人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今ってセックスの生の情報ってネットとかビデオとか本とかからしか手に入らない。
そんな時代なのかもしれない。

カップルでセックスのノウハウを教えちゃう講座をしたときに、
女性はある程度受身でも認められているけど、
男性が受身になりすぎると何も始まらない。

がんがんと女性のなかに激しく突き、
女性が必死に痛みに緊張してもだえているだけの姿を見て、
喜んでいると勘違いしている。
女性も男性経験が若い男の子ばかりだと、
その痛くて苦しい中に快感があると勘違いをしてしまっている。

そんなことにおやっ?って疑問に思った賢いカップルたちが、
改善したいがためにこんなノウハウを学びにくる。
ここに集まっている人たちは根が真面目な人たちばかりで、
ホストで女性をいかせるためにとかいう感じの人は今までみたことがない。

不思議な感じがするかもしれないけど、
お互いに愛し合う行為を深めたいという気持ちから参加している。


男女の体を解剖学的に捕らえてわかりやすくアドバイスをする。
各人の肉体的な特性っていうものがあるから、
そこを体の調整のプロの秘儀を一部披露してあなたはここをこうしてとかきみはこうとか、
率直に指示を飛ばしていく。
もちろんそれが今までその互いが気づかないものだったのは想像がつくでしょう。
真面目で実績のある男性の施術家にセックスをすると女性ははまることが多いんです。
やはりすでに数千人もの体を触り筋肉や関節を捕らえて各体のその人固有の弱点を知り
それをうまく補っていくという経絡的な活性方法を熟知しているから。

これを知っていると力でがんがんというセックスが互いの体によくないことがわかる。
そして体に負担がかかってよくないことをすれば緊張した肉体となって快感なんてあったもんじゃない。
それが道理というものなんです。


基本的な体の使い方とかからだから勘のいい人はすぐそれを知るとセックスが上達する。
若い人たちのほうが飲み込みはいい。だけど残念ながら体力がないんだよね。
レクチャー中に出しちゃう。容赦なくそこらへんから精液のにおいがしてくるから。
ちょっとこれが困りものだよね。

であとは次のURLで紹介した
http://harbor-hp.hp.infoseek.co.jp/hhpp/book2.html

タオ性科学女性編・タオ性科学男性編の
気功的なエクササイズから比較的平易なものを練習してもらう。
セックスの時には気功のような男性の陽の気と女性の陰の気を和合させるのが自然。
肉体的な接触ならば性器がこすれあう程度の快感しかないが、
気を練って互いに交流させる技を身に付けてこそ愛が深まる。

そこが他のセックスのノウハウを教える先生にはできないもので、
たまたま私は長年そちらでの修行をしているから気が誰よりも強くて、
私がその部屋にいたり軽く肩に触れてあげていてセックスをされていると、
この気を練って交流させる快感をダイレクトに延髄にまでのぼってくるから
誰もが驚いてしまう。

そんなことで3時間もの裸のお付き合いがお開きになる。
最初の1時間くらいは恥ずかしいけど2時間たつと単なるヌーディスト集団に見えてくる。
だんだんと恥ずかしくなくなっていくのが不思議だよね。
けっこう一度参加すると半年後にまたそんな勉強会があるとひょっこり同じカップルが顔をだしてくることもあって、仲良くなったりもする。

もうこの公募は数年前ここのサイトにメンバー登録してくれた方で締め切ってあるので
新規の人は受け付けてないそうだけど、
きっと真面目にセックスの奥儀を体験したいカップルには目からうろこの時間を過ごせると思うよ。
そういう集まりもたまにはいいんじゃないかな。


あなたはそう思いませんか?
どう思います?




もとは性の力は生命力の力そのものなので、
それが弱まれば老化してそれを強まるように工夫をすることで、
病気が軽減したり治ったりする。

たとえば婦人科系全般、例えば不妊症だったり不感症だったり、
精神科に通っておられる方々なども性の力がセックスでの交流を通すと
信じられないほど落ち着いていく。
ある意味で言えば施術家が施術をするよりもセックスをしたほうがずっとよくなる。
そんな自信を自分自身で感じざる得ないことが頻繁に起きている。


でもそんな際物のようなことをお客様に勧めるようなことは
うちの治療院のところでは絶対にご法度です。
そこのへんはけじめをつけてます。
・・・当然だよね、施術の技だけでセックス以上の効果をだせるように修行する。
そうじゃないと男性が救われないっていうクレイジーな施術家に成り下がる。
そんなものは一流とは呼べない!!


