カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

数日前に、メールをいただきました。

内容の詳細は当然ながら大人のルールとして厳然たる守秘義務があるので伏せるのですが、
こんな月一度程度しか更新できてないようなブログにメールをくれるなんて、うれしいことですよ。
ありがとうございますと感謝の意を伝えたいと思います。



そのときに

> 管理人様は、どのように整体やセックスのことを勉強なされたのですか?
> もし、よろしければ、教えていただけると嬉しいです。

という質問がありました。

整体につきましては、
これを生業っていうことでがんばってるんで必死で貪欲に学んでます。
これはことこまかに書くと一般の方には伝わらないような専門的なもんになってしまいます。

もし施術の世界を垣間見たいっていう人がいたら専門的なことをちょっとは知りたいぞと思うかもしれません。
そのときはそんなリクエストがあればほとんど一般の人にはなにいってるかもよくわからんような専門用語が羅列するようなことを書いたりしたいと思うんですが。

結果的なことで言えばそんな複雑なことを知りたいってば申される人はめったにいないんだって思うんだけど。
でもでもやってみると奥が深いもんだから。
別に生業にしなくてもいいから、みんな実践で学んでみるといいんだろうと思います。



セックスについてはそのやはり性的感性を磨きたいということってあるよな。
性的な力はクリエイティブな創造性を強力にサポートしてくれるし、年齢がいっても若さをキープさせるための不老不死とまではいかなくともそれなりの不老を実現してくれるキーだから。
やはり下世話な話で申し訳ないけど、施術をしているときに女性のお客さんのとき、そんな意識をしているわけじゃないんだけど、あそこがぐじゅっぐじゅっって音をたてている人っているの。生理前とかのときだったりするんかもしれないけど、そのようなときにあそこのにおいもしてくるし、で、やはり仕事では恥骨や座骨や骨盤底部などの筋肉を調整しないといけないときもあるから、そこを触ることになるの。ただ相手の女性に対してボクのほうがちょっとそれはいやだなという雰囲気があるとそれとなく遠方からの圧をつかってね、触れないようにするんだけど、僕とおそらく相手も気をゆるしてくれているときはあそこをさわっているような施術をしたほうが骨盤の微調整もできるの。もちろんこれって男性にもすることなんだけど、実のところは男性にこれをするほうがびみょーにいけない世界を体験するかのようで、いやなんだよね。


で、ずぅーっと昔?にボクがまだこの整体を生業にしようかどうしようか考えあぐねているときがあったんだけど、そんなときに知り合いの女の子にモニターになってもらって?っていうと聞こえはいいけどご飯をおごってあげてモルモットになってもらって練習させてもらってたんですよ。
そしてある高円寺の飲み屋で知り合った20代半ばの女性がいてその人にも話を持ちかけたの。即行でOK。

そのときに不思議な体験をしたんですよ。


印象的なことだったからひょっとしたら以前もこの女性のことをここで書いてたかもしれないんだけど、それだったら重複でごめんなさいね。

井草の彼女の部屋にいき普通に施術をしていたんだけど。もちろん性感マッサージなんかじゃ断じてないまじめな施術をしていたんだけど、いきなり、その女の子がびくんびくと体をよじらせ出して、ちょうど赤ちゃんが腰を振って性器を布団に押し付けて遊ぶようなしぐさをしたかとおもえば。

そのまま失禁して果てられてしまった。

なにごとがおきたのかって心底心配したが、なんてことはない。

オーガズムを感じていてろれつがまわらないっていっていた。


実のところなんだけど、意外にもその女性がオーガズムを感じたのはそれが始めて。




はじめていかされたのが施術でかよーーーーーつと、顔を赤らめながらいっていた。
彼女には彼がいてセックスはNGだったんで、もちろんそれは相手の申すとおりにするべきだからね。べつに性器のところをしつこくさわっただけじゃないんで。たしか、背中と首周辺をある方法で調整していてたら突然におこったんで。


それまではその女の子は挿入されると張り裂けんほどの痛みで、いつも早く終えてとこころで叫びながらいったってフェイクしているんで、オーガズムを感じることは一度もなかったって言うわけ。
彼女はもともと人や妖気を持つなにかをもひきつける強い力をもっていて、オーガズムを感じるときには信じられんほどの映像をみていたらしい。あとでそれを酒を飲みつつ教えてくれたんだけど、それはそれは自分の意識が体から抜け出して宇宙に溶け込んでいってしまうっていうことだったらしい。
ボクにもそのようなビジョンが脳裏にフラッシュのようにうつってはきえてってしていたから、彼女の強烈なエネルギーがボクのほうにも影響を与えていたんだろう。
もしセックスして挿入した状態で両者のエネルギーを高速に交換してまわしていたらとかんがえると、どうなっていたんだろうって、ぞくぞくぅってする。



単純に、これがおきたのってふつーに施術をしているときの話。

だから実は相性があう人や気を送れる術者との施術には、もともとのところこんなことを引き起こすような要素っていうものがあるんだろうと思えた。
ボクもそのときの彼女の、、よだれをたらしてちょいと白目をむきつつうつろな感じでの15分間は、おぃおぃどうしちゃったのって思いつつもひょっとしてこれってオーガズムなの?まさかねー?ってな感じでどきどきした。

