カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

腰の痛みが消えるようなピストン運動をするための、ヒントになるかなぁ・・・

腰の使い方について、ちょっとだけ腰痛とのリンクがあって大変なんだぜ、と昨日かきました。

すると、やはり、やはり。


僕も、私もと、男性から、それに女性からもメッセージがちらほら。

やっぱりね~。

残念だけど、これって施術で腰部を柔らかくしてもダメなんです。その理由は、筋肉の使い方を、根本的に間違えちゃっているから。


施術をしている人たちのなかには、ボディワーク系のセッションをしているような人もいるかも知れない。すると、大腰筋と腸骨筋の骨盤を前後に動かすための拮抗した筋肉をイメージするかもしれない。
これをつかうときって、後背位だったら問題ないんです。細かい点を丸めてしまって考えれば、そのまま正解に近いんじゃないかと思う。もち、なかなか大腰筋と腸骨筋の筋肉の作動をどうやって表現していければよいか自体が、イメージしてなければこれも、つっとつらい。

そこの筋肉を使うよりも先に、大腿直筋のような太ももの前側にある骨盤を前傾させる筋肉を使って腰を前後にピストン運動をさせようとする。そうなると、腰痛になるっていう訳であって、そしてほとんどの6割以上の男女はここを使って出し入れしちゃおうとするんじゃなかろうか。若い時は筋肉の余裕があるんで、その柔軟性をもってカバーできるんだろうけど、それがね、30代後半を過ぎると、体内のコラーゲン生成率が落ち方がひどくなっていって、筋肉の柔軟性に支障が出てきてしまう。

こうなってしまうと、腰痛覚悟の特攻セックスになる。
それが男女ともにそうなっちゃうというのは笑えないけど、互いに互いの辛さがわかるんで、悪くないかもしれない。共感するには。


じゃぁどうすればいいの?っておもっちゃったりするでしょう。まぁ・・・、僕も、師匠にセックスをしているときの動きと姿勢を注意されて、ヒントを出されてわかった口だから、そんな、偉そうなことはいえないんです。たとえばですけど、正常位でいれているときに腰を使おうというならば腰方形筋という筋肉を意識しとくといいと思います。どういったことかっていうと、腰方形筋ってなーに?ってなりそうで、そこから説明を文章でして行っても、結局は動き方にまで、その情報っていうものを落とし込めるのは、玄人さんでも、ほとんどいいがわからずだというものだから。実際に、セックスしているところをみて指導して、手取り足取りで、ここをこうしてとか、ああやってとか、小一時間かけていかなきゃ。それもやっぱり、実際にセックスしている状態での指導じゃないと、わかりづらくっていけない。
かえって、女性器の穴を自分の手でホールを作って、シコシコしているのって、異常じゃない?
セックスっていう、全身を使った運動をしようっていうのに、体の性器の局部だけをクローズアップしても、意味ないじゃないですか!
局部以外のところの動きがあって、それが局部の動きに反映されるっていうのが自然でしょ。


僕は、そう思うんです。だから、そんな感じの全身運動を手取り足取りを文章化するって、絶対にほん一冊かけちゃうくらいの、解説が必要になるから、それは勘弁して欲しいんです。


結果的に、文章を読んだりビデオを見たりしてわかったつもりになれたとしても、できなきゃ意味が無いものなんです。できなきゃ気持ちよく慣れないし、腰痛だって解消しないし。



僕が、このピストン運動をするときの腰を動かす方法を練りに練りしていったら、いつもは数時間のセックスで、翌日はひどい腰痛があったりすることも起こったが、女性のクッション性のある体の上で気持ちよさを感じつつ、この運動をするようになったら、うそのように翌日の腰がラクラクになっていた。

まぁね、だからといって過剰にやり過ぎちゃ元も子もないんだけど、腰の痛みが消えただけで、バラ色の性生活。そんなことが、にんまりとしていえるようなきがしちゃってます。



あとはお付き合いさせていただいているセックスパートナーの女性には、女性が上になってしているときに、どうやるといいのかって、知りたいかって聞いてみて、おしえておしえてってなれば、教えるの。手取り足取りで。
そうすると、僕がはてさせられて、白旗をあげそうにならされる危険と言うか楽しさと言うか、そういったことが起きてきて、良い感じになるんです。




もしかしたらということですが、体を技巧的に動かす技術を研究してるようなボディワークをしている先生方のほうが、これについてはイメージを腑に落とせやすいんじゃないかと思う。整体の先生でも、あまりここについての言及をしている本をみたことがないんで。。。かえって、身体操作を研究している人のほうが知っているんだろうと思う。関心がある人は、そんな気持ちで探してみるといいことが体に起きちゃうかもしれませんよ!
by body_revolution | 2012-02-03 17:05