カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ED?

EDになっている男性へ。

男女を比べると男性がセックスではリードしないといけないっていう定説があるもんで。それはまるで社交ダンスのようで男性が女性の手をとってリードしてあげなきゃコトがはじまらないっていうような感じで。

それがプレッシャーになって、うまくしなくちゃいけないって思って緊張してしまったり、うまくいかなかった経験や早漏をなじられたり不満がられたりする経験をしたりまたは、ひとりでしていてすぐに出してしまってこれが女性とだったらなさけないし自尊心がめちゃめちゃ傷つくだろうってなかんじで。そんなような不安との戦いをしてしまってみごとにそこに意識を集中して大脳をそっちばかりにつかってしまうんだということがあって。

失敗をしたら笑われるとかだめなやつだっていわれるとか、はたまたいじめられてしまうとか、孤剣にかかわるとか、ほんといろんな考えがあたまをよぎっては身を固めて腹に力が抜けてしまう。男性のいくのをとめるには肛門あたりの八の字?のような筋肉組織を操らないといけないがそれは腹部内部の腹圧でおこなうんで、腹に気が満ちていないとすぐにでちゃうんで。



だったらそうならないような訓練をしちゃえばいいってことになりやすいんだけど、
そんな訓練をしても女性のあそこをみてしまって条件反射的に緊張してなえてしまうことがあって。

それに昨今では女性を性の奴隷としか考えていない劣悪な映像がネットのP2Pなどでやり取りされてだれもがそれを容易に手に入ってしまう世の中で。
しっかり高校生時分の男子もそういった女性の心身を痛めつけてもいいっていった勘違いをして、それを実践してしまって女性もそれでセックスに最上のやさしさをあたえられてしかるべきナノに、なんどもそれに何人の男性からもそんなことをされると、やさしくされたいと思うのも変かなとかやわで刺激がないとかいいだす人もいたりして、そういう感じの女性にははっきり最低なセックスだったっていわれたりして(これは僕の男友達の実話)。

男性も明らかに一度傷つくとなかなかセックスを楽しめなくなる。


そんなことを悩んでる男性も少なくない。んで、草食系になっちゃったっていう男性もちらりほらりいたりする。




そんなときにはもちろん男性ならば魅力的な女性をみればしたくなるがでも付き合いは面倒だし危険だしっていうことで避けたくなる。だから危険な橋を渡ろうとしなくなるし、それではセックスの経験や試行錯誤なんてばできやしないから、あまりセックスの自分なりでのしかたが身につかないうちにいい年になってしまう。

これはけっこうな深刻な話で、意外なほどこのような男性が多くなってきているそうだから。


そのようなときにはやはりいざっていうときに思うようにならない。


だから心理的に追いつめられて立たなくなってしまう。
心理的な強迫観念は相手の女性には見えないから、あたかも相手の女性側が自分が魅力がないから一戦を交えてみましょうといってくれないんだと、あきらかな勘違いをしてしまって男女関係がこれでこじれてしまってお別れしてしまう。それは本当に切なくなるような両者が傷つきそして傷つけあう負のスパイラル的なもの。


でして、
このような状況下に陥った男性に対して、ことのほか強力なアドバイスがあって、それをときどきなんだけど僕は使ってみたりする。


どんなんかと申しますると、

「セックスのことは、とりあえずせじゅつがしっかりとすんでカラダが見違えるまで絶対に考えないようにしてください。」

「今だけは考えないでください。」

「考えたら僕にはわかりますからね、そんなセックスのことばかり考えずに大腰筋のこの特殊なエクササイズを完璧にこなせるようにだけしてれば、今のあなたは大丈夫。」


「考えなければ、あとで僕があなたの周りの誰も知らない最高のノウハウって言うやつをこっそり教えますから。それがご褒美です」


とか、とりあえずのところは絶対にセックスのことなんてきれいさっぱり施術のほうを受けてる間は考えたくもない状況を作り出す。考えるだけでも先生(僕)にこってり小言をいわれるから。

すると「そうか、いまはセックスしなくちゃとか、うまくしなくちゃとか、自信がないとか、きれいさっぱりに考えなくて頭をからっぽにしとけってことなんだ」っていわれると、女をみてもセックスして失敗したら嫌な悲しい気持ちになるって言う想像が生まれて緊張したり、そうやって嫌な顔を女性に向けるって言うこともする必要もなくなるんだっていう、ちょっとしたこざっぱりした時間が持てるようになったわけ。



