人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女性外性器の陰核亀頭。そう、クリトリス。
クリ。

外見上で観察してみたり触れるのはこの部分だけのように思われてるけども触り方を知っていればその下に埋まっている陰核体や陰核脚もかすかにだけど触診できるんだよね。クリトリスをいきなり圧迫すると神経をちくちくするような荒い粗雑な刺激が体を緊張させるだけ。ちょっと触るだけならというのもときと場合によってはNGだろう。ではどうするかというと、男のペニスを刺激するときに根元を少し加減した圧で包むように圧迫するとペニスの先の亀頭の感覚が違ってくるもんでしょう。それとおんなじことがクリにもいえているから。クリの陰核脚を絶妙な圧をかけてからクリを触ってみるように。クリでいくばかりの習慣を持っている女性なんかはこの刺激で慣らされていくとなかでいくチャンスが増えるから。ただこのやり方を伝えられないのが非常に残念。かなり繊細なタッチが必要だからね。何人もの女性をワークベッドの上で下半身裸でということで研究して初めて気づいた方法だから難しいのも当たり前だと思う。とりあえず解剖学的な勉強で陰核脚などの部位やしくみを覚えておくのも悪いこっちゃないはず。女性は絶対に鏡に陰部を写してそこをじっくり触ってどうなっているかを探求しておくべき。性器は恥部なんかじゃないから間違わないで。



あとは最近の若い女性はこの陰核脚が左右長さや太さが乱れている人が多いんだよね。特にデスクワークで一日中座っている女性はほとんどの人が問題ありだから。仙骨が左右どちらかに折れていたり尾骨が曲がっているからそれを直しておいたほうがいいと思うよ。そうすると女性ホルモンもいい感じに変っていくから魅力的な体へといざなわれていくっていうことになるから。それにここが正されると腟や子宮のゆがみにもいい影響がでるから。それも性感を豊かにしてくれるんだよね。


最高の前技を楽しまれたいならお金はかかるけど整体院に通ってみるのもいいんじゃないかな。ただかなりマニアックで下半身をあらわにさらさないとダメだから、やっぱり自分で地道に陰核体や陰核脚を圧迫してからクリを刺激していくっていうのがいいのかなぁ。僕だったら女性のお客ががOKしてくれたらやさしく丁寧にやらせていただきますけどね。
by body_revolution | 2008-05-10 03:32
多くの女性とセックスをするのも整体の勉強のひとつだし、そこから気づくこととかひらめくようなインスピレーションが降り注いでくることがある。それに師匠が尊敬している山岡鉄舟居士も若いときはセックスをしまくっていたし。だけど不遜な気持ちでしてたわけじゃなくて人の業とか欲とかの根はどこからきているかを知るために性欲の根元を探りたかったから、していたので、岡場所のすべての女を抱くと心に決意したのもあまりにも素直でまじめすぎてやったことだと教えてもらった。だがその志半ばで女房方の親族に離縁を迫られてこれじゃいかんと思ってやめたそうで。いったい山岡居士は何を感じながら女を抱いていたのだろうか。気になる。欲から生まれる男女の付き合いがなければ縁も結ばれない。特に豪傑や何かの一芸に秀でた人物は性欲が強いしそれをかなえるだけの機会があるだろう。

それにしても自分の強烈な性欲を素直に認めすぎると山岡居士がかつて非難され変人扱いされてしまうのは認めたくないことだよな。本当に素直に人間ていうやつはどんな生き物なのかを見つけようと裸になって求道していたんだろうし。

ただし女房がいるなら配慮がなさ過ぎてます。俺が女性の立場ならば深く傷つく。

で、話が変るけど勝海舟も女性関係は随分あって、女房からは夫の隣の墓にだけは入りたくないともらしていたっていう。だけど不幸にも今は二人のお墓が仲良く並べられているんだよな。ただ心なしかちょいとだけ女房の墓石の頂上のほうが高いようにみえる。勝海舟先生かまたはその子孫がそうとう気を使ったことだと思う。


