性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

腰の痛みが消えるようなピストン運動をするための、ヒントになるかなぁ・・・

腰の使い方について、ちょっとだけ腰痛とのリンクがあって大変なんだぜ、と昨日かきました。

すると、やはり、やはり。


僕も、私もと、男性から、それに女性からもメッセージがちらほら。

やっぱりね~。

残念だけど、これって施術で腰部を柔らかくしてもダメなんです。その理由は、筋肉の使い方を、根本的に間違えちゃっているから。


施術をしている人たちのなかには、ボディワーク系のセッションをしているような人もいるかも知れない。すると、大腰筋と腸骨筋の骨盤を前後に動かすための拮抗した筋肉をイメージするかもしれない。
これをつかうときって、後背位だったら問題ないんです。細かい点を丸めてしまって考えれば、そのまま正解に近いんじゃないかと思う。もち、なかなか大腰筋と腸骨筋の筋肉の作動をどうやって表現していければよいか自体が、イメージしてなければこれも、つっとつらい。

そこの筋肉を使うよりも先に、大腿直筋のような太ももの前側にある骨盤を前傾させる筋肉を使って腰を前後にピストン運動をさせようとする。そうなると、腰痛になるっていう訳であって、そしてほとんどの6割以上の男女はここを使って出し入れしちゃおうとするんじゃなかろうか。若い時は筋肉の余裕があるんで、その柔軟性をもってカバーできるんだろうけど、それがね、30代後半を過ぎると、体内のコラーゲン生成率が落ち方がひどくなっていって、筋肉の柔軟性に支障が出てきてしまう。

こうなってしまうと、腰痛覚悟の特攻セックスになる。
それが男女ともにそうなっちゃうというのは笑えないけど、互いに互いの辛さがわかるんで、悪くないかもしれない。共感するには。


じゃぁどうすればいいの?っておもっちゃったりするでしょう。まぁ・・・、僕も、師匠にセックスをしているときの動きと姿勢を注意されて、ヒントを出されてわかった口だから、そんな、偉そうなことはいえないんです。たとえばですけど、正常位でいれているときに腰を使おうというならば腰方形筋という筋肉を意識しとくといいと思います。どういったことかっていうと、腰方形筋ってなーに?ってなりそうで、そこから説明を文章でして行っても、結局は動き方にまで、その情報っていうものを落とし込めるのは、玄人さんでも、ほとんどいいがわからずだというものだから。実際に、セックスしているところをみて指導して、手取り足取りで、ここをこうしてとか、ああやってとか、小一時間かけていかなきゃ。それもやっぱり、実際にセックスしている状態での指導じゃないと、わかりづらくっていけない。
かえって、女性器の穴を自分の手でホールを作って、シコシコしているのって、異常じゃない?
セックスっていう、全身を使った運動をしようっていうのに、体の性器の局部だけをクローズアップしても、意味ないじゃないですか!
局部以外のところの動きがあって、それが局部の動きに反映されるっていうのが自然でしょ。


僕は、そう思うんです。だから、そんな感じの全身運動を手取り足取りを文章化するって、絶対にほん一冊かけちゃうくらいの、解説が必要になるから、それは勘弁して欲しいんです。


結果的に、文章を読んだりビデオを見たりしてわかったつもりになれたとしても、できなきゃ意味が無いものなんです。できなきゃ気持ちよく慣れないし、腰痛だって解消しないし。



僕が、このピストン運動をするときの腰を動かす方法を練りに練りしていったら、いつもは数時間のセックスで、翌日はひどい腰痛があったりすることも起こったが、女性のクッション性のある体の上で気持ちよさを感じつつ、この運動をするようになったら、うそのように翌日の腰がラクラクになっていた。

まぁね、だからといって過剰にやり過ぎちゃ元も子もないんだけど、腰の痛みが消えただけで、バラ色の性生活。そんなことが、にんまりとしていえるようなきがしちゃってます。



あとはお付き合いさせていただいているセックスパートナーの女性には、女性が上になってしているときに、どうやるといいのかって、知りたいかって聞いてみて、おしえておしえてってなれば、教えるの。手取り足取りで。
そうすると、僕がはてさせられて、白旗をあげそうにならされる危険と言うか楽しさと言うか、そういったことが起きてきて、良い感じになるんです。




もしかしたらということですが、体を技巧的に動かす技術を研究してるようなボディワークをしている先生方のほうが、これについてはイメージを腑に落とせやすいんじゃないかと思う。整体の先生でも、あまりここについての言及をしている本をみたことがないんで。。。かえって、身体操作を研究している人のほうが知っているんだろうと思う。関心がある人は、そんな気持ちで探してみるといいことが体に起きちゃうかもしれませんよ!
[PR]
Commented at 2012-02-03 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by body_revolution at 2012-02-04 08:06
二日月様

コメントありがとう!