つまり「なんでうまくセックスできないの?もっと練習しなくっちゃだめだよ」ってば、そうアドバイスしたほうがいい男性や女性もいるんだけど、おそらく1/3くらいの、特に男性は「セックスをいまだけはしなくていいんだよ」って、やさしく親身にアドバイスしてあげると、こころがほっとしてセックスに対していつも感じていた緊張感が半分ぐらい減じられてしまう。減感作療法的な慣らし方だけど、極度の緊張状態だったから立たなかっただけで、それがちょっとした緊張感にダウンしただけでも、立ててなかにいれることができてしまう男性も多くいる。そうして何度か女性の中に入れるようになってきたら、はじめて「もっと練習してもいいんじゃない?」って、そういって大腰筋を鍛えさせていた意味を解説して、実際にそれを女性に試してみて自分に自信をつければいいって言うこと。



まあ、僕もここまでサポートするっていうことはめったにないことだけど、どうみてもこのお客さん性格がよいと思うし困ってるんだろうなって話聞いてて思うとこんなおせっかいをしてしまう。



ただ女性にはこのセックスをしないでいいっていうというのはほんとうに人を見てしないとだめだめなんです。
うえで説明した男性のような様式で当てはまって、ほっとした瞬間に感じがつかめる人もいるんですが、そうはうまくいかなかった女性もいるんで。
性的な対象に自分がならないっていうようになると、女性は生命を胎内に宿し育てられる器(肉体)を持つ非常に完成された安定した美しい状態なんです。女性はいくつになってもセックスをして体内に生命を宿そうとする意識があってほしい。その意識が弱くなると、女性特有の生命力の火が急激に弱まる人もいるようなので。みきわめってものが本当に難しいんです。女性の場合には正当な正攻法で性に対しての緊張感を和らげたほうがいい人が男性よりも多いように、なんとなくなんだけど感じている。
[PR]
by body_revolution | 2010-01-18 01:44 | Comments(0)

不老婆婆との戦い

中国、の西遊記につづく物語に後西遊記があります。
続編という感じですね。

そちらに<不老婆婆>ってでてくるんです。

中国の鬼神っていう本があってそこでたまたまみつけたんだけれど、
年を取らない絶麗豊艶の妖女、
『後西遊記』に登場する魔女。
ってありまして。

あとにもさきにもないほどの
性描写。


「不老婆婆も、二代目玄奘三蔵ともいうべき大顛法師半偶の一行の行く手を遮って、「こ
こから先は通さない」という。ただし、私を性的に満足させれば西へ行かしてやるというの
が条件である。この魔女は超絶的な精力と淫奔さを有し、今まで何百何千人の男性(怪大仙
や妖魔も含めて)と交わったかわからないが、ただの一度も満足したことはない。つまり、
どんな男にも征服されたことがない肉体を持っていた。その男たちはすべて不老婆婆に負け
た。ということは全員なえきって、へたばってしまい、不老婆婆およびその手下たちに食わ
れてしまったのである。」

っていう口上があってそれから
二代目孫悟空の孫履真との戦い?が描かれている。


まぁ本書ではずいぶんはしょってあるんですけど読んで興味深くて。



考え方によっては
男性が女性を征服できるかどうかという視点で戦が始まる。


性的な力が強大な女性でそれがいつまでも若さを保ち続けるための秘策にもなっているのだろう。若さとは参加していない免疫力の強い肉体の状態であって、男性にとってはリスクなく自分の遺伝子を受け継いでくれる。出産というものはいまでこそ死産の率が低下しているが、昔は妊娠と出産は病気じゃないって言われるんだけれど母子ともに死ぬ危険が非常に高いから。自然に男の見る目は、自分の遺伝子を後世まで、未来まで伝えうる船に乗せて伝えたいっていう本能がある。

恋愛感情もあるだろうが、その前に人間は本能的に野生状態はまだ残っているんで、母子ともに生き残り反映できる女性を選ぼうとするものなんでしょう。生殖は未来に自分の子孫を残していく遺伝子の船のようなものだから。
その遺伝子を残せるような肉体を維持してさらに緻密なまでにたくましくなっていけば、不老婆婆に近づけるのかもしれない。

簡単に性的に満足させられるような女じゃないわよっといい放つ不老婆婆には、女性としての強さとたくましさを感じてしまうな。


そんな強さを身に着けて、そして同じような強さをもつ異性と渡り合えれば、最高な体験が待っている。





そういうのってかなりレベルの高い  なにか  なんだろう。


セックスのノウハウを女性が得るのも賛成だし
性的な肉体的な強靭さを性器もそして体全身の筋肉やばねや骨なんかと、そして気が満ちて駆け巡ってしまうスピリチュアルな感性とやさしさとしなやかさが満ちているような素養を増すことも賛成。



意外にそういうところに成仏ってある。
別に成仏って死んでしまうとちうことではなくて、自分の内側を見つめ外側とのかかわりを密にして一体化して感じ取れるように至って何かを悟るっていくということ。