べつに性器を触らなくても女性はオーガズムを感じて性エネルギーを高めていけちゃうんじゃん、とまざまざ感じて神秘的に思えたよ。


それから許可を得て彼女の施術をするときには彼女に全裸になってもらった。そしてほんとにオーガズムを感じてるのかどうか、指を入れるだけならぜんぜんokといってくれたのでしらべたら。なかはまったくすごいことになってたんで。


不思議とこのような感じのことは施術院ではおきることはめったにない。
女性のひとりぐらしの自宅に招かれてしたり、ホテルでふたりだけの部屋でで施術をしたりというときに、このような性器をさわらなくても不思議な感じになる女性がほんとちらほらですがいることがわかった。
やっぱり施術院で施術されとるっていうと患者と先生という縛りがきつくていい患者であり続けようってするからか、それが誰も来ない閉鎖された空間であれば、やっぱりいきなり襲い掛かられてしまうのではという危険を冒しても自分の身をそこに置く事を選択したときに、大人の女性ならば許してくれているのかもしれない。だから施術院じゃそんなことめったになくて、ちょっと平和なもん。
性器周辺をさわっとってもボクも先生の縛りがあるんで脳が治療師のやくわりをきっちり演じているんで、必要以上まではさわらないし。触っていいよって許可してくれたら、どきどきしながらさわれるけど、そんな許可をくれることってめったにないーー;

とーぜんですけど。
[PR]
by body_revolution | 2009-11-28 23:42 | Comments(0)

気を配る施術者がベター

今さっきなんだけど、20代女性から「どういった施術の先生とならばセックスしてもいいの?」という内容の質問メールが届いた。

現在付き合っている同世代の彼とのセックスをしてもどうしても満足できないし、痛みが強くてと真剣に悩んで。
ネット上の怪しすぎるナンパ目的の施術者もどきが多いのはしっているし、いままでそのような人と経験をしてきたという。


気を配るしぐさがそつなくできる男性のほうが女性には受け入れられることが多いでしょ。
だからそこをチェックポイントとしてはずさないようにしておくこと。

これはフツーの男選びでもあまり変わらないことだけど、そこははずせないっす。



やはり普段ががさつなのにセックスの時にはいきなり気が利くっていうような豹変はありえないんで、気遣いがいきとどいているような男性であればセックスのときも相手に対して気を自然に配ってくれるものです。自分本位の、自分が満足すればそれで結構だという姿勢で男性が女性にのしかかれば、そのままレイプ同然で中に出されてしまいかねない。そんな非道なことをして自慢している男が、飲み屋でちらほらとまぁいたりするから。女性はそんなことで大切な自分の体を傷つけたくはないんです。

女性の身になれば、自分の生殖器という器官をセックスで十分に活かせないと、そこのなかの神経も明らかに鈍化してしまう。



それにともなって女性ホルモンの分泌の不安定がおきて女性の性器から男性をさそいだすオーラが鈍ってしまう。
そこも大切な器官だから日頃から手先や指先も動かさないと動きが悪くなってしまうのと同じように、性器の内部のひだの癒合やのっぺり化が進んできたり分泌液の減少が起きたり、やはり男のペニスを適宜にいれてみたい周期にはそうしたほうが、心身ともに健康的なんです。
ちょいとブーなことでもしてでも、心臓と高鳴らせてあそこへ男性を導いていき、女性も女性の性器を磨いていくという考え方をもっておいてもいいんだろうかと思うんです。


確かに・・・・・・・・
ボクとセックスパートナーになって、3ヶ月ほど2週に一回ペースで施術をしつつセックスもその場で、、、ということがあると、するとあるときにいきなり誰か今まで意中だった会社の男性と付き合うことになったといった報告があるもんで、


不思議なんだけど女性の性器を磨きをかけるようにセックスをしていくと、いずれその女性が性的な魅力ばかりでなく心がやさしく穏やかになれていって物事を結構好転して発想できるようになっていって。人間的にすごい付き合いやすいように変えられていって、今までは意中の男性に、思いが強くて告白できなかったのに、告白しようかと思っていたら相手からされてびっくりっていうことが4-5人いるんです。

そうしてさびしいけどボクのところをぱたぱたと巣立っていったんです。


メールの女性の話の内容は、すでに彼はいるけど体が合わなくて苦しいから、
そこんとこをどんなこともたえるからその女性が思い描いたシナリオのような幸せな彼との肉体的な結びつきをえられるようにしてほしい。それには体について詳しい施術者がいいんだろうし、っていうことなんです。


自分で言うのもなんだけど、施術をしている男は大方がむっつりスケベだけど、同時に本当に優れたような技を持って働いているやつは患者の心の琴線に触れて自分の性欲を満たす以前に相手への幸せを願って動くから。セックスパートナーとしてはかなり有望だとおもう。変なスピリチュアルでごまかしもせずに事細かにセックスの指導もしてくれる、ボクの場合だけど。



