人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Kamasutra - Lovers.Guide.To.Sexual.Positions

koontar-tantra erotic massage

Massaggi Tantra- Tn -- The Joy Of Erotic Massage & Tantric Steps To Prolonged Orgasm

それぞれが恋人同士のセックスに役立つビデオ。ジャンルはカーマスートラやタントラマッサージ。日本国内では入手できませんが、どうにかしてでも、ぜひ!ぜひ!入手してみましょう。

基本的なところでいえば、二人でセックスを楽しむための性の技術を伝えるビデオですから、女性と一緒に鑑賞することを期待します。女性が見ていても、いやらしいという雰囲気じゃないでしょう。どこも隠していない映像だけど、日本人がしていると少し強烈にエッチっぽく感じてしまうけど、白人や黒人やインド人の方々だと微妙に普通に見れてしまう。それにスーツを着た解説者が、セックス中の男女の解説をしてるような・・・、まじめすぎるほどまじめにタントラしてるぜーっていうところも、僕には好印象でした。

僕と性的付き合いがある女性には、フツウーにこれをDVDに焼いて手渡ししてるし、僕の仲間内でもこれら、知らん人いなさそうだ。師匠などや他のアロマ屋の女の子もガンガン知っている。ま、マニアックな人たちばかりだけど。

あとは、、、セックスをする前に、前戯をしつつみてもらうというのもいい。ビデオのまんま、リアルタイムにやってみるのもいいんじゃないの?
また、僕のリアルな知り合いでこのブログを読んでて、ほしかったらダビングするから連絡ください。

男性ならば、このビデオを彼女にみせれば、いつもとまったく違った彼女の一面を引き出せると思うし、女性だって恥ずかしがらずに性のテクニシャンめざしがんばってほしい。

ひどい話だと思うが、最近のネット上では平気で女性のレイプやだまして撮っているような等の映像が蔓延してしまって、そこに強く刺激を求めてしまわれている。女性にしてみれば、そんなことされたら一生のトラウマになるようなことだ。そんなものはクレイジーな相手の体を傷つけるだけでなく、自分自身の人格も傷つけて地に落としてしまうようなものだ。脳を麻痺するほどの強烈な刺激で日常のストレスまでそれで解消してしまうかもしれないが、それは際限なく、そのような欲求はエスカレートしていくだろう。それでは男女間の性的快楽の隔たりがますますできあがってしまう。それって、けっしていいことないよ。



それにひきかえ愛し合いながらするセックス、またはタントラの愛のマッサージ。もしこのようなビデオなら、極論だけど恥ずかしがらずに保健体育の授業で映像を流して、男女の愛しかたを、ともに教えていってほしいと思う。だから教育的ビデオという感じだろうね。もしこのようなカーマスートラなどの実践をすれば、気を高めて性的エネルギーという創造的な力が満ち満ちてくるだろう。ここにハマっても、危ないことはないし、かえって素直に異性によりもてるようになれるわけ。

だからタントラマッサージを受けたいとか、カーマスートラを体験したいっていうことで、僕にアプローチしてくれる女性もいる。まじめに性技をとらえていてよかったと感謝してもしきれないんです。普通、そんな女性からわざわざ誘ってくれることって、よほどの男性にでもないかぎりいいにくいだろうし、ないんじゃないかと思う。
女性からアプローチしてくれているから、それ以上、そこから話を進めやすいことはないし、それに彼女の理想を上回ることができれば、役どころとして僕も満足できるし。個人的つきあいだけでなく、月一で、うちの施術院にきてくれる常連さんにもなってくれるし、いうことないです。タントラマッサージを受けてから、普通のマッサージを受けると、それが格別に興奮する?っていうし。僕も、以前のそれがあるから性器周りも見せてもらって精密な治療できるし。いうことない。
by body_revolution | 2010-03-17 04:54

