人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コメント文は以下に
--------------ここから--------------
なみ at 2011-10-18 17:48 x
はじめまして。質問させてください。
昔、階段で足を滑らせて2,3段滑り落ちたと思います。
そのときお尻を強く打ち、1週間ほどは痛かったと思います。
ですが仕事が忙しく病院も行けないまま、そのままになってしまいました。
その後数年して気がついたのですが、なんとなく尾骨の位置がおかしい気がするのです。
もともと性的に中でいったことがないのですが、それってお尻を打ったことも多少影響するのでしょうか?
もう40歳ですし、このまま中でいくという感覚を体験することなく終わるのかなぁ…と思っていたのですが。
どうなのでしょう?

--------------ここまで--------------


コメント回答:

尾骨は骨折や捻挫をしやすい部分です。
もし階段からの不慮な事故を体験したときに怪我をしたかもしれないという自覚があるようでいたら、尾骨の曲がり方の大きさによっては尾骨矯正をしてくれそうな治療院を探してもらったほうがいいこともあるでしょう。


ただ、尾骨がきれいに正中線を通っているような人はほとんどいないと思います。たとえばね、利き足が右足だったら、右足の大腿直筋・外側広筋のような右太もも前側が硬くなり、左側の太もも裏側のハムストリング筋が硬くなる。そしてその左側のハムストリング筋が硬くなったところがあると、ちょうどそちら側の尾骨のすぐ脇に深い部位にだけどかなり硬いしこりがあるんだ。それにより尾骨がそのしこりの方に持っていかれて曲ってしまっている。そんな現象を覚える人は多いでしょう。


では、尾骨が曲がっているとどんなデメリットというものがあるだろうかと考えれば、脊椎全体が動く呼吸販社が起きにくくなる、骨盤底筋群が歪んでしまい外性器にも悪影響が出る、骨盤の歪みが出てくる。垂直軸がずれて感じる、緊張が抜けない、精神的に弱音を内々では履きやすいような感じがしてしまう(これは肛門側に折れ曲がっているときは顕著)、肛門部分の血流が悪く痔になる、心臓に負担がかかっている、その他にもいくつものことがおきてしまっているんで。

かなり気になるようでしたら観てもらうにこしたことが無いですが、あんまし尾骨矯正をしているところってないんで。できれば、すでに尾骨が曲がっているんだったらば、腰痛なり肩こりなり、脊柱の側弯なりさまざまな問題が必ず併発してくるはずなんです。まずは、その併発している尾骨以外の部位をしっかり調整していくこと。そしてそれから尾骨の曲がりがある方は、ビデオで自分の歩き方を観察すると、左右の足使いが対照的とは言いがたい状態になってしまっているんで、そのような足使いなら、どんな施術院がうまい尾骨の矯正をしても元に戻ってしまうと心得てください。動き方から改善を探ることは、尾骨の問題を抱える人には必須でしょうね、きっと。




あとね、確かに尾骨がずれていると骨盤底筋群に引き連れ等の問題ができてしまって外性器にも悪影響が出て、なかでいけなくなる人はいるんだけど。
僕が、考える所では、女性の場合性器っていうのは内性器のことなんで、それは直接的に臓器なんです。内臓なんです。感触が内臓だから。内臓はその周囲の内臓との位置関係や体液の滞留具合や横隔膜の上下動によるマッサージを受けることとか、、それらがなされて内臓の健康が保たれるの。


そこでみてみたいのがなかでいけないひとをみていると、すでに生殖器以外の部位に炎症があって腫れ上がっているとかしなやかさが遠い状態であるとか、その内性器を取り囲む部分がすでに相当に硬化して内臓部分の環境が悪いんです。そこに着眼しとかないと、性器の局部を改善すればいいって、どっかの性の指南書を書いているひとが語ってたけど、それって僕にはちょっとすべきことが100あるとすれば10程度のことをしただけに過ぎないで、足りてないということが思えてならない。



実際にという所では、 内臓を緩めるための関係する骨格筋を緩め内臓を緩め骨盤や腰椎等を矯正してミリ単位の調整を加えちゃって、そうそう尾骨も治していく。それに首が多くの筋肉の凝りがあっていきそうになると酸欠で頭痛したり吐き気を繰り返している人もいるんだし、生理痛がひどいっていう人が中でいけてるのっていうのはきっと本当にそれを治してからいったとう経験を持てたのならばいったような気分になっていたという錯覚でしかなかったと気付くだろうし。

