性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

セックスのとらえかた。

みなさま。

こんばんは。


セックスのとらえかた。

人それぞれだと思います。

今までの経験や知識、知恵。


ただ私の場合なんですが、
整体の仕事をしているからでもないのですが
もうちょっと違った視点でセックスのことを見て捕らえています。

もともとは性を忌避するキリスト教的な見方が深層心理的に
いつのまにか植え込まれていたように感じます。

それが拭えない限りには性の意味がわかりませんでした。


私は密教の本を読み漁ってみて、
男性の精液の白と女性の経血の赤の、
紅白のことを知ってからその原罪として描いてきた
性の恥部や暗部が薄らいで行き、
その恥部や暗部も許せるし
その背景がわかるようになってきました。

そうなってからのセックスをするときは変わりましたね

まったく変わってしまった。


密教的な言葉などは科学的なものではないために
迷信も入り込んでいるわけですが、
なぜだか性を大切に生命の根源としてとらえた知恵を感じられたときに

フロイトがなんで性のことばかり深層心理でかかわっていたと唱えたかも
わかったような気がしたし、
そしてその暗部が晴れずに苦しんできたかも理解できたようなきがする。



女性と互いの肉体を愛撫しながら
その意味合いを語り合うとき
ちいさな赤と白からすべてがはじまったことをつくづく感じてしまう。
[PR]
by body_revolution | 2007-09-29 03:56 | Comments(0)