コメント、回答。

かなさんへ コメントありがとうございます。
ブログ主です。

さて、ご質問のことですが僕が、勝手に個人的に考える範囲内でお答えしますね。参考までにということでお願いします。

複数のパートナーと付き合うと気が乱れるというのは、ときと場合によってありますね。人間は理性と本能の両方の脳があると思うんですが、この両方がバランスよく使えてないと失敗をしてしまうことはありますよ。性の欲望に負けてしまうと相手に飲まれたり、相手に気を奪われたり、相手の気を奪っていたり。それで性病以外の重篤な症状に陥ってしまった人を私も知っています。生霊として人に取り付いたり取り付かれたりということが、深い部分での付き合いをするときはおきてしまいやすいから、注意をしたほうがいいんです。

たとえばですけどセックスをするときに、僕などは相手と自分の気のバランスをマッチングするような操作をして、ぶつかり合わないようにしてしまいます。そんなエネルギー的なバランスをとるだけではなくて、二人ともに正しくGive & Take の関係が成立しないと。それは僕がその女性の優位に立ってセックスすることを避けるし、相手の下に立つことも避けることにもなる。それで気のバランスは問題が少なくすることができる。ただしちょいとした下知識がないと気のとげを互いに刺して傷つけあうようなことを回避するのは難しいかもしれませんが、基本、ひと皮むけば、男性以上に女性のほうが性に対して本能的に心の底から積極的になるように作られたというように思うから、そのところを男性に見透かされてしまうと、あまりよくないことがおきるようですから。

あとは・・・・・・・・男性が、女性へ挿入するときなどに子宮の位置を調整してあげずに、興奮だけさせてしまって、となると自らの性的興奮による子宮への血液増が内臓を圧迫して痛めたりとか。強烈な生理痛があったり子宮筋腫や内膜症をもっている女性は、セックスを受け入れるときに、事前に子宮の位置がずれがあるわけで、それを修正しておかないと、その時点でも危うかったりもするでしょうから。たまたまその男性が好きな体位が女性の腹部をちょうどいい方向に圧をかけるようなパターンっていうものをもっていると、肉体的には女性は相性が合うんで問題が起こらないとおもうけど。もとから婦人科系の疾患がありダメージがあって大変な女性のときは、すぐに問題体位でされただけで内性器やその周囲にもダメージがでてしまったりすることもあって。だからこのときは、ちょっとだけ相手を選ぶようにすることと、あとは自分の体に負担がかからない体位を伝えておくように心がけておくのもいいんじゃないかと思うんだけど。


そして
>知り合いの先生は女性患者さんに必要以上に親身になりすぎて天罰で左目視力なくなりかけてるとはなしていました。

というのはちょっとこわいはなしですねぇ。その視力低下が患者さんとのお付き合いとどのような因果関係があるかは、僕にはちょっと見当つかないですけど。

チャクラをいじったり動かしたりというのは、別にそれは要領さえわかれば誰だってできるような芸当なのでして、それをもし得意げにいいすぎているようだったら、それは気が澄んでいない人が相手を支配するのに使うようなことのようになってしまっているリスクってあるんじゃないでしょうか。得体の知れない恐怖を植えつけて洗脳するというのは、簡単な暗示で依存心を引き出してさえしておけば、容易にできてしまわれることもあるので。逆にそのようなことができることを知っていると、それをしようとすれば自分の心がちょっとした悪魔になれるような汚れる原因を作るから、かえってそれって封印するものです。はい、そういうものなんです。


だからかなさんがそちらへいくのをやめられたのは、無難な選択だと思うんですが。




ただそれは別段、女性ばかりに問題がでてくるわけではなくて、男性側にも大きな事故や問題がでてくることもあります。女性のほうが、遺伝子的に安定していて完全体に近い分だけ、念をもつと強烈だから。十分に男性が女性に対して意を尽くすようであれば問題はおこらないですが、変な支配を強めようとすれば、男性のほうが足元をすくわれるのは、あるようですから。性の違いはあっても互いに尊敬しあうべき人間だという、ノーマルなセンスの上で、互いの肉体への興味を認め合う行為をするならば、・・・・・それならば、たいていのこと大きな問題は起きないけど。ただ性病対策にルーズだったり、強引な体位等を好んだり、へんなアダルトビデオのみすぎだったりすると、その限りではないですが。



最後に、結婚しているかどうかは、パーソナルな問題なのでノーコメントにさせてください。ごめんね。
by body_revolution | 2010-03-07 04:23