性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

謝 明徳 というアメリカで人気のオーガズムの導師

気功エネルギーを利用することでセックスはオーガズムへ導かれることがありますよ。
専門書だから一般のひとが買うのはためらわれる本だけど
でかい医療系書店には置いてあることが多いまじめな本。

気がみたら本屋で探してみるといい。
えぇぇ~と驚くセックスパワー増強エクササイズがでてますから。
女性器のなかにたまごを入れて鍛えるエッグエクササイズなんかは最たるものだ。
ただそれを実際に指導して3ヶ月続けてもらうと、たしかにあそこのしまりが
成熟した女のようでもあり初々しい女のようでもあるという代物に変化する。

恐るべし気功パワー!!!

男性編を実践してるんだけど
お相手との快楽をシェアできるところがいいんじゃないかな。

ペニスからも単なる熱なんかとは異質な気がでてくるようになるから
そんなところもふつうの男とは違ったセックスを女性が楽しめるようになるだろう。



【1】
タオが教える性奥義 ラブメイキングのすべて

マルチオーガズムがもたらす新たな性の体験とは?
「悦び・癒し・健康」を実現する すべてのカップルのための性の技法! アメリカをはじめ世界各国でベストセラー、待望の翻訳登場!



【2】

タオ性科学女性編

タオ性科学女性編

タオの伝統では、人間の霊性の発展段階を「精(性エネルギー)」→「気(生命エネルギー)」→ 「神(しん)(霊性のエネルギー)」として捉えている。男性の場合、射精によって性エネルギーが放出されてしまうが、女性の場合は性行為ではなく、月経や排卵によって失われていく。本書では、女性が性エネルギーを修養し「気」「神(しん)」へとエネルギーを変容するための数々の訓練法が紹介されている。
 「卵巣呼吸」:卵巣のエネルギー(陽の気)を心(マインド)の力によって小周天の経脈(任脈と督脈)に注ぎ、循環させることによってエネルギー変容の基盤をつくる。
 「還精補脳法」:オルガズムによって放出される器官や腺のエネルギーを、卵巣呼吸によって精製された性エネルギーと混ぜ合わせ、再び小周天の経脈に沿って脳へと送り、神経系を通じてエネルギーを全身に行きわたらせる。
 「相修法」:男性のもつ陽のエネルギーと女性のもつ陰のエネルギーを、性行為を通じて交換する。この際、お互いの小周天の経脈を8の字に交差させることによってエネルギーを循環させ、陰陽の極性バランスを図る。
 本書では、男性編で部分的に触れた「相修法」について、図版約50点を配して数々の技法を詳説しており、すでにヒーリング・タオ・システムを実践している方だけでなく、ホリスティックな視点に立つ治療を志す臨床家にも大いに役立つものである。


【3】

タオ 性科学―男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣
タオ 性科学―男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣

タオの房中術(修養法)は、男女が世俗のなかで生活を営みながらも、タオのいう霊的理論を育んでいける方法である。すなわち性エネルギーに意識を向けることで、初めてセックスの担っている機能を正しく理解し、それによって男女の性的な調和と心身の健康を図ることができるのだ。タオの伝統が、性の営みに関して、率直で現実的なアプローチをとる傾向があるのは、健康や人生全般に関して著しいほどの実用的な効果を上げていることに、その理由がある。
 タオの伝統では、人間の霊性の発展段階を、精(=性エネルギー)→気(=生命エネルギー)→神(=スピリット)というように捉えている。男性の場合、「精」は体内で常に生産されているため、浪費を防ぎ、そのエネルギーを「気」「神(しん)」へと変容させることで生命エネルギーを高めていくことができる。本書では、こうした性エネルギー修養のためのタオの訓練法の数々が図解とともに紹介されている。すでにヒーリング・タオ・システムを実践している臨床家だけでなく、ホリスティックな視点に立つ「場の医学」の治療を志す臨床家にも役立つ書になるであろう。
[PR]
by body_revolution | 2007-07-26 02:14 | Comments(0)