性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

二日月さんへのコメント

二日月さん

”突く”というよりも、
プラスとマイナスの極性をもつ磁石を2つ用意して、それをくっつけたり離したりするようなもののイメージ。


その磁石をプラスとマイナスで近づければ、それは勝手に引き付けあって密着しようとするでしょう。
それはプラス極だけではなくマイナス極も、両方が近づこうとしていくような動かされようになっているんです。

だから女性は性器の形が内性器で受け入れる側のようにみえるが、ソノ実は男性器を迎え入れるだけではなくて、自らが吸引して向かっていくようなもののようにも思える。

実際に性的な交わりによりクンダリーニの上昇を試みようとしているような性的なトレーニングをしっかり性技面でも積んでる女性は、そんじょそこいらの男性を軽々とリードしていくことでしょう。

つまるところ2つの性器は近づけ合う力が、磁石のように強力なものがあるかと思える。そうして2つの磁石がくっついたのを引き離すときのほうが、力がいるんですよね~。そのときの引き離すときの主導権を、男女どちらがとるかで、性的快感へとリードをとなるんでしょう。

だから女性がリード役になることだって、あり、なんです。僕の経験上でも、そう。



そのときの2つのものが離される時の切なさがあるんでしょう。やみくもに突きまくってというのじゃダメ。
切なさの心がそこに残ることの、、、舞台上で無常な悲しみをおびたシーンを演じてエクスタシーに達するバレエダンサーのような、それと同じ程のことを、感じられる。

もちろん吸い付く感じのところを引き離すようにしたほうが、性器的にも気持ちよさが強まるんですが、それだけじゃなくてというものが、セックスという二人の人間が行う交わりから感じられることもあるでしょう。


高尚な一期一会のであいではないでしょうけれど。
二人の関係上、何度もお会いすることもままならないときもあるでしょう。ときとして女性が真剣に、性的な体験を求めてということもあるし、逆にこちらがどうしてもこの方とというときもあるし。そして一度だけのということとなりそうなとき。そんなときには楽しいうきうきした気持ちもあるけれど、反面、あと数分しかこの時間と場所を共有できないというときだからこそ、心がそこに残り余韻が内側に響いていく。体験を通しての人との出会いだけど、それは楽しいばかりではなくて、無常なものをセックスをしながら感じてしまう時だってあるでしょ。
そのような付き合いを通して、僕は人間的に人とどうつきあえばいいかって頭ばかりで考え込んでいたのが、♡で感じられるようになれてきたと思う。互いに裸でいてそれを触りあえる時間は日常から離れた、世界でしょ。互いの欲望も、みえてくる愛情も。


こっから余談ですが
僕の場合、いきずりでいきなりガンガンというのは、妙にも慎重さがあるほうで、今までほとんど皆無。せめて、互いの身の上を話しあって、意気投合したり、メールで長い期間にわたって話しあってみたりした後で初めてあった夜だったり。ということで、少なからず自分のことも少しだけは知ってもらっておきたいし、相手の女性のことも知っておかないと、セックスをするときに入れないなぁ。。。
なので、メールで女性からいきなり、セックスしてくださいなという感じの文面があると、もったいなく思いつつも、スルーしてますから。そこは普通に話せてというプロセスって必要でしょ。だって、僕のことは少しだけブログで整体をする人っていうことなどご理解いただけているかもしれませんが、僕は、メールをくれたかたのことを全く知らないんですから。
[PR]
Commented by 二日月 at 2011-08-10 20:07 x
ありがとうございます。
真摯なお返事コメントを頂き、嬉しかったです。
魂を磨き合う夏の研究会、楽しみですね。
またそのお話も楽しみにしています。
Commented by body_revolution at 2011-08-11 04:32
二日月さんへ

僕も夏休み研修会、楽しみです。
具体的な内容は公衆のブログで書けるようなことはないのですが。
おそらくきわどすぎて。。^^
なにか印象に残ったことがあれば、報告させていただければと思ってます。
by body_revolution | 2011-08-09 02:49 | Comments(2)