そういったようなものだから、尾骨だけでみていってなかでいけるようになるかどうかは、結果はあまり見えてきません。もちろん尾骨がずれが酷いならばそれが数ある原因の中のひとつになっているといっても過言じゃないけど。尾骨のズレが骨盤全体のズレを生じさせていて、その骨盤がずれてしまったような内臓をホールドするような能力が低下した状態で数ヶ月も続けば内臓の下垂がひどくなって、そっちで子宮の上に多くの臓器がのしかかりだして子宮や膣の血行が非常に悪くなってしまっているっていうことも気にしておかないいけないような気がするので。


女性の性器は内性器だから、それを取り囲む内臓とのハーモニーがあって調子が良くなるものなの。
そこをわかってないセックスをしてもいけないっていうことがあるのはしかたがないというところがあるのです。
まぁ、膣のGスポットだけでいくのが中で行くっていうのならば、、、あの男性器をくわえ込んで精子をしごきとろうとする強力な動きは非力なの。実は大腸や小腸も、セックスをして受精を促すように意思を持って動くものなのだから。そうなると、そんな性反射をしてくれる女の人とセックスができたら、男として一生、その女性を忘れられなくなってしまうでしょう。そういう女性が、今はめったにいるもんじゃなから、なおさらなんでしょう。




あ、もし施術院をそちらの意図で通ってみたいと思うんでしたら、あまりいまの世の中で内臓マッサージってしてますっていうところ、危険な所があるんで、気をつけるといい。そうしないと骨格筋をミスった施術をされてダメージっていうものを受けたような場合以上に危険だから。しっかりとしたリサーチをすべし、です。


あと最期に40歳でも、別段大丈夫でしょう。ただ年齢が行くと体の硬結が増えて内臓も硬くなったものが年々積もっていくようになることが考えられるので、それはもし体の内側にあるようならばリセットしちゃっておくことが、必要だろう。手間かかるけど、セックスのためだけと思うもんじゃなくて、生活をもっと豊かにするためにだって、定期的に体の調整を受けるようにしてみるのってお勧めだよ。手をかけてなくても大丈夫そうな、野性味ある充実した生活をしている人なら、別に施術に頼る必要ないけど。実のところ施術が神業的にうまい先生は、オンナのいかし方というのもそれなりに研鑽してるんで、そのような気のでる手をしている。そのような手で施術を受けると、女性はそれだけでも、確実に、着実に性的に身体が若返っていく。それって、僕が施術をさせてもらっていて我ながらそうだなって思う。気功のような気が出てるから。あと手先だけからじゃなくて、男女での施術だと男性が女性の施術をしているときにはペニスの先からも、強烈な気のエネルギーがでてきている。それだから、プライベートでの施術中?に挿入すると、いつもより3割増しの気持ちの高鳴りがでてくるそうだから。まじで、施術の効果も飛躍するほどのアドレナリンをだしている女性もいる。
ぜひ、興味がある人は試しにいちどくらい、やらせてあげるように。
なにかを感じられるかもしれないですから。



と、なんだかへんな横道にそれたりしましたが、
以上で回答に変えさせてね。
by body_revolution | 2011-10-28 03:17 | Comments(1)

Tさんへのコメント返事

Tさんへ

わざわざコメントを書いてくれてありがとう。
うれしいよ。

そうですか、通ってるんですね。


だれだかさすがにTさんというネームじゃ、まったくわかんないですけど、とにかくよかった。

ある程度通い続けないとね、施術というのは真の成果なんて語れるものじゃないの。そこのところは理解して通ってみて。


基本、僕がメールを何通もいただいたとしても、この人は顕在かまたは近い将来に大変そうだろうと、直感的にそう思った方にだけ、師匠のブログをさりげなく教えています。
僕の直感は必ず100%当たるんです。
自分でも不思議なんだけど、結果を見て自分でびっくりすることが多くて。

だから師匠のブログなどを教えられた方がおれば、それなりに通われることを、僕はマジでお勧めしちゃいます。おそらく、あなたの体に対応できる先生は少ないかもしれない。


あとそんないい腕を持ってる施術師ならば私も教えてと言われても、
だれにでも教えるということは、師匠も忙しい身だからできないんでごめんなさい。
200通来て1通くらい教えて上げるかどうかでしょう。
ただ教えられた方のほうが、ちょっと体的にか精神的におそらく深刻だっていうことだから、うれしいやら、悲しいやら。
教えられなかった人は、まだまだあんたなら丈夫にたくましくなれるチャンスはいくらでもあるんだっていっているようなもんだから。

ホントは、みんなにすごいだろって微妙に師匠を自慢したい気持ちがあるし教えたいけど、師匠のところも混みこみで、大変なんだよ。かなり師匠も体を痛めながら親切な施術をしていて、その酷使たるや。。。相当なもんだから。だから、ほんとうに切羽詰まってそうな何かを感じられたときにしか教えられていない。



もしそこそこ体に気になる所がある程度ならば、よほどひどい治療院でない限りは、地元やちょっとした有名所のところでお世話になるっていうのでもいいでしょう。
そこでそこそこのものはカバーできるんだろうから。
僕がすべての治療院情報を持っているわけないから、通おうと思われている治療院がよいかどうかはよくわからないところがあるんだけど。
できればしっかり自己責任でリサーチしてから通ってください。
がんばってください。
by body_revolution | 2011-10-28 02:12 | Comments(0)
整体なんてうさんくさいという固定観念は、あなたのなかにありませんか?

