カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

尿診断法

一般的には立位での姿勢診断をすることで身体のゆがみを読み取ることができる。肩の上がりがきつければ呼吸器系疾患や頚椎に問題が出やすいだろうし、女性なら左右の乳房の大きさが左が大きいのが通常なのだがいかにも右が縮みすぎていれば大胸筋が硬直しすぎて心臓に圧迫が強く、胸腺にも悪影響が出るとか。骨盤の前後左右の傾斜が極端なものがあればそれだけでかかりやすい内臓疾患傾向などが読み取ることもできてしまう。その他にも様々な情報が読み取ることができてしまうっていうもの。


写真判定でもかなりの精度で情報を得ることができるため、提携している先生から紹介でくるお客さんについては写真添付してメールで紹介状がとどくくらいだから。






身体チェックのなかでもっともマニアックなもののひとつなんだけどチベット医学には、出たての尿を診断材料に使うというものがある。

体内を通過してきた過程で、その体内の情報をいろいろともってでてきてくれる。
通常だったらなかなか内臓状態をつぶさに診るのも難しいのだが、かなり正確な疾患状況を知らせてくれる。

尿の泡の立ち方や色や臭気などを診るのだが、これがまたすこぶる的確な診断ができる。チベット医学の専門的な本ではそのような尿診断の詳細な表が多少詳しく掲載されている。ただちゃんとちゃんとの師匠から習わないと使い物にならないっていう代物でもあるんだけど、そのような診断を脈診と同時にして驚くくらいのことがわかるんです。

うげぇ~っ
とかいわれそうだが自分がしているときに今日の自分の体のコンディションを知るときなんかにも便利だし。いくら俺が施術家だっていっても他人の体を診るっていうのは職業柄慣れてるけど自分のことを客観的に見つめるって言うのは難しい話。なかなかそういうことができないもんだから過労に気づかずに若くして死んだり病気になる施術家は後を絶たない。
それが尿の知識をもっていれば、そとにでてしまったものについてはけっこう客観的に診て診断することってできてしまえるものなんだよね~。それで自分も細菌性疾患に犯されている傾向があるっていうのを察知して大事にならないですんだことだってあるし。医者じゃないけど施術家の不養生っていうのは厳しいから、あとで自分の健康管理もできないやつだなんていろいろ人にいわれるのやだからね。

特定の内臓に疲れや問題があればそれを癒すための対処をすればいいんだから、該当している経穴へ何度か刺激を加えていき臓器の陰陽のバランスを少しずつ修正していけばいい。



セックス前にちょっとおしっこしているの見せてごらんというのも変な趣味があるっていうわけじゃない。何か内臓疾患らしきものがあるのではって疑っているときにそうやって相手の情報を得るんだよね。こっちも妙な興奮を覚えているわけじゃなくて、ものすごい分析的な目でそれを観察しているわけだし。だからそんなに恥ずかしがることもない。
[PR]
by body_revolution | 2008-11-24 00:04 | Comments(0)
男性を10人治すよりも女性を一人治すほうが難しいっていわれる。
それはなぜかというと婦人科系の症状をよくするのはそれだけ難しいっていうだよね。

淤血の問題もあります。
「淤血(おけつ)」とは、血液が “ドロドロ・ネバネバ”と汚れ、血流が悪くなった状態を指します。それとこれは腹腔にも多く溜まります。

腹診をするとへその下から下腹部にかけて抵抗や圧痛が出てきて右脇下には抵抗が出てくる。


食生活や体を動かさない労働環境や精神的ストレスなどから淤血になりやすいでしょう。
熱病を繰り返す人や我慢を日ごろから強いられている人もなりやすい。
肝炎になったことがある人や酒を飲みすぎる人や、現代医学の薬を服用しすぎているときにもだ。

ここまでは男性も同じ条件だよね。



だけどここからが婦人科の問題点なんだけど、
若いころから月経が少なかったり、流産や中絶、出産で淤血ができることもある。
この問題がことのほか影響がでてしまう。

つまりのところ女性は月経のしくみを体に備えているのだが、それがうまく機能していなければ容易に淤血によるダメージがでてしまう。

これにより肩こりや腰痛、頭痛、不眠、鬱、冷えのぼせ、皮膚病などの症状が現れる。
淤血により房事が妨げられるというようなことも女性にはよく見受けられる。オーガズムに達する前に心臓の下部にためられた腹腔内の淤血により心臓が圧迫され、脳に危険信号が送り込まれちゃうからそれ以上の忘我の世界、ちょっとの死と称される心身が深く解放された悦楽のようにまではなれない。
[PR]
by body_revolution | 2008-11-22 00:18 | Comments(0)
知る人ぞ知る、ユニバーサル・タオ。
そちらからでているDVDの日本語和訳版があるんだけど、
そのDVDユニバーサル・タオⅢ(⑥ヒーリング・ラブⅠ、⑦同Ⅱ) のサンプルビデオがあったのでどーぞ。


