性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

獅子吠えする女性

整体屋をしている男性でも、
マジにがんばっている人と
いい加減に手を抜いている人と別れる。
そしてその整体屋のするセックスもまったく異次元だといわれる。

どこが違うかというといい加減に手を抜いて小手先でいく人間は
自分と患者を別物だと感じているしそのため深くものごとを感じたり見ようとはしない。
技術的に優れていてもその技術におぼれてしまい
かえって品性を失うものもいる。
たとえこれでは相手の女性がいても
自分の性器を壁に押し付けて女をもてあそんで興奮する
妄想の世界を楽しんでいるだけ。
一人で自慰をしているのとどこがちがうのだろう?


それにひきかえマジにがんばっている人は自分の体と相手の体を
日頃からずっと水が二つに分けられないごとく一体と感じている。
その体験が体の隅々や意識の末端まで行き届いている。
水が一体になるように相手の体を思いやり一緒にいることに幸せを感じている。
それは交接として交合としてふたつの肉体の男女の隔たりを薄くしていく。
女性がいつしか獅子吠えというオーガズムを感じ声を上げる世界へといざなわれる。
そのように女性を導いた経験があり、
そのときの充実した我が薄れた密事がどれほど大切なことかを知っている。
これは一人で自慰をする快楽とは違い歓喜だ。
マジにがんばっている男の施術者で、
その性交を重ねれば女性の歓喜が女性とそして男を変えていく。

呼吸法が獅子が吠えるといえるようないつもの自分を捨てられる
あたらしい自分を目覚めさせる世界を手に入れられるセックスを体験できることは
そうなって欲しいと願う反面あまりそうなるための心や体の修行を日頃からせねばならないため
そうしていない二人ではなかなかうまくいくものじゃない。
理性を超えたところで自然を感じる。

整体という人に安らぎや癒しを施すことが心と肉体を通わせつなげる修行になり
まじめに必死に取り組んでいる整体施術者ならば
その気になれば女性を導くことができるだろう。


僕も何人もの女性にもそうしてきた経験がある。
だから身をもってそうだということができる。



ただセックスには技術面もあるのでそれをしらないとムリだけど。


もしその自慰という壁を乗り越えた歓喜を体験したければ相手を選ぶべき。

だけどなかなかそんなまじめでセックス好きの男性施術者なんて、
同業でもないと見つからないですから、
なかなかそういった面で探すのが難しいだろう。
縁があるかどうかなんでしょう。
[PR]
by body_revolution | 2007-10-06 04:02 | Comments(0)