僕の師匠はときどき悟れるまで、とにかくがんばれっていってくれる。悟れないうちは本当に自分の使命ってわからないものだ。君はいいセンスしてるから迷わずに来るべき人とかかわって、お客さんとか、誰とも、いろいろと教えてもらえればいいから、それで悟るタイプだと思うよっていわれる。



悟りっていうと、精神的な問題って感じちゃうかもしれないけど、左右の脳が分断してうまく双方が協力して
うごかないとね、肉体的悟りがありえないだろうっていわれて。確かに師匠に頭に手をのせられて3時間ほど気をいれてもらったら、直感が鋭くなったし、それもまた脳の左右の協調作業がスムースになるとそうなるんだといわれた。

ただ僕の修行が足りないんでひとつきくらいでそれは消えたけど。
女性ならばセックスで忘我状態でそうされればすごいことがおきるといっていた。
射精された精子をまずいかもしれないけどそれを飲んだり膣内にとどめたりすれば遺伝子の波動情報がとりこめるんでもっと長くそのような状態も続くだろうと思う。まあ、唾液にも口の中の粘膜細胞などがあるんだけど、それは雑菌を殺さないといけないんでつよい殺菌力が同時に働いてるんであまり効果なし。血液も





不老婆婆レベルになるとペニスの出し入れだけでは満足できないだろう、きっとセックスを通して悟りをえられると信じていて悟らせてくれなければ、役立たずものめぇぇぇと怒りがこみ上げてくるっていうんだろう。



よーーーく考えてみると、僕なんかは食い殺されそうだけど、そんなフシギな女性とできればなにかこっちも悟れそうなきもするよな。
[PR]
by body_revolution | 2010-01-11 18:54 | Comments(2)

あけまして

おめでとう!

僕は、ここ3ヶ月弱、ずっと海外(ドイツ)での特別なカイロプラクティック系の個人教授を受けてました。
ちょっと変り種の研修先だけど、知り合いのドイツ人がこいっていってくれたからいっちゃいました。


シャイなドイツ人の家族にホームステイさせてもらってたんで、上段からばっさり切り込まれるようなぐさっと来る感じの生活上の注意なども受けないですみました。やはり旅先は、人との知り合う機会も多いし、多くもつようにとこっちもがんばっちゃいますし。

ドイツ人女性の施術をさせてもらって、そして・・・・・・・・。
なんだかんだで合気道をしている家族でもあって、僕がそちらの修行をしているぞと聞くと、得体の知れない尊敬を受けてしまって。かえって居心地が悪くって。

ま、そんな色っぽいことは、ドイツ人気質が結局のところ最後の最後まで掴みきれずにいて、コミュニケーションとるのがようやっと。それじゃ、ね。

ただし施術の延長線上では、ドイツ人女性やら男性やらのアソコをガンガンに見つめてきたり触ってしまった。また触られてしもうた。

それまたいい経験。


それなりの楽しい思いもやっぱできましたし、勉強にもなったし、逆に僕の施術の技術を披露して、気を使った施術法などはけっこう受けたし。
潜在意識レベルで相手の所作をみて施術をする方法を師匠に教わっているんで、これは人種や性別に関係なくて誰にでもちょっとしたミラクルが起こせる。つまり脳がさまざまなとらわれをもっていてるが、それをちょいとフレームをはずしてしまうと、その人の心身の緊張していた無意識のパターンをはずせてしまうの。
不思議な相互の一体感を感じられる。セックスして女性が満足したときに感じる相手との一体感というものをちょっと超えた自然との一体感を感じて守られていて安心して落ち着けるっていう感覚なものだろうか。
どう言葉で表現していいかわからないけど、ドイツ人にもこれが通じたんで、ちょっと感動した。



女性にこのタッチで相互の信頼感や安心を感じられていくとセックスに発展してもしなくても、それなりに仲良くなれるんです。



人は誰しもがお互いをお互い同士縛りつけあって緊張させられて生きているし、それに気づけずに苦しんでいる。だからその互いの今演じている、演じないといけないと強制的に思い込まされているものから一歩外に出してやると、肩が軽くなったり血行が良くなったりホルモンバランスまでよくなってしまうことがおきる。
それを催眠術ならば相手にそのような誘導をしないとだめですけど、それをことさらに催眠を掛けるようなことで儀式的なうごきをしなくってもそれをかなえてしまうような技術があるんで。

これがあるんで女性とのセックスまでいく距離が短くしやすいんだろうと思う。絶対にこれって悪用したらいけないことになるだろうから公表できる代物じゃないけど、面白い研究課と題です。


とにもかくにもドイツで楽しい時間って言うものがすごせてよかった。

なので僕はずっと日本にいなかったんです。


パソコンなんかは現地に持ってかないんでメールとかいただいてもまったく返せなかったんで。
ほんと、いただいた方にはごめんなさい。


時間見てお返事できればって思います。
[PR]
by body_revolution | 2010-01-07 04:46 | Comments(0)