http://enterprise-pub01.hp.infoseek.co.jp/sample/tao3.asx
[PR]
by body_revolution | 2008-11-13 02:06 | Comments(0)
セックスをしなくても、性的な力が強力な人間が近くにいればそれだけで感応してしまう。つまり音叉を二つ用意して一方がなればもう一方が共鳴しだすような現象が人体のチャクラではおきるんだよね。だからタントラ系の性的修行っていうものも強力な力を秘めている導きがあれば別段のことセックスしなくてもいい。施術とかしていてもいい施術者にはそんな力を持っているものもいるし、よい政治家や教育者や宗教家もそんな力をリアルに伝えている。




ただ僕にはそこまでのというか師匠とかいえるような力はないようだから実際にセックスをいたすわけなんです。精液をなかに出したときにペニスをふにゃっとなっても10分くらい抜かないでおけば、それは最高な男女の声なきコミュニケーションになるから、その強力なバイブレーションを利用すれば40代の女性が30代に30代の女性が20代に外見がみえるように変化していくっていうことがあたりまえにおきてくれる。







そんなことがおきれば40代になると腎臓の気が収束し始めるために男女ともに自分の体の衰えを感じ始めるようにできている。それで戸惑いあわててしまい、その動揺により精神状態が不安定にさえなることがあるだろう。女性のほうがそう至ってしまうケースがものすごい比率で高くなるようだ。肉体の衰えにより性的な魅力がうせていく自分自身の変化に驚き精神的な安定を見失うことがより性的魅力を磨耗させていくことも知らずに。




そんなとき、タントラセックスなどの妙技をその肉体で感じ取れるならば性的魅力の意味や神からの贈り物である快感、官能の意味が知れることとなり必要以上に衰えを忌み嫌いあせりより性的力を磨耗させなくなる。本来からだのなかにある性的魅力は精神的に上り詰めるための入り口でありそこを追求するための鍵だってことを。鍵をどうやって使えばいいかわからずにしまいっぱなしにしているか、その使い方を知っていて行使しているかの差が開いてくるんだよね。







ここが40代の女性が30代に30代の女性が20代に外見がみえるように変化していく秘密。


ちょっと興味あるなっていう人がいれば心の鏡を磨いていきましょう。その鏡がきれいに磨かれたときに心の鏡が同じくらい磨かれているセックスパートナーが自然にあらわれるようです。
ただしいままでのパートナーと価値観が変わりだして分かれてしまうケースも多いんで、結婚している方々はほどほどにそこいらへんのところをしておきましょう。やりすぎてはかえってよくないこともおきることを覚えておいてください。たいていのことだけど結婚した両者が協力してそう至れるケースはあんまりみかけないもので。この点は残念だけど。
[PR]
by body_revolution | 2008-11-08 10:52 | Comments(0)

TANTRIC love

タントラヨーガって?って僕のほうに質問が来た。簡単に説明できる代物じゃない。
だからYouTubeでそっち関係の映像があるから、見てくれといいました。
セックスをマジに勉強する大人たちの集いって感じだよ~。

僕らも数名の大人の男女が集まりセックスで快楽を得るためだけではない、男女で気を送ったりまわしたりっていう小周天を男女の体を一連に通すとかするよね。二人きりで”する”よりも気の場を高めるためには周囲で同時に”して”たほうが気場が高まるっていうのは気功をしていればだれしも感じられるはずだろう。ここのブログに非公開コメントをくれた同業者のオンナのコも、半年くらいコメントの応酬をして仲良くなって、こないだ半年振りのそんな集まりがあって参加してもらった。



もち男女とも下心はありありだけど、でもねそれだけじゃ収まらずに真剣に情熱を傾けてしている面があると羞恥心も声を潜めるんだ。



皆さんも、ぜひにそういう集いってものがあったら参加したらいいと思うよ。
女性一人でじゃ難しいだろうけど男女のペアだったら大丈夫だろうし。


2006 Tantra Yoga 譚崔瑜珈世紀講座-1



2006 Tantra Yoga 譚崔瑜珈世紀講座-2









あとはオマケ。

Hot Chick Gets Sensual Breasts Massage To Get Horny


女性が乗り気で楽しみたいときはこんなこともやはりある。もちろんしょっちゅうじゃなくてごくごくまれにだけどね。


施術で男が女性の肌をマッサージしているんだから、目をつぶってイマジネーションをたくましくすればそういうこともアリ。僕だけじゃなくて他の個人営業でしているセンセたちの一握りも、多かれ少なかれそのような体験談はあるんじゃないかと思うんだけど。どーでしょう?




