どちらかにあれば、胸椎の12は矯正されるべき状態だ。

そのことを理解しておけば、生殖器の成長をうながし不感症や性交痛などからのトラブルを回避。
知らなければぜったい見当もつかないことだろうと思います。
ただ特に女性には性的に卵巣とのからみがあって重要でもある。


整体的に体を読んでいくと、奥が深いんです。


ここに問題あれば、交尾をするときに起きるような自然な性反射が起きることがないんで注意が必要だと思います。特に女性は26歳を超えると、性反射を自然に体から起きるのではなくて脳から動くだけという状況か、またはそのような反射自体が起きてくれないから振りをするということになりやすくなる。その際には、仙骨の特定部位を同時に調整をしていくっていうのは、以前このブログで書いたかもしれないですね。個人差はあるんだけど25歳以下だったら、性反射がビクンビクンと脈打つような、ものすごいものが体感したことが未だにない人でも、起きてしまうこともきっかけとしてあるんだけれども、26以降になって未だにそれを経験していないと、意図的にそうなるように引き出してあげるようなセックスをリードされないと、普通のセックスをしているだけでは、野性味ある性反射という最高に興奮した忘我するちょっとの死を味わえないことがほとんどのようだ。
26歳っていうのは、ホルモンに関係しているといわれるけれども、そればかりではなくて最近の女性は座業が多すぎて骨盤を歪めたり血行不良が極端だったりして、生殖器の冷えが酷いから。それが年々平均的に低年齢化していくように思えてならない。




だから、実のところ26歳以降の女性こそ施術者さんと付き合うのは非常に徳になることがある。まだオーガズムを膣の奥で感じて激しい性反射を体験したことのない人は施術をしている僕なんかと付き合うと、刺激的な経験をすることができることがあるので。お勧めです。施術をするうちに体の性に関係する部分の矯正が進んでいけば、したくなる気持ちにも火がつくかもしれない。そのときにセックスというお楽しみを素直に大胆に秘密裏に。



やっぱりこれからの世界的な天候の異常による食料不足や日本が発する経済恐慌など、の気持ち的にも慣れてはいけないような暗い陰を落とすようなことが、続いていくことだろう。そのような渦に巻き込まれてしまって、自分の人生の中の貴重な時間が混乱と苦しみで流れていって、気づいたら明るさを失っていたなんてことは良いことじゃない。


僕は、やっぱりそんなときに男女の体を合わせるだけでお楽しみの時間を、生きているっていう喜びを得られること、性的な快感の深く感じられるような健康な体をもってセックスパートナーと、淫らというよりも、解放的な気持よさを共有できることは価値があると思うんだよな。享楽的といわれるかもしれないですが、人が人を深く知り、話し合い、距離感を詰めるには、一度、セックスを通してということも、繋がりを大切にするようなきっかけにもなるんじゃなかろうか。もともとセックスに金銭を絡ませてという考えがなければ、純粋にこの女性と知り合う深さや側面で、セックスということもあっていい人じゃないかなと思えれば、それも選択肢の一つだと考えていいんだろう。そして男以上に、女性のほうがいざ、セックスしようと決めれば大胆なときがある。それに助けられています。
[PR]
by body_revolution | 2011-04-07 01:53 | Comments(0)