カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

男性は魅力的な女性のことを考えるだけでセックスをする衝動がわきおこる。

このことがいいかわるいかはわからない。

ただこの衝動は子孫が連綿と絶えることなく続くためには必要だった。


そのことは確かだと思う。



男性の性への衝動は本能に基づいている。

だが悲しいことにこの本能が弱くなってきている。

確かにセックスをしたいという気持ちは強いだろう。

だが肉体的な本能が頭脳の酷使や社会状況の緊張からいうことをきかなくなってきている。



そのことも確かだと思う。



かなり厄介なのは男性のほうが性に対しての羞恥心が強い。
まじめなだけあって自尊心がありそれを傷つけたくはない。

一度でもその自尊心を傷つけてしまったり、
セックスを悪いものと印象付けたりすると
女性よりも始末に終えないことが起きる。




女性に対しておこなう施術的なアプローチは役に立たないこともあり、
おそらくこちらのほうが治りにくいだろう。


もっとおおらかに性を楽しんだり自分の恥部も含めて見せ合えたり。
そういうような子供の童心に帰ったような気持ちになれなければ男性の回復は難しいときが多い。


女性のほうが施術を数時間受け身体が芯から和らいでくれば、
性の機能を開発する方法はいくらもあるしそれを実践すれば大きく変われる。
そしてそれを体験することで一皮向けた自分と向き合い
自分をもっと好きになれるように変わったという女性が多い。
セックスを楽しむことが自分の魅力を磨くことになることに気づき始め、
施術により本能を隠れた場所から引き出してあげることができる。

アダルトビデオには絶対ないようなすばらしい女性器の刺激の仕方もあるし、
体中をまるで快感を得るためのセンサーのようにすることも、
やさしく言葉で催眠のように誘導すればできてしまう。
性の感度は女性のほうが遥かに本能に根ざした高感度にできているから、
信頼関係が築ければ性の扉を開きやすい。
女性も自分を磨いてくれるという感触をつかめれば
その行為を素直に夢中になれる。


でも男性は女性のような内性器という内臓感覚が性器にないため
そのような変化はなかなか起きはしないのです。


最近男性のお客様の施術をしていてこんな壁を感じてしまいますね。



本能は生命を維持していくための源のようなものだから、
それを汚いとか割り切れないとかいってちゃだめなんだよなぁ。
[PR]
by body_revolution | 2007-03-10 03:00 | Comments(2)
エドガー・ケイシーというリーディングをする偉人が、
印象に残る言葉を述べている。

「自分の理想は何であるかを知りなさい。そしてそれを実行しなさい。何もしないよりは悪いことでもしたほうがましである」

女性はセックスで大きく輝くときがある。


だからだろうか。



施術中にも性の快感をどうしても隠せない女性がいる。
体が治っていくことで緊張してとげとげしくなっていた感じからリラックスした性への新たな好奇心が芽生えていく。
呼吸器が弱かったり冷え症がきついなら、または内臓が下垂したり硬かったり、
骨盤がゆがんでいたり首が詰まっていたり。。。。。。。。。
そんなことがあれば性への好奇心がつのってもそれを追求する前に体が自然に拒絶してしまうだろう。
女性は体のどこかに生殖をして子孫を安全に産める状態でなければ性の快楽を十分に楽しむことができないようにできている。
もし体に余裕がないときに受精して妊娠すると母子ともに危険な状態になることを知っているからそこにいくまえに本能的にストップをかける。

だけど真剣にセックスを楽しみたいと言う気持ちは体が硬かったりつらかったりしても夢のような体験をしてみたいという気持ちを失うことはないだろう。
だから施術中にも行動的な女性がでてくる。
まじめで性格のいい女性ならば受け入れられることもあるだろう。
そしてふしぎなんですがそんな自分の理想はすばらしい快感を全身で感じたいという素直な感情を表現している女性ほど体の改善は格段に速い。
これは実感している。

逆にその感情を押し殺そうとするとかえって突き抜けて一皮向ける機会を失い、
いったりきたりを繰り返す女性もいる。
施術中に性を追求しなくてもいいが、
施術を受けるときの心がまえしだいで抑圧された理想が炎のように再燃しだすことがある。
ちょっと人生観が変わるという体験ですね。


これは女性に限った話でもなく男性も早漏とか立ちにくかったり硬さが足りなかったりなどがまじめに施術を受けていくと変わっていくことが多くみられる。
真剣に悩んでいることはときとして攻める側の男性側のほうがきつかったりする。

自分の理想がなんであるかを知ること。

そして悪いことでもしないよりしたほうがいい。
エドガー・ケイシーというお堅い人物が悪いことでもしてみろ!ってたきつけるのは、
自分の理想に向き合えないひとに対して檄を飛ばしているのだろう。
[PR]
by body_revolution | 2007-03-05 11:43 | Comments(0)