TANTRIC MASSAGE



ちょいと性感マッサージのようなものをするのも大好き。じらすときに女性は気が鋭敏になって性感が極度に高まるので。
[PR]
by body_revolution | 2008-11-06 03:30 | Comments(0)

房中と内丹

気功をしていると

房中派と内丹派とにわかれたり、その両方をバランスよく混ぜ合わせたりいろいろなんだよね。


房中術はWikipediaでみると

”房中術(ぼうちゅうじゅつ)とは男女の精気を循環させることによって不老不死の仙人となるための道教の煉丹術のうち内丹術の養生法。”とのことですね。


中国の古代から伝わる陰陽五行説においては陰陽の結びつきによって万物が成り立っているとされる。そこから男(陽)と女(陰)の自然の理につながると考えられた。

道教の流派のうち房中術を行なう流派には、男性は女性の弟子、女性は男性の弟子と修行する男女双修の南派、東派、西派と男性のみの三峯派がある。

男女が裁接することで精を循環(還精)させるが、「男不寛衣、女不解帯」という流派もある。

性行為を行なう房中術には様々な性行為の技法が含まれているが、女性が十分に興奮した状態で交わること、男性は精(精液のことではなく気の一種)をもらさずに交わることが随所で説かれている。


『玉房秘訣』

『玉房秘訣』では性交中の女性の反応、仕草を見て適切な対応をするための方法(五徴・十動)を説いている。

五徴

1. 顔が火照ったら、ゆっくりあてがう。
2. 乳首が堅くなり、鼻に汗が滲んだら、ゆっくり入れる。
3. 喉が渇いて唾を飲み込むようになったら、ゆっくり出し入れを始める。
4. 淫液が出てきたら、徐々に深く入れる。
5. 液が外に流れてきたら、徐々に抜く。

十動

1. 抱きついてくるのは体を寄せて股をくっつけたいからである。
2. 腿を張るのは、上の方をこすりつけたいからである。
3. 腹を張るのは、液をもらしたいからである。
4. 尻を動かすのは、良くなってきたからである。
5. 足を上げて絡み付けるのは、深く入れたいからである。
6. 股をすぼめるのは、中がムズムズしてたまらないからである。
7. 腰を横に振るのは、左右をきつくついて欲しいからである。
8. 身体を浮かすのは、良くてたまらないからである。
9. 身体を伸ばすのは、頭から足まで快感が走るからである。
10. 淫液でツルツル滑るほど濡れてきたら、精をもらしたのである。


セックスを通して五行説を実践している。



ここを避けて通ろうとすると、本来の男女が分けられひきつけあわれる仕組みっていうやつが希薄になるし正面から見ていったほうが自然なのではと僕は思うんだが。




ただ僕が指導をうけている師匠はストイックな内丹派。ただしストイックさがあると房中についての理解も相当に深いから、実際は両道をみているような気がする。結局のところ房中も内丹がなければ早死にするに決まっていて、本来は内丹を磨いてから房中へと進むべきっておっしゃる。気と精の使いの妙が理路整然として考えが深いよなぁぁぁ。ついつい世の中では短絡に房中に励みすぎてしまい取り返しがつかないことになっている男女が増えているっていうのに。



で、、、、ここで話が進むけど

夫婦関係というと男女の生活とセックスのパートナーということであるが、実際の話、体の相性は生活の相性よりも複雑で相互の気の補完や相互依存から相乗までさまざまなつながりがあるもんだけど、夫婦間の生活の延長上でセックスを楽しめることって少なくなる。よくセックスもマンネリ化するっていうじゃない。相手のことが予測つくようになるとそれがいつしかワンパターンのセックスになって刺激がなくなっていくから。結婚していなくてもやはりそんなことがおきることはしばしばあるはずだよね。そんなときにはセックスパートナーと夫婦としての生活パートナーを大胆にもわけてしまえっていう。罪悪感もあるが、割りきりがあるとそれで性的刺激が若さを保ち続けさせてくれる。そんなことをどこいらの密教的宗教では真剣に説いている。性的交わりっていうものは各々を霊的に進化させる神聖儀式と。


ときどきなんだけど仕事場で女性から携帯番号を書いたメモをこそっとわたされることがある。そんなことしないでほしいとこちらが言えばもう施術を受けられなくなるだろう。だけどよく考えた上でそのリスクを感じながらも渡してくれたりする。未婚の方もいれば既婚者もいるし。渡すときにかなり性的興奮があるのかもしれないし。ここでの話しだけど大人の付き合いまではいかなくともカーテンで薄くしきられたベットの上でされる施術は周囲の目もあるし緊張感が高まり脳内麻薬をいやおうなく排出してくれる。それってマンネリ化したセックスをしていたりすると、それだけでも確実に美しくなってしまわれる。女性はミステリアスなんだよな。
[PR]
by body_revolution | 2008-11-02 13:29 | Comments(1)