性的な教義etc


by body_revolution
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お客とのやり取りでしてね

昨日アロマをしている女友達にあったら、
お客の子宮筋腫を治したといっていた。
だが浮かない顔つきだ。

子宮筋腫の施術法は僕が教えたんだから、
そのとおりのリンパマッサージをアレンジしたやり方をすればいいんだ。

だからその通りにして結果を出した。

一般的にいえば3人の医師に手術して取らないとだめだといわれたのが
温存して様子を見ればいいといわれるほどなるのはまれだと思う。
かなり誠心誠意がんばらなければそんな奇跡は起きない。



でも結局がんばったんだけど、
簡単ないさかいでその後が泥が塗られた気持ちだという。

「私もお客が喜んでくれてうれしいし体験談を匿名で書いてと頼んだの。
でも私をしかりつけるように拒否られたわ」

そういうことなんだそうで。

よくがんばった分だけ思いが強く、
それが片思いで振られた気分にさせられたっていうことはあるんだ。

まさにそれでどん底の気分。

慰めるしかなかった。

本当はお金をいただいてしていることなので体験談を書いてもらう義務はないから、
僕の友達のほうが勇み足というか喜びが過ぎていたというようなこともできる。
だけどね、そうはいえないですよね。


ようやくそのお客が子宮筋腫を苦にして妊娠出産ができないとなきくれていたのを治し
ともに喜べるようになったのに。
そうするためには血の吐くようなきつい施術者が苦しむ施術に耐えた、
それも10回以上も。

人に相思相愛を期待すると悲しい気持ちになることがある。

ただそんなふうにまじめにしてがんばっておれば
どこかでそれは報われるときがくるだろう。
そう思って本当に相思相愛でいられるお客とめぐり合えて
ともに喜びと感動をかみ締められるまで、あきらめずにいて欲しい。


それにしても、
そのお客はリンパマッサージで一時的に改善しているだけということをしらずに
それを継続して定着させるまでには体の動かし方などの緻密な注意がないとダメだということも
知らずに、
子宮筋腫を対応できる能力のある施術者を邪険にしてもいいのだろうか?

子宮筋腫は再発率が高いしときとして出血するだけでそれが死につながる危険な病気だから、
そのときにはもう僕の友達は手をかさないだろう。

やはり気分が悪くなる仕事はできないし、
私情や愛情があってできるのがこの仕事なんだ。
[PR]
by body_revolution | 2007-10-29 03:51 | Comments(0)