僕のなかにはそれは非常に強くあります。



自分が整体院にての仕事をしているのだけれども、あんましこの業界の人の友だちは造らないです。パーソナルな面で気が合えば普通の友達の延長線上としての友だちになって、それから施術の方法を教えあったりする講座を私設したりするんだけど。施術をする人の中にはかなりおかしな人も多いのが現状だっていうことも、嫌っていうほど見聞きしているんで。それに、僕自身がこの仕事を始める前のきっかけとなった体を悪くしたときに、世のマスコミに取り上げられている治療院なんかは、ほとんど全てといっていいくらいいったけどね。あんまし治らなくて、お金と時間のムダだったっていう印象しか残ってない。ほんと、施術の費用に500万円は使ったんだろうと思う。必死だったんで。でも、自信アリげに直せます治して見せますといっているけど、いつのまにやらのこと、大きな治療院で複数人の施術師が働いてるところなんかは、お弟子さんという感じの施術初心者が、それぞれてんでバラバラなことをして、誰も僕の体のことなんざ、考えてくれていると言うよりも、ただただ施術のお決まりパターンのことをひと通りやったらバイバイっていう感じだったんで。

それにこじんまりとして権威有りそうな施術院にも、口コミを頼りにしてでかけはしたが、結局ははかなくも悪くなった体の現状維持程度で、施術を受けた帰り道ではもう体のひどい痛みがでてしまったし、かえって体のバランスが崩されてしまったんだと今思えば怖いことをされたもんだということを思い出す。


だから僕がたまたま師匠のもとへと変な施術をしている奴がいるって聞いて、こいつもまたろくでもないんだろうと思っていたんだけれど、それがそうじゃなくて驚いた。結局、3年ほどあらゆる施術院をめぐってみたけど、まったくだめだったのが、半年くらい師匠のもとへ通っていたら、体質が変わってきたことを実感したし、気づけば腰部の椎間板のヘルニアがきれいになっていたし。師匠のもとに通えるようになるまでは、1年以上は待たされたんだけど、なんで待たせるかはわかった。施術を受けているお客さんが、やっぱ、体調をよくするために定期的に通ってるから。付き合いがとても長くて、互いのことをわかりつつ、ずっと施術の仕方が常に変わっていきバージョンアップしていく師匠のスタイルに、僕なんかは驚くし次には何を取り組んで施術技術にと落とし込んでくれてるんだろうって考えると楽しみで、やっぱ、月に一度は、どんなに僕の仕事のスケジュールが詰まってても、無理矢理にでもいけるように組換してしまう。

それに師匠と言っているのは、師匠の所で体を面倒見てもらって、そして僕が相当好奇心が強かったんで、いろんな体のことについて質問を繰り返ししていたら、そちらの業界に興味を持って、以前勤めてたところはすっぱりとやめてこちらに頭を突っ込んじゃったんで。ほんと、施術というものがいい加減にやってられるようなものじゃなくて、理系のごとく膨大な知識がもとにあって、それをえぐるような観察眼で患者さんの状態を把握して、それからここが最大の難敵なんだけど、信じられんような緻密な体さばきをしていくことで、きわめて目的通りの成果をたたきだせうるような、効果的な施術をしてる。結局は、施術をする前段階で、頭の中でどのような施術をするかという構成をもったときすでに、ほとんどの仕事の方向性が決まっている。だから、施術は最初のとっかかりは頭でやるもんだから、そこをおろそかにしないようにと口を酸っぱくしていわれる。意外に、他の流派の施術法なんかはぜんぜんそんなものは僕のより劣るといって見向きもしないようじゃ、井戸の中のカエルになるから注意せよっていわれる。