個人的なイメージとしては乗馬でした。っていうのは鋭いですね~。
そうなんです。乗馬しているイメージで恥骨部を左右に開いてっていう意識も、これがまた必須で、内転筋の左右も使って、腹直筋を力ませないで、呼吸を楽々できるようにしておいてするから、持久力や持続力もでる。体の幹が、適度に伸長して保持していること。たいていはここを間違えて、腹直筋を縮める。それでは、呼吸を深められない。

呼吸が深められないと、オンナの人は、オーガズムを、感じるすごい手前で、呼吸困難状態できついですね。いくときのオンナの呼吸と、呼吸困難で必死にたえるのは、僕には見分けが着くけど、一般的にはいきそうなのかと勘違いして、もっとつきたてられて女性はセックスすることが怖くなる、ということも聞きますよ。そうなると、腰痛騒ぎを超えちゃう。

っていうようなことって、やっぱり手取り足取りじゃないと、かなり意味不明でしょう?
Commented by body_revolution at 2012-02-04 08:21
補足:オンナの人のなかには、呼吸困難状態で苦しい状態を、いく状態と、自分の快感状態を、勘違いしてしまっている人もいます。

絶頂期手前からの火の呼吸のような円環呼吸は正常なことだ。でも、最近の人は、元から呼吸が浅く、あさすぎて、そのずいぶんとて前で呼吸は嫌な感じで乱れていく。そのことをわかれば、セックス前に呼吸法の実地指導もするってわかるよね。ただし、元から肋骨が前後で狭ければ、呼吸法の指導を受けても、カバーしきれないのです。そうすると、整体等で少しずつ胸郭の形状を、もっと理想系にちかづけないと、ずっといけないようになる。そして、この姿勢は呼吸も苦しいが免疫力が非常に弱いので、気をつけないと行けません。
Commented by 二日月 at 2012-02-05 20:36 x
「体の幹が、適度に伸長して保持していること」
そう!そういう感じです。
上手く自分で言葉に出来ないことを言葉にして頂き、ありがとうございます。
言葉にして頂けると、感覚を自覚できるようになるので理解が深まって楽しいですね。

そして胸郭の自由は大事だなぁと思いました。
自分も相手も身体を自由に踊らせてあげたいなとも。
Commented by makko-yy at 2012-02-09 11:42
はじめまして。

もうすぐ出産予定です(2回目)。
前回同様、完全母乳でいきたいのですが、前回はDカップだったのに、気が付いたらAカップ?と言うくらいにしぼんでしまって…ショックでした。体重も産前より減ったから、仕方なかったとはいえ。
(授乳中は「触ったら出ちゃいそう」と夫も怖がっていて…そんなうちに自慢だった胸がそんなことになり。夫とのセックスも産後年単位でご無沙汰していました)

卒乳後3回目のセックスでまさかの妊娠。
今度はFカップまで胸は大きく膨らんできました。
産後のセックスのことも考えて、なるべくこのバストを維持したいのですが、どうすればよいかご助言いただけますか?
一般に一ヶ月検診でOKが出たらセックス再開してよいようですが、そのときからしたほうがいいのでしょうか?

ご助言お待ちしてます。
Commented by body_revolution at 2012-02-09 16:55
makko-yy様

はじめまして!

バストアップしたままキープしてくれるように、、、
う~ん、妊娠しているときの、女性の特有の性腺ホルモンの作用で、これが、今だけ多量排出してるから、バストアップしてる、期間限定だから。
時期が来たら、お子さんに栄養素を配った分もあって、細りやすくなったりしやすいです。また、乳房が一時的に大きく張ることで、乳の皮膚が継続して伸びた感じが残る女性もいるよね。

妊娠授乳中のバストアップ状態は保持していくのは難しすぎるけど、産後に、バストアップの施術を機会を見つけて受けてみたら?

例えば、僕は均整術のバストアップ操法などをやってみたりするし。
おそらくバストの縮みだす前に調整をしてみてもいいんじゃないかな~。ネットで、そのやり方がどこかで紹介されてるといいんだけれど。探してみてね。
by body_revolution | 2012-02-03 17:05 | Comments(6)