セックスで治病を体験するのはプライベートのときです。
そんなプライベートの付き合いをしてくれる女性は本当に貴重で感謝が絶えない存在です。
僕にとって本当に多くのことを教えてくれる貴重な体験を与えてくれているから・・・。
by body_revolution | 2006-11-18 02:58

ホテルで施術

ひさびさに時間が出来たもので書いてみます。

先日30代の女性からセックス込みでの施術を頼まれた。
単純にこれは性欲を満たしたいという欲求からの依頼ではなく、
不妊症で少しノイローゼ気味になられているからという前提があった。

私の治療院にきているんだから絶対大丈夫だと言い切るのだけど、
10代の初め頃からかなりの男性経験があったという。
調教というようなことまでエスカレートしていて、
幾度の妊娠を経験したといいます。
そのたびに堕胎を。
男性からの経済的支援がなくて、
友達同士でカンパをしてもらいひどい医者にかかったそうです。


快楽への期待が後悔に変わり女性性器への罪意識が強くなる。


だから今となってはそのとき堕胎した子供たちにすまないと感じているが、
堕胎のときにいい加減な手術で鉗子などで性器内部を大幅に傷つけられたそうだ。
一歩間違えたら女性の性器から出血をすると死ぬことも多い。
だがどうにか3~4日意識不明になり生還した。


それが後遺症として続いているのだろうか。
いくら現在のご主人にされても、
そして不妊治療をしてもまったく着床までもいかない。
今、果てしない後悔をしている。
そう涙ながらにおっしゃられている。

婦人科の医師からは引導を渡された。


そんなときにセックスを恋人同士で楽しむためのノウハウを伝えるサイトがあって、
そこでなぜか私が講師のようにして呼ばれていった。
そこになぜか彼女が女性一人で参加していたのだった。

カップルだけでの募集だったが、
ネットでのやり取りで集まるとこういう困ったちゃんがくるのは致し方ない。
身長が146cmで小柄でまるできゃしゃな子供のような体型で、
いつも気づくと奴隷のように手足を縛られてしまう。
そしていまのご主人にもそのようなことをしてくるという。
そのようにされることに体が抵抗せずに求めるようになっていた。
でもね。

それでもやはりやさしくされたい気持ちもある。

当たり前だよね。。。

それでお会いしてからうちの治療院に通ってくれるようになった。
そして施術のときに腰周りや恥骨周辺を触られるときに妙な声を上げるのは気になったが、
施術でやさしくされているという擬似恋愛を感じていたようだった。
でもおじいちゃんにでもおばあちゃんにもお客様に対しては、
徹底して気を使うのがサービス業の務めだから、
その女性に特別なことをした気持ちは全くないのだけれども。
やさしくされたという感謝の気持ちで鉢植えを送ってくれたり、
こちらが恐縮してしまうほどだった。


結局は不妊がどうして起きるのかを整体的にみるためには直接中を見る必要がある。
子宮の後屈や左右屈、
または内膜症のようすを知りたい。
だからホテルでの施術を一度限りという約束で依頼を受けました。

内臓が硬くなっていてそれが子宮に強く影響を与えていた。
それがはっきりとわかった。
特殊な気功の方法があって、
というかタオの方法のひとつなんだけど、
その方法を教えた。
呼吸法、女性器の鍛え方、
腰の緩め方緊張の仕方、いろいろ教えた。

驚かれていたようだった。
花火が延髄から脳内に飛び散ったという感じの衝撃を感じて、
口からは言葉にならない声が数時間で続けていた。
でもこれもこわばった性器や体を解くには本当にいい刺激になる。
もうかれこれ15回ほど先に私の施術を受けて体を整えたあとにこのセックスを味わえば
不思議なことが体感できてもなんら不思議ではない。




もともと私も気功を得意として練習をしているから、
気の強さは人一倍だからそのちからを素肌で感じ取られるのだから。




そしてその後というかつい4日前の話だが、
妊娠をしたという連絡をいただいた。
もちろん私は自主的にゴム付でしたから私の子供ではない。
不思議と私が気合をいれて?セックスをしたあとにご主人とそうなったとき、
信じられないほどご主人の態度がいつもと違っていたという。
なんだかカルマみたいなものをその女性が背負っており、
それがタオのセックスのノウハウという強烈なものでつき物が降りたようになったようだ。




実際はその女性が男性を狂わしているという、、、
そのような何かを持っていたようだった。
それが消えてしまったとたんにご主人が優しい言葉をかけてくれるようになった。
ロープでベッドに開脚してくくりつけられるなんて、
夫婦間でするようなことは考えられないことももうされなくなったという。


どこでどうしてそのようなカルマみたいなものをその女性が身に付けたかはわからない。

でもセックスは本来つよい男性と女性の陰と陽のエネルギーを満たして
なにか大切な二人の一体感や同体感から
それ以上の存在との一体感を感じ取るための最良の方法だ。
真実の意味を理解したやりかたを踏むことで、
大きな自分の内側からの源からの安らぎを感じることが出来るようになるのだ。
快楽もいいがこれこそが私の求めたいと希望するものなのです。


自分に人のカルマを切る力が少しずつ備わってきたということを
実感させてもらい教えてもらえたような気がする。





やはり長年シリアスモードで仕事に励んできたし、
治して成果が出て当然の世界で生き抜くための気合が充実してきたのだろう。




できれば安定期になればまた施術を再開して、
元気な赤ちゃんを産んで欲しい。
by body_revolution | 2006-11-04 03:37