性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

昨夜、飲み屋で話してたこと

施術をするもののなかであっても、性的な部分の取り扱いを苦手にするものもいるもの。


同性愛や幼女愛やらそれぞれ嗜好は多岐にわたるものだろうから、性的にノーマルだと生理的に引いてしまってといったようなこともないわけではない。そういったところの気持は、環境免疫があるかどうかだから、慣れればさほど毛嫌いするような必要もなくて、案外と普通の人でさほど代わり映えないといったことだとわかるだろう。


昨今の女性の体を思わないようなひどい分野のビデオなどがあるそうだしネットではそういったたぐいのものも普通に見れてしまうから恐ろしいことだと思いませんか。そのようなビデオは女性が見ればいたたまれないような内容でしかなく女性視線がない。男女が交わっていても共に生きている実感が持てないだろうことになるはずだから論外ですから。

けっこう真面目そうな顔の人ほどむっつりスケベな人がいる。けっこうきわどい激しいビデオ映像物、そういった感じの刺激で、性欲が満たされている。おそらくはそういったたぐいのビデオを制作する会社でも強くしていかないと見てもらえなくなるからエスカレートする。そして意外なほど草食系男子で植物系な生活をしていそうだけれども、そういった映像の悪影響で、どうやってセックスをしていいのかがわからないままでいままできたからと、それを別に後悔もすることなどなくきていると。数日前、今、僕が来ている場所の飲み屋さんでたまたま意気投合した人たちと整体屋さんしか知らない極秘刺激ポイントとかエロい話をネタにして話していたら、そういったように40代の男性に相談もされた。一人で自慰をして出すのが好きで、脳内での性的想像力が先行してかなりわいてくるようになると、そんなイメージを思うだけで射精しているから、相手の女性がいると煩わしいとしか思えない。いつの間にか女性のお肉への肉欲なんかといったものよりも皮膚感覚がないでも満たされる性欲といった進化をしてきたのだろう。無理やり女の体はいいからとお勧めしても迷惑がられるだけであろうから、あまり深く突っ込むような真似はしなかったが割り切れないところが感じられた。




異性の体に対していだくような性欲は恥ずかしいものだろうか?はしたないものだろうか?

嫌な表現だといわれそうであるが自分の女性の体への肉欲でじゅる、、、となっているところを女性に悟られるのが恥ずかしかった思いが後々まで尾を引いているそうだった。


生理的欲求なんだから、神様がつくった純粋な仕組みだと考えていけば、僕は個人的にな立場では食欲や睡眠欲と同じといったものだと思うが、、


僕の仕事ではそれ以前に不妊に困っている男性や女性がお客さんにきたり、女性には婦人科系の疾患にやはり悩みが深いといったお客さんも今は年々倍倍で大きくなり深刻になっている。
生きづらくなってしまった心の安住を感じられず生活にストレスがかかることで生理的欲求を満たしたときの感動の度合いも変わってきてしまうようだろう。
ひとまずのところは自分の生死にかかわるような食欲や睡眠欲はかろうじて積極的な形ででてきたりする。これらの欲求が消えれば死んじゃうから。だけれども行為をしなくても死にはしないのが性欲だから、そちらの方面には余裕がなければ捨て置くようにするか、かえってパートナーがいてそっちが元気過ぎたら重荷にしか感じられなくなる。それでセックスレスがはじまりだして、いざセックスしたくても相手に恥ずかしくなって言い出せないってなことが起きていく。
性欲という生理的欲求は、だから食欲や睡眠欲以上に、その欲求を満たしているかどうかは高次に生きる感情を満たせてるかどうかといったことになっている。そういえば、快眠とか、快食とかといった言葉、快感の快っていう字が他の生理的欲求条項にはつくから快セックス的な呼び名でそれを自分の身に生活に与えていかなければ食も睡眠も健康な状態ではいられはしないのではないかと思うような次第であるのだが。


それだから食事の作法、睡眠時の作法(??枕をこのくらいの高さでとか寝間着はゴムはないやつとかかなぁぁ?)といった作法と同じようにセックスの作法も古式ゆかりの伝統なしかたを実践していくような感じで相手と語れたらいいだろうかと思う。貝原益軒の養生訓などでも性について書き記された多くが今も役立つことが多いものだから、作法といった機能美や合理性を追求した最良のものをしって実践していければ、意外と性欲もそこまでやれば羞恥心だったりとか消えるものなのだろう。そこまで引き上げるにはどうすればいいのかは、口で言ってどうなることでもないが、案外と年季の入った施術といった人の体を作用させていくような仕事をする僕は、そういった見方で考えればセックスにもこういった作法があるはずだから試したくてうずうずするといったことがある。
そうやって人間ていう動物は、いつも興味のある何かを貪欲に学んでいって自分を成長させることに満足感を得たいものなのだろうと思う。それが若いっていうことだろうか。セックスとは基本になる部分は男性が学んでいかねばリードできない作法だろう。
[PR]
by body_revolution | 2014-02-20 16:07 | Comments(0)