カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

とあるメールへの返信をしたところ、送れない状態だったので本文にアップしました

○○さん


> ほぼほぼ、休眠中のブログにもかかわらず
> メールをいただきまして、ありがとうございます。
>
> ブログ主です。
>
> タオの仙術ですね。
>
> 地道にマンタクチア氏のいう小周天、大周天を実践してみつつ、
> 意識を誘導することで肉体的にという部分も大事に考えていますが、
> エネルギーボディといえるような部分へ。
>
> そちらへ実感を持って感じられるような訓練もしていくといいでしょう。
> でも肉体的な筋トレのような実感をともなって成長し変化をかみしめるような
> 現実的な核心めいたものを一人で感じ取れるというのは稀だと思うから。
>
> できればどなたか深くかかわらなくとも、
> そういった感じの訓練をしたことがあるようなものとの接触をして、
> その方面の質疑応答の生の声のいきた会話から直伝してもらうことに越したことはないです。
>
> 独力でがんばりすぎると”偏差”という、あちらの世界に意識がいってしまい戻ってこれなくなることもあるので、
> そのような危険なことを避けられるように助言して導いてくれるような人がいたら、
> もともとがそちらへの才能に長けた方であれば長期間必要な修行もかなり短いようでも感じるところが多くもなるでしょう。
>
>
> また、タオの性医学を目を通してみたことがあれば、そういったような陰陽のエネルギーを、男女の気の交わりから高めるという技法もあります。
> セックスのときに男性が気を女性に与えるように誤解されがちですが、それはセックスをして最初の数時間でのことで、気の密度が性交中に増していくようになれば、女性の子宮という奥宮部分から安定しつつも分厚くパワフルなエネルギーが男性に渡され、それがまた倍になって女性器のなかに戻されていく感じになっていきます。
> 男性が射精した精液を、あんまり好みじゃないかもしれませんが下の口からかまたは上の口から体内におさめていくことも、気をもらさずに男女間でエネルギーを高速に循環させエネルギーを膨大にミックスアップさせるような技法もあって
>
> またはタオの技法の他も書中には語られていない口伝もたくさんあるのですが、日本人の感覚では変態すぎる性的な卑猥さをたのしみながら、人の持つ理性の覆いをめくり上げて本性に根ざしたたゆまなく流れ着いてきた古来からの僕らの遺伝子を、気のエネルギーレベルで交雑していくものです。
>
>
> ですけれども、そんなことも体がまっさきに整えられていない場合には、気をつねに念頭におく男性には、選んでもらえないのが通常です。顔形は別にいいですが、体型や体質が陰にかたよるならば、それは女性が男性器の精を吸い過ぎるといわれ、性的つながりを持たせて欲しいという誘いは一向にかかることはないでしょう。女性に本来の性的なエネルギーを増幅させる安定的な力が備えられているものだから、女性の基本的な体が肉体的にも霊的にも整えられていることが求められているだけです。男性も、タオに明る人であればあるほど、自身の快楽を求めたいという以上に、純粋に未知の自身の内側からの目覚めを待っているところがあるので当然なのでしょう。
>
> といったところなので、タオを実践していると健康長寿や性的魅力を異性に送って幸せを得られるようなこともあって、目的といえば案外、明確なんです。
>
> セックスを抑制して性エネルギーを脳髄に送って修行することで悟ろうとする禁欲的なものもいますが、
> タオによる性をシークレットのうちに堪能しセックスをタブー視せずにOrgasmのときに現れる悟りを開いた禅僧が出せるような崇高な脳波波形を描き出すその時の体験を体の下腹部や脳幹に焼き付けて悟ろうとするという一派なのです。
>
> このタオの性を用いたやり方は男性は年齢が高齢となっても気の力が十分にあって女性の体内の芯に火をつけることができればいつでも行なえますが、女性の場合は、体力を半端無く消耗することでもあるから年齢での一定の制限を設けられていて、その年令を過ぎると対象外とされてしまうことでしょう。ただしその年令に至る前に、幾度も悟りに近い脳波をタオでのセックスで出せている女性は、高齢化しても男性にセックスをねだられることが続くときが往々にあります。
> そういったこともあって、そのことを知る女性ではある程度の若いうちにタオの性的儀式といえるようなセッションを受けて、体の内側の本能部分の野太いたくましさを養うようにしています。
> だから僕の施術をプライベートで受けてくれる女性のうち、タオ実践者やまたはバグワン・シュリ・ラジニーシの弟子などは、○○○プレイと呼ぶ術者の気を信じて、セックスしても他言せず、むしろ体の調整をせずにそちらをリクエストして時間をつかうということで、それでも満足していかれるという女性もいるんです。
>
>
>
> 僕は、そのような性的な交わりを実践できていなかった人生は、今では想像がつきません。
> できれば僕の知る誠実でそちらに明るいタイプの施術者を知っていたら、ひとまずは施術を受けてみて女性をイッた感じが増していけるようにもなるからいいんじゃないかなぁ。施術では体を調整してもらえるというところもありますが、気を強く出しているほんの一部の施術者の治療を受ければ、その受けられた内容や場所によって、女性の性的パワーの発力も俄然増してくるようになっていくので、楽しみも増えていくと思います。
>
> それはそれだけあからさまな行為を秘密に楽しむ間柄ですが、かえって恋愛観も違うし互いのプライベートもあるしということで、タオでの気のエネルギーの高まりや性的な魅力を操ったりということを能力として身に付けるための訓練とかトレーニングとかいった取り組みでセッションとしてその時間を割りきっている。
> 大概、女性のほうがそういったところはドライだから、こっちが深みにはまることがないように心がけていないと、ときには心がずたぼろになることもあるんで、僕もそういったところで相手の女性を選ぶことがあります。
>
>
> こんなようなことじゃないかと思います。タオのほんのさわり部分のことを書かせてもらえば。
>
>
> 参考になったら。
>
> また何か具体的な質問とか、もし思いつくところがあれば連絡してください。
> またはなにかタオ的な挑戦をした時があれば、どんなことをしたか体験を話してください。
> 待ってます。
>
> ブログ主
>
[PR]
by body_revolution | 2018-03-05 22:52 | Comments(0)