性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

500万円以上のきわめて貴重な情報

整体なんてうさんくさいという固定観念は、あなたのなかにありませんか?

僕のなかにはそれは非常に強くあります。



自分が整体院にての仕事をしているのだけれども、あんましこの業界の人の友だちは造らないです。パーソナルな面で気が合えば普通の友達の延長線上としての友だちになって、それから施術の方法を教えあったりする講座を私設したりするんだけど。施術をする人の中にはかなりおかしな人も多いのが現状だっていうことも、嫌っていうほど見聞きしているんで。それに、僕自身がこの仕事を始める前のきっかけとなった体を悪くしたときに、世のマスコミに取り上げられている治療院なんかは、ほとんど全てといっていいくらいいったけどね。あんまし治らなくて、お金と時間のムダだったっていう印象しか残ってない。ほんと、施術の費用に500万円は使ったんだろうと思う。必死だったんで。でも、自信アリげに直せます治して見せますといっているけど、いつのまにやらのこと、大きな治療院で複数人の施術師が働いてるところなんかは、お弟子さんという感じの施術初心者が、それぞれてんでバラバラなことをして、誰も僕の体のことなんざ、考えてくれていると言うよりも、ただただ施術のお決まりパターンのことをひと通りやったらバイバイっていう感じだったんで。

それにこじんまりとして権威有りそうな施術院にも、口コミを頼りにしてでかけはしたが、結局ははかなくも悪くなった体の現状維持程度で、施術を受けた帰り道ではもう体のひどい痛みがでてしまったし、かえって体のバランスが崩されてしまったんだと今思えば怖いことをされたもんだということを思い出す。


だから僕がたまたま師匠のもとへと変な施術をしている奴がいるって聞いて、こいつもまたろくでもないんだろうと思っていたんだけれど、それがそうじゃなくて驚いた。結局、3年ほどあらゆる施術院をめぐってみたけど、まったくだめだったのが、半年くらい師匠のもとへ通っていたら、体質が変わってきたことを実感したし、気づけば腰部の椎間板のヘルニアがきれいになっていたし。師匠のもとに通えるようになるまでは、1年以上は待たされたんだけど、なんで待たせるかはわかった。施術を受けているお客さんが、やっぱ、体調をよくするために定期的に通ってるから。付き合いがとても長くて、互いのことをわかりつつ、ずっと施術の仕方が常に変わっていきバージョンアップしていく師匠のスタイルに、僕なんかは驚くし次には何を取り組んで施術技術にと落とし込んでくれてるんだろうって考えると楽しみで、やっぱ、月に一度は、どんなに僕の仕事のスケジュールが詰まってても、無理矢理にでもいけるように組換してしまう。

それに師匠と言っているのは、師匠の所で体を面倒見てもらって、そして僕が相当好奇心が強かったんで、いろんな体のことについて質問を繰り返ししていたら、そちらの業界に興味を持って、以前勤めてたところはすっぱりとやめてこちらに頭を突っ込んじゃったんで。ほんと、施術というものがいい加減にやってられるようなものじゃなくて、理系のごとく膨大な知識がもとにあって、それをえぐるような観察眼で患者さんの状態を把握して、それからここが最大の難敵なんだけど、信じられんような緻密な体さばきをしていくことで、きわめて目的通りの成果をたたきだせうるような、効果的な施術をしてる。結局は、施術をする前段階で、頭の中でどのような施術をするかという構成をもったときすでに、ほとんどの仕事の方向性が決まっている。だから、施術は最初のとっかかりは頭でやるもんだから、そこをおろそかにしないようにと口を酸っぱくしていわれる。意外に、他の流派の施術法なんかはぜんぜんそんなものは僕のより劣るといって見向きもしないようじゃ、井戸の中のカエルになるから注意せよっていわれる。



メル友さんに師匠のブログを教えて上げたら、興味持って通いだした。そしてすっげーいいよ、と喜んでた。


このメル友さんも、僕の数少ない施術師の友達なんで素人さんじゃない。だけどこの業界の人達って、けっこう腰を痛めてたりするんで。体に負担をかける姿勢で緊張しっぱなしの仕事だから、体にはそのときのつけが体の硬直化のような老化現象としてあらわれてきてしまう。疾患は、結果的には血行不良の部分が出てきてしまって体の部分的なかまたは全体的な組織の栄養不足や老廃物の排泄不可などによる老化によって、体が死後硬直のように硬直していく。自分の体が悪くなってしまって、施術師を廃業するものは、悲しいほど多いから。だからかなりどこそこのだれそれ先生はすごいとかど下手だとかの情報は、素人さん以上に関心があったりするんで。個人的には、師匠を探し当てるまでに僕は500万円かけたんだ。だから、500万円の情報量を払ってもらうほどの価値アリなんだぜ、っていってからかったりもするんだ。