実は施術をしている男性でもお客を金づると思いつつも二枚舌で手玉に取ったりするやからもいるんで、なかなか簡単に気遣いが心からの現れであるかどうかってわからないことがある。二枚舌のやからに捕まると、本当に人の弱みに付け込んで支配をしようとするからあとがいけない。たちが悪いんだよな。こんなやつって。苦い人生経験をつまされるのはごめんだからね。先生づらして、患者を小ばかにしか考えていないっていうのは、裏に回って同業の雑談のときにほんとよく露呈するから。


でもほんとうに心がきれいで気持ちから一生懸命に施術に打ち込んでるセンセもいるんだよ。
そういったところが徹底している施術者かどうかは数度の施術を受けてみれば、賢い女性ならばわかると思うんだ。

まずは気配りのいい施術をするセンセをしっかりみつけて、そうしたら、あとは勇気をもって。



そういう経験も、意外に刺激的かもしれないよ。
[PR]
by body_revolution | 2009-11-22 00:46 | Comments(0)
整体の仕事中に、僕も含めてなのだけれど、
お客さんの体の内側からチャクラといったようなエネルギースポットが体にあるのを感じ取れる。

目に視覚的にみえるほど強烈な能力をもっている人もいるし、手をかざしてみると磁力の反発のようなぼんわぁぁあっていった感じの触覚が感じ取れるような人もいるし、ダウジングを使いこなせるものだったらダウジングのロッドの開き具合やペンジュラムの回転の速度や大きさなどでもわかるものなんだけど。




第2チャクラとは、居場所 という意味である、臍下丹田せいかたんでん(=へその下、下腹部。仙骨のあたり。 ) にあるチャクラのことをいいます。サンスクリット語でいいますと、スワディスターナ といい、これは、自分の居場所 という意味があります。

また、生殖器関係や、肉体的な欲求、物質的な欲求を示すチャクラで、水のチャクラ、恥骨の上にあることから、生殖器のチャクラ、などとも呼ばれているもので、魂と肉体が繋がっている基礎の部分であるとも言われております。


特に、人間関係の力、創造性、性的特徴に関係が深く、第3チャクラの活動をサポートし、創造性を高める役割があり、認知力や想像力、集中力を生み出すシステムに深く影響しており、また、謙虚な思いに強く反応し、そこから浮かんだ直感は、とても良い創造を生む、という性質を持っていると言われております。


他にも、生物としての性的欲求や、物欲、権力への欲求などが現れる部分である、とも言われております。


体との関係は、 性器
大腸
脊椎下部
骨盤
盲腸
ぼうこう
臀部



に作用すると言われ、


精神面との関係は、 非難
罪悪感
お金
セックス

支配
創造性
人間関係での倫理
尊厳

などがあります。

そして、活性化すると、成功への上昇志向が高まり、エネルギーがUPし、創造力、忍耐力が高まり、成功や人と交わる喜び、生きていく喜びを促すなどの効果があるといわれておりますが、悪い方向に働くと、他人への支配欲や金銭欲が強くなったり、お金に罪悪感を持ったりするといわれております。

また、この第2チャクラの調子が悪くなると、セックス依存に陥ったり、性的興味が無くなったり、睡眠や下腹部の障害となってあらわれる場合があるとされております。


だそうです。



そういうものです。
ときどきなんだけれどお客さんの体を見ていてこの第2チャクラが回転が鈍ってたり、またはチャクラが閉じてしまって開いてなかったりするようなことを見つけたりするんです。

これはよいことじゃない。

どうしたことか現代社会って言うのは頭ばかりを働かせて、腹の中にある腹脳といったものをないがしろにしてはだめだというのが師匠の口癖で、根っこに近い底部のチャクラから次第に開いていって気を回さないと、決して幸せになれないだろうといってるし。

性行為は食事をするのと同じ程度の自然な欲求をみたすために必要なもの。
それはこのチャクラが活発に働いてればそういうような快を素直に受け入れ楽しむような気持ちになれるものだ。ただ特にこのチャクラは現代人女性って閉じてしまいやすいもので、同時に男性もここが閉じてEDになってしまったり。ほんとかなりの男女が性的に満たされていそうでいて満たされていない。

それを開いてくれる作用があるんです。


でも女性と男性でいえば女性のほうが時としてセックスに苦痛を伴うため、一旦このチャクラが閉じると開いてくれなくなるような、そのようなときもある。まずは異性にやさしく性器を触れてもらうだけの愛撫を、ゆっくり楽しんで。でもそれだけではチャクラという台風のような回転するエネルギーが高まらないこともあるようなので、それならば、性に熟知したパートナーをみつけるのも手です。

ある意味で言えば性行為を素直に心地よく楽しむ女性には母性を深めるような作用があるらしいんで、この男性の子供を生んでみたいなと思いながら受け止めれば、そのときの激情?が第2チャクラを復活させることもあるんで。ただ・・・・ほんと、好きな男性でもセックスはちょっと・・・ということもあるとメールで相談受けたりすると、安易に子供を生みたいかんじょうとこのチャクラの活性化とは別物のようにも感じるんだけど。。。
[PR]
by body_revolution | 2009-11-16 01:55 | Comments(0)