おそらく自分は勝海舟先生タイプのような感じじゃなくて山岡鉄舟先生タイプになりたい。欲の根を冷静にみながら真剣に体に付き合い続けれたいよな。おそらく他の人や師匠にほどほどにといわれるかもしれないけど山岡先生に比べれば自分など小物だというしかないし。ホントそうだし。
by body_revolution | 2008-05-08 02:43
婦人科系疾患に苦しまれる女性が多くなりました。もう大学生くらいの女の子に子宮筋腫がある時代。そればかりじゃなくてこのあいだ高校生の女の子で生理が止まってしまったといって、生理のときがらくなんですといっていた。そのような子がほんと増えた実感があるよなぁ。

婦人科系疾患に陥りやすい女性の骨盤はたいていの場合では左右のずれが大きいし、仙腸関節という関節ががっちがちに硬くなって動かないこともある。だが逆に関節がゆるゆるすぎてそのゆるさをうまく乗りこなせないで内臓疾患を持ってしまう人も女性に多いのが特徴です。腰椎五番の左右のよこあたりを加圧するとおなかのなかのガスがごろごろごろっとかごぼごぼごぼっとか奇怪な音を立てて叫びだすこともよくある。
それでは腟内部が冷えてしまったりひだが薄くなりペニスをくわえて引き込む力もうせてしまうんです。

けっこうこれからの若い女の子たちは真剣に自分の性器を正面にとらえていくことが大切だと思う。それに生理がとまってしまうというのは、過食症やストレスなどから来る女性ホルモンバランスの崩れなどが問題だからナプキンを使わなくてすむし彼になかだしをされても大丈夫だからと喜んでいちゃいけません。
本当はそのようにいっている女の子の多くが、心の内側ではショックを受けていてそれを隠すために嘯いているのもわかるから。せめて整体をしているものの身では少しでも尽力してあげたいと思う。


個人的な意見だけどセックスをしているときに目の前の女に射精したとき、自分の遺伝子がその女のなかで息づくのではと思うと緊張と興奮を覚える。それは自然なことだと思う。もちろんコンドームをしてセックスをするときもあるがどこか男は女の生殖器という神聖で神秘的な思いは自分とその女の遺伝子が過去の先祖が僕たちへ遺伝子という舟を送ったと同じように、未来に渡って流れていく姿を想像している。


また昨日はじめてした女の子なんだけど、ずっとうちに通ってきてくれていて生理がとまっていたのが治ったといってものすごくよろこんでくれていた。そのお礼に先生に真っ先にといって勇気を振り絞って声をかけてくれたんだよね。普通だったらそれなりに忙しいし体力的にぎりぎりっていう時期が重なっているんで断るけどそういわれちゃうとことわれない。やはり愛情を込めてずっと治って欲しいと思ってがんばってきた患者さんがよくなったって喜んでくれる顔を見せてくれることほどうれしい送りもなおはないし、やっぱり長い間の施術者と患者との間柄だったけれども話も気が合うから、これで施術をもう受けなくていいからといわれたときに記念で思いでつくりのためにといわれると、マジで断れません。彼女が安全日であることと粘液検査でなかだしができることを調べてからホテルにいった。

彼女が自分の中に出された精子を小さな小瓶に詰めている。何をしているのと聞いたら記念品として自宅の冷蔵庫に入れて保存するっていってた。彼女の愛液と精子が混ざり合っていて、他の人が見ればうげっとなるようなものかもしれないが大事そうにハンカチにくるんでポーチにいれている。彼女は拒食症でがりがりにやせていて自殺願望もあったから、いろいろ相談に乗ってあげていた。それが今ではうそのように変っている。そして彼女にしてみれば体が回復してもうそろそろ再就職しなければ経済的に立ち行かなくなる。ずっと整体を受け続けることはできないため、あえなくなる。そういって寂しそうにしていたんだけど。彼女が「今までよくしてくれてありがとう」といい「いい笑顔の女性になったよ、君は」と。なんだか恥ずかしくなるようなせりふのようだけど精一杯でして。それで駅で別れました。昨日メールが来たんだけど就職活動も大変そうだけどがんばっているといいます。まだ昔の心の傷を夢で思い出して苦しむことがあるそうだけれども、今の忙しさでそれも少しずつ薄らぎつつあるという。


予想だけどこんないい女性は男がほっとくわけないから、一年もしないで結婚の報告メールがくるような予感がする。そうなって彼女の遺伝子を分けた子供とあってみたいと思う。
by body_revolution | 2008-05-06 06:23