おそらく師匠は、師匠自身が開発した施術技術を極めるためには家を一軒買えるくらいは、金や労力を使ってる。ほんと、研究がハードすぎて命を何度か失いかけたというのも、頷けるようなことをしてるんで。

そこまですると、人を治せるんだと思う。逆に、そこまでしないと直せないはずなのに、治せるって言いはるのは変だ。簡単な対処法ですと、その効果は持続しないし、口で体の使い方を説明したりペーパーで配っても、結局って言えば、そんなことを簡単にできちゃう人なんているわけない。そんなに簡単に体の使い方が変えられちゃうような柔軟至極な人は、そもそも慢性的な体の症状なんか貯めこむはずがない。どこまで手を抜かないで、お客が実質変わったかどうかの結果を透き通るような眼で評価し続けるかっていうことで。そこまでやっている人って、あんまり僕は知らない。施術って、急性のものか軽症ぐらいでしょ。速攻で治っちゃうのは。それが、僕の目の前で師匠が解くと信じられんほど、解けていく。それなのに患者さんは、自分が解かされているという感覚がちっぽけにしか感じられないほどのダメージしかあたえない。けっこう神業だ。



ただ師匠は、自分の腕をひけらかして治せるっていったたぐいのことを、ずけずけいって自慢するタイプじゃないんで、かな~り、師匠のブログでは奇跡的な成果っていうものが出ているのに控えめな書き方をするだけですましてるようだ。それって、素人さんが読んだら、すごいことかどうかわからないんで、そういった意味では読んでいる人にとっては、正確な情報を伝えられてはいない。


本当に患者を根本から根掘り葉掘りと深部から細部にわたって見通して治す技術や努力をするような先生っていうのは、真実として、あまりにも少ない。そんなような気がする。まぁね。それは相当に体が病んでいるようなかつての僕の体レベルのものを直せるような先生ということを指してるんだから、そこまではいかないよっていうような人は、別段のことそこそこの施術をするところでも十分に成果があるんだけれども。

でもねぇ。僕としては師匠の施術の精神を見習っていきたいと思ってるんで。師匠のハードなやり方を、1/10程度は不完全だけど真似て施術に取り入れてみたりしてる。なんで1/10かっていうと、その背景に用意されている思考過程の複雑なものは師匠の頭しかわからないんで。施術に取り組む自力がつかなきゃ、同じようなことを外見上したとしても、結果がぜんぜん乗らないから。1/10程度のことしかできないっていうしかない。毎月、師匠のところに行くと技が進化してレベルがあがっちゃっていて追いつきゃしない。そんな感じなんで。



師匠の前では、僕は師匠と呼ばせて欲しいというと、そんなかたぐるしくっていけないですから、やめてくださいよといわれるんで、僕が師匠って呼べるのはこのブログ、位なもんです。




それに女性を治すとき、いかせるとき、リラックスさせるときなどの気のエネルギーをどう使用すればいいかっていう秘密を教えてもらったのも師匠からで。以前は女性の生理的な感じさせるための方法なんかは、自分でも関心があって試行錯誤をしてたんですが、体について知識をいくつか知っていたに過ぎないことを知らされた。女性の体についての知識も大切な事だからと教えられたけれども、それだけでは足らないと言われて、気を学びなさいって。

これまたうさんくさいという感じでとらえてたんですが。気がわかって使えるようになると、オーガズムに導くためにも絶対にいるものだって体験的に理解できたし、そしてそれは女性側も気が遣えるように指導してあげないとだめで、セックスでオーガズムを得るのは共同作業だっていうこともわかって面白かった。師匠が提示した課題があったんだけど、女性に気を使ったセックスでオーガズムに達することができるように訓練しなさい、っていうこと。自分が納得できるところまで、とことん、それも複数の女性を対象にしなさいということだって。

それって、好色になれっていうことと大差ないことで。女性は好きだけど、課題を設けられるとは、思ってもみたことがなかった。未だに僕自身が納得できるようなセックスができてないんで、まだ未熟者だけれど、両手の指の人数を上回り出した時から、女性と気を合わせたり、なにをどうかんがえてくれていて、どうしてあげればいいのかっていうことが、以前にもまして直感でわかってしまうようになった。そうなってきたら、女性とのコミュニケーションをとるのが以前よりずっと楽になったし。不思議に、遠巻きにセックスをしたいという意志を伝えるときに、そう言おうと思う前に、OKがでて驚くようなこともでてきて、これは以心伝心なのかと驚いた。

