カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オリジナル波動入りコンドーム

以前、波動入りコンドームという変わり種コンドームが売られていたそうだが、僕は使ってみたことはなかった。アイデアはいいと思ったから、類似したものを自作できるようにしてみることにした。基本はすべて整体の師匠が考え設計図を書いてくれたものだったから、偉そうなことはいえない。

挿入までいくようなときには性感染症の心配をしてもらわなくてもいいようにコンドーム使用にしている。ですけれどもラテックス素材は通電を拒み気を通さないから、尖端の尖ったところから気は発せられるのだが、それはすべてラテックスで食い止められてしまって女性の内蔵部分にまではひとつたりとも届きません。そうすると物理的に圧迫をしているだけの膣に挿入する形のヴァイブレーターを入れているときと代わり映えがしてこないものとなってしまう。考えてみてもらえばわかるだろうが子宮口部分が一番の男性の気を吸収できる力があるのだからそちらへと気を流せない限りは、女性の体の中に気を送り、それが女性の体のなかを循環していくことがない。房中術では女性が深いオーガズムの状態にまで気が通り循環がしていったときのおこぼれが男性に差し向けられるという。そういったような仕組で性交の気の循環の意味があるのだから、ラテックスではそれが遮断されているから、それで女性が気を循環して上り詰めるオーガズムにまでいかないというのは仕組としては致し方のないところです。



そうであるというなら少しであったとしても気を最初から発せられるようなコンドームがあれば、僕の気は遮断はされているが、都合、少しは感じ取れるような反応がでてきてくれる。これなんかもことをよくするための工夫のひとつで、他にもそういった施術でどうすればより効果があがっていくものだろうかと試行錯誤をしたので、そういったところの累積があるから他の通常でのセックスをするだけといったものとは違いが出てくるのです。だけれども、波動入りコンドームなんて効果があるんかいなといった疑問は、お客さん以上に僕のほうが持っていた。一種の気休めのようなものじゃなかろうかといったものだ。僕の財布の中にそのような処理済みのコンドームが2個ほど入っていたものを、知人女性が酒の席で見つけて無理やり強奪した事件があった。

酒の席でそんな波動入りコンドームがとかいうというのも一般の女性も同席していたから訴えるようなこともできずうろたえるだけでしたが、そこからの後日談がありました。
この女の子は信じられないくらいきれいなダンサーでならしているが、性的なギャップが激しいというか。普通にエロい話の体験談を僕に聞かせてくるほどだから、波動入りコンドームを持ってかれていったとしても微妙気味な話にまではならないだろうと思ってはいたのだが。
どうやってそれを使ったかを聞かせてくれた。アナルで自慰をしようと思いつきアナル用シリコンバイブにそのコンドームを使ってみたそうです。別に、普通のコンドームを使っている気分であったから何も構えるようなこともなく。ただ体感してみたところが、いつもならばアナルに自分でぐいぐい、ぐいぐいといれられるときにも異物を無理やり突っ込まれるときに感じる嫌な感じの痛みがあってそれが不快感でもあるのだけれど性的な刺激のように電流が流れる感じがして癖になっているそうですが。
それが僕が持っていたコンドーム使用で挿入してみたら、異物感がなくてするするするするとにゅっと早い、早い異物感もなく入ってきて一体化してしまい別の穴にいれてしまったのかと思ったほどだったそうです。アナルにいれて背筋が緊張して体が拘束された麻痺した感じになることに浸っているための自慰が、なじみ方がよくていつもの感触にはなくて。そういったことに気づける女性の感受性も大したものです。そして付き合っている人とのセックスのときにもう一個のコンドームを使ったら、盛り上がっていく自分の感じが違っていたから、本人的にもなにか僕が仕込んでいるんじゃなかろうかということを確信をえたよう。ちなみに、このような波動を送り出すようなコンドームを使用していったときは女性には気が送られる。子宮内は気を吸い取るための吸引性が強い気質があるから送られた気を吸収して取り込むことになる。だけれども、もともと男性器には気を送り出すための機能しかないからこれをつけてしてみたとしても、いつもとまったく快感の度合いといったもはは変わりません。女性にやさしいものだと考えてみてください。
ただこればかりは使用しても体感の個人差が大きいので、試してもらえなければ役に立つかどうかはわかりませんけれども、使用する女性たちからの感想からでは気を取り込み下半身から冷えが消えていくといった感覚にはなりやすいようです。
こういった密かな苦心が募り募っての整体のセックスプレゼンとしてプロの納得してもらえるようなプレゼンができるのです。そう考えてもらえると、喜ばしいです。


以前に発売されれていた波動入りコンドームを使ってみたことがないが、いつのまにか販売がされてないようになったところをみると、そういったものであったのだろうか。ただ高すぎたから需要が掘り起こせなかったのかもしれないが。一体どういったことだったのだろう。僕も高いから買う気にならなかった一人だったから今更何をいうといったことだが。

あやしすぎなオカルトチックなグッズとされたら、おっかなびっくりな使われようでしょうし、一度使ってみてさほどでなければリピーターが付かないし口コミもあまりないとなれば、企画までは通って製品化したが止まりになるしかなかったのかもしれない。


生でしても射精をコントロールでききれば、気の伝わりがラテックスがないほうが伝わるからそのほうが自然でいいが。そういったこともいかなさそうなときには、こういったものの利用も女性の感受性も手伝って悪くない。ただ、多分に取り扱い注意なところがあるから興味があって自作しようという人は、付け焼刃的にやっつけで作るのは、巡り巡って結果的に男性側の腎の気が痛み辛い腰痛の元に陥ることもあるからあまりお勧めはできないです。男性にとって見返りが薄く苦行になっていく話です。

だからもし以前に発売されていた相模なんとかというところの波動入りコンドームが再販されたなら、騙されたと思って試してみるといいのではなかろうか。ただ僕はそれを使ってみたことがないんで、自己責任で試してみてください。
[PR]
Commented by body_revolution at 2014-04-27 19:15
自己コメントだが、最近は男女共にラテックスアレルギーに悩む人もいるし、
風俗で働かれている女性もラテックスがあてがわれすぎて過敏になり、
気づかないうちに自分でも気づかないうちに感度が鈍化していく人がいる。
そうなると不思議なところであるが、生でやってみたとしてもラテックスアレルギーのような状態が発症するようなことに陥る人もでてきてしまう。

それがたまたまなのかもしれないが、風俗で働いている女性が波動入りの僕自作のコンドームを使うと、感度が一時的に元通りになっていきました。おそらく継続して利用していければラテックスアレルギーの状態が減感作療法のように改善してくるかもしれない。

これは本当に一部の人にとってのことだけれども、朗報かもしれません
by body_revolution | 2014-04-26 02:50 | Comments(1)