性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

SP希望

またまた久しぶりです。

私用のパソコンが壊れっぱなしで、スマホでは長文を書くのは難しく、ブログを書く時間がなかったんです。
どうにかパソコンを買ってきて新しい環境が整えられてきたんで、またブログを少しだけ書いてみたくなりました。

僕へ直メールでお便りをくれる女性の過半数が、僕の施術院がどこにあるのかの問い合わせです。
決まってその回答は<教えられない>とお断りするんです。だって互いに顔が見えないところでのやり取りであるから言いたいことも言えて、書きたいことも書ける。それにこのブログ経由でお客さんを募集して経営を潤したいという下心はないので。
ただかなり真剣な感じの体の状態の問い合わせだったりするとそれが縁で僕の知人の施術院を教えてあげられたりしたこともあるし、
僕のわかっているところの範囲内で質問に対して丁寧に返信をしています。

そしてその他のメールでの相談内容に多いものは端的に言えば「性的な快感を感じてみたくて、相談していいですか?」という内容が文面で長く書き記してくれていて。そこからは切実で真剣な様子が文面から伝わってくる。

そのようなときにあたらしい紹介のお客さんがきたときに、127.png<SP希望>という意味ありげな文字が書かれていてどきっとすることがありました。てっきり<SP>をセックスプレゼンの略語かと。セックスプレゼンブログを読んでくれている女性がきたのだろうかと思ったので、同業者さんかと思ったんですが、やっぱりそんな感じでした。シークレットプレイの略語だったようで、その内容は分かる人はわかるというもので、けっこうどっきりするような希望内容だった。そのお客さんは冷感症と語り、施術の腕のいいプロの男性施術者となら互いに口が固いし、それだけじゃなくて性器周辺へ多くの治療点があって、そこを一般女性に対して治療しようとするとセクハラとか、または同意をとってというのも面倒だし、受け入れられなければこなくなる危険性があるからそこは手を抜くというものじゃなく、手が出せないところがある。そこを治療してくれるんだったら男性施術者の僕に性的な行為をしていただいても、それも治療のうちだからと思って受けたいって言うことだった。内容が素直には飲み込めなかったのですが、治療中の一定時間は下半身を観ても触っても入れても黙ってそれを受けるのだということで、望むならもっとエッチなことをしてくださってもいいので、それでそこまですれば確実に治療成果があがる性器周辺への施術方法もあることを知ってもいるのでやりやすくなるはずだということを見越してくれての提案するような希望がSP希望と言った言葉だったそうで、巷で少し流行ってもいたというので、そこにも驚いたのだが。それで冷感症を責任をもって治してほしいという。

僕としてもそこまで積極的に施術目的でする行為だったらご自由にどうぞと開き直られれば、普段なら知っていても絶対にできないこともできるようになる。膣内側から恥骨の調整や会陰部の一般人には知られていないような歪みや骨盤周囲にある特別な部分の骨格異常などを断然治しやすくなって、全体的な体質を変える調整もうまくスムースにいってくれたし、後頭骨と仙骨をつなぐ施術をしながらであれば冷感症が一時的に弱まって感じやすくなった状態になり、そのときにクリトリスを他人に一定のリズムで刺激されて呼吸が正されれば、その後の性的感度もよくできるようなやり方があるし、その他にだってやり方の選択肢が増えてきたおかげで32年ずっとセックスしたら痛みしか感じられずに耐えるしかなかったのがテンションが一気にマックスに突き抜けておしっこを漏らしてしまうほど感じてしまった。長年にわたって冷感症であれば条件反射的にセックスをされそうになれば緊張して興奮するというよりも体のホメオスタシスが乱れて虚脱したり背骨周囲がカチンと固まってしまうようになっている場合が多いのだけれども、その反応も起きずに、一気に突き抜けられたといってくれものすごく喜んでくれたんです。


[PR]
by body_revolution | 2018-02-02 02:16 | Comments(0)