そうなってきたら、セックスをすることで、それがそのまんま施術の手技をセックス中に入れてしまってという条件反射的な職業病なもので、セックス後には単純に施術を受ける以上のことが女性には感じられたり、というようなことがあったりもした。女性が、体が若返っていったような感じもあったが、それだけじゃないんで、気と体を同時に癒すようなセックスを定期的にしていくようにすると、精神的に落ち着くし、生きていての幸せ感が、なんら特別なイベントがあるわけでもないのにずっと強く感じられるようになってきて嬉しいって言われるようになった。精神的な問題でうつ病となり体も心もボロボロ状態になった女性でさえも、何事にもまして幸福感が感じられて心が安定してきたんで、心療内科卒業できたっていうひともいたし。


ある意味合いでは、こんな女性とセックスをということは道徳的にどうなのよと、女性に嫌がられそうですが、施術っていうものは道徳的なものというよりも野生の本能に根ざしたようなものだと思う。いくら道徳的なものを追求しても、大地からの力強い生命は伝えられず、女性が行為中にあげてしまう本能的な野生の声をあげられたほうが体を復活させて癒すという野生の力を蘇らせてくれるんだろう。野生を失ったときに、人は感覚器官が退化してしまう。それは性感を得るための仕組みそのものも失ってしまったことと同じ事を意味してしまう。

道徳的なものの考え方を捨てないと、足かせを外せないんで、意識が変えられない。意識が変えられるというのは気が変わるってこと。道徳って欲望を抑圧させる道具のようなもので、その欲望には性欲も入ってるでしょうが、かえって性欲を抑えすぎて、他人が楽しくセックスを堪能しているのが羨ましくなったり妬ましくなったりして、つまらないことになったりする。もしちょっとでも快楽をえて幸せそうにしている人を見かけて嫉妬心や寂しさを感じたら、道徳的にはいかがなものかといわれでも、やっちゃったほうがいい。道徳を説くよりも、野生的な強い生き方を。実のところ、このような強い欲望を叶えて満足するような野太い野性味があってこそ、治療効果があがるんだと思う。たとえばなんだけれども、よくラポールがとれた女性の患者さんの唇や肛門付近や外性器などの粘膜部分を施術中に刺激をすると、たったそれだけで女性ホルモンのバランスが飛躍的に改善してくれる。ホルモンバランス異常の女性が増えてるんで、刺激の仕方の詳細につきましてはここでは割愛するけど、女性らしい大変に魅力的な体型になっていく女性が多いんです。生理などのPMSなども軽減するようです。




なんか、気づいたらえらいとめどもない文章が大量になったなぁ^^
失礼しました。
今日はこの辺で。
[PR]
Commented at 2011-10-18 00:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なみ at 2011-10-18 17:48 x
はじめまして。質問させてください。
昔、階段で足を滑らせて2,3段滑り落ちたと思います。
そのときお尻を強く打ち、1週間ほどは痛かったと思います。
ですが仕事が忙しく病院も行けないまま、そのままになってしまいました。
その後数年して気がついたのですが、なんとなく尾骨の位置がおかしい気がするのです。
もともと性的に中でいったことがないのですが、それってお尻を打ったことも多少影響するのでしょうか?
もう40歳ですし、このまま中でいくという感覚を体験することなく終わるのかなぁ…と思っていたのですが。
どうなのでしょう?
Commented at 2011-10-22 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by body_revolution at 2011-10-28 02:05
Tさんへ

わざわざコメントを書いてくれてありがとう。
うれしいよ。

コメントの返事が長くなったんで、本分へ。
Commented by body_revolution at 2011-10-28 02:18
アカネさん

こんにちは。メール、僕の方から送れなくなってしまってごめんなさい。
なにか失礼なことなんて、アカネさんから言われた記憶は一切無いです。^^:

インフォシークメールがなにやら、便利になるそうだが、かえって僕には自分がそのメールアドレスを登録していた時の暗証番号がどっかいっちゃってかして、自分のメールを見るためのハックをしなきゃいけない、情けないことになって。

挫けてます。(泣)

なのでメールの返事を、アカネさんにも、そしてそのほかの方々にもひょっとして出していただいているのに、僕が見ることができないでお返事できなくて迷惑や失礼なことをしているかもしれない。


ものすごくごめんなさい!!


どうにかインフォシークメールが見れるようになったら、メールしますね。アカネさん。
by body_revolution | 2011-10-17 05:27 | Comments(5)