人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

子宮リフトアップ。

日本人女性の多くに内臓が下垂している状況が見受けられる。
それにともない子宮も下降していることが多い。
すると子宮に送り込まれる血液の流れが詰まったり、
異常をきたしていく。
これも性交のときの不具合につながる。

先日、施術研究会で大先生より子宮リフトアップの方法を教えていただいた。
子宮を直接触って上に移動させることはできない。
内性器だから内蔵の奥にあるからだ。

それを特殊な方法を使って調整していく。
肛門挙筋をある特殊な手技でゆるめることで子宮位置を正す。
かなり目からうろこがはがれる画期的なやりかただ。

まずは女性一人の受け手を決める。
そして下半身だけ下着も脱いだ姿で施術ベッドに仰向けで膝を立てた格好で寝る。

大先生、ごめんねといいするするっと中、奥に指を二本挿入する。
そしてG スポットのざらざらの位置を確認。
他の参加者にも確認したい希望者がいれば確認させてもらう。

それから施術が始まった。
多少痛みを伴う施術だ。
受け手の痛みを堪える声がわずかに響く。

15分後終わった。

すると不思議なほど先ほどのGスポットの位置が違う!!!

みんな目を回すほどおどろいっている。
これで彼女は2時間前後のあいだセックスをしたときの感度がまったく違うらしい。
この施術をこの女性ならば20回ほど受ければ、
その先ずっとこの状態が保てるだろうといいます。

実際にそのときのノリで2時間以内にセックスをしたときの快感の度合いを知りたい。
そういう声が女性陣から上がりました。
もともと施術者でも性に対してオープンでいこうという主義の私たちですけど、
その場でセックスをみせてということ。
かなり私なんかは動揺しました。
ちょっとこの施術を受けたときの女性のヒップのほてり具合や陰唇はもう求めている。
それを見ただけでちょっと、来ていたので。

受け手の女性はこの際だからOKといいます。
でも条件で相手が大先生にならということでした。

俺はやだよ、とおっしゃっておられたが、
女性陣からいくじなしの罵声を浴びてしまう。
しぶしぶ、ことに至る。

10分ほど。。。。。

挿入してピストン。
でも大先生の本当の腰の使いかたを目の当たりにできた。
オンナを体の中から知り尽くしている。
そんな柔軟かつ絶妙なリード。

女性陣が大先生に一度抱いてほしいとねだるのがわかるようだ。



最後に軽く受け手の女性にキスをして終了。
しばらく女性は思考停止でどこの言葉かわからない言葉を口に出している。

対照的に女性陣。
ちょいうらやましそう。

大先生はめったにうちらの間ではセックスパートナーを求めない。
誘ってもソフトにかわされる。
余裕だよな~。
そんな男になってみたいものです。

子宮リフトアップ方法を後ほど私も試しましたが、
かなりいい。
喜ばれていました。
by body_revolution | 2006-02-11 03:43 | Comments(3)