メル友さんに師匠のブログを教えて上げたら、興味持って通いだした。そしてすっげーいいよ、と喜んでた。


このメル友さんも、僕の数少ない施術師の友達なんで素人さんじゃない。だけどこの業界の人達って、けっこう腰を痛めてたりするんで。体に負担をかける姿勢で緊張しっぱなしの仕事だから、体にはそのときのつけが体の硬直化のような老化現象としてあらわれてきてしまう。疾患は、結果的には血行不良の部分が出てきてしまって体の部分的なかまたは全体的な組織の栄養不足や老廃物の排泄不可などによる老化によって、体が死後硬直のように硬直していく。自分の体が悪くなってしまって、施術師を廃業するものは、悲しいほど多いから。だからかなりどこそこのだれそれ先生はすごいとかど下手だとかの情報は、素人さん以上に関心があったりするんで。個人的には、師匠を探し当てるまでに僕は500万円かけたんだ。だから、500万円の情報量を払ってもらうほどの価値アリなんだぜ、っていってからかったりもするんだ。

おそらく師匠は、師匠自身が開発した施術技術を極めるためには家を一軒買えるくらいは、金や労力を使ってる。ほんと、研究がハードすぎて命を何度か失いかけたというのも、頷けるようなことをしてるんで。

そこまですると、人を治せるんだと思う。逆に、そこまでしないと直せないはずなのに、治せるって言いはるのは変だ。簡単な対処法ですと、その効果は持続しないし、口で体の使い方を説明したりペーパーで配っても、結局って言えば、そんなことを簡単にできちゃう人なんているわけない。そんなに簡単に体の使い方が変えられちゃうような柔軟至極な人は、そもそも慢性的な体の症状なんか貯めこむはずがない。どこまで手を抜かないで、お客が実質変わったかどうかの結果を透き通るような眼で評価し続けるかっていうことで。そこまでやっている人って、あんまり僕は知らない。施術って、急性のものか軽症ぐらいでしょ。速攻で治っちゃうのは。それが、僕の目の前で師匠が解くと信じられんほど、解けていく。それなのに患者さんは、自分が解かされているという感覚がちっぽけにしか感じられないほどのダメージしかあたえない。けっこう神業だ。



ただ師匠は、自分の腕をひけらかして治せるっていったたぐいのことを、ずけずけいって自慢するタイプじゃないんで、かな~り、師匠のブログでは奇跡的な成果っていうものが出ているのに控えめな書き方をするだけですましてるようだ。それって、素人さんが読んだら、すごいことかどうかわからないんで、そういった意味では読んでいる人にとっては、正確な情報を伝えられてはいない。


本当に患者を根本から根掘り葉掘りと深部から細部にわたって見通して治す技術や努力をするような先生っていうのは、真実として、あまりにも少ない。そんなような気がする。まぁね。それは相当に体が病んでいるようなかつての僕の体レベルのものを直せるような先生ということを指してるんだから、そこまではいかないよっていうような人は、別段のことそこそこの施術をするところでも十分に成果があるんだけれども。

でもねぇ。僕としては師匠の施術の精神を見習っていきたいと思ってるんで。師匠のハードなやり方を、1/10程度は不完全だけど真似て施術に取り入れてみたりしてる。なんで1/10かっていうと、その背景に用意されている思考過程の複雑なものは師匠の頭しかわからないんで。施術に取り組む自力がつかなきゃ、同じようなことを外見上したとしても、結果がぜんぜん乗らないから。1/10程度のことしかできないっていうしかない。毎月、師匠のところに行くと技が進化してレベルがあがっちゃっていて追いつきゃしない。そんな感じなんで。



師匠の前では、僕は師匠と呼ばせて欲しいというと、そんなかたぐるしくっていけないですから、やめてくださいよといわれるんで、僕が師匠って呼べるのはこのブログ、位なもんです。




それに女性を治すとき、いかせるとき、リラックスさせるときなどの気のエネルギーをどう使用すればいいかっていう秘密を教えてもらったのも師匠からで。以前は女性の生理的な感じさせるための方法なんかは、自分でも関心があって試行錯誤をしてたんですが、体について知識をいくつか知っていたに過ぎないことを知らされた。女性の体についての知識も大切な事だからと教えられたけれども、それだけでは足らないと言われて、気を学びなさいって。

これまたうさんくさいという感じでとらえてたんですが。気がわかって使えるようになると、オーガズムに導くためにも絶対にいるものだって体験的に理解できたし、そしてそれは女性側も気が遣えるように指導してあげないとだめで、セックスでオーガズムを得るのは共同作業だっていうこともわかって面白かった。師匠が提示した課題があったんだけど、女性に気を使ったセックスでオーガズムに達することができるように訓練しなさい、っていうこと。自分が納得できるところまで、とことん、それも複数の女性を対象にしなさいということだって。

それって、好色になれっていうことと大差ないことで。女性は好きだけど、課題を設けられるとは、思ってもみたことがなかった。未だに僕自身が納得できるようなセックスができてないんで、まだ未熟者だけれど、両手の指の人数を上回り出した時から、女性と気を合わせたり、なにをどうかんがえてくれていて、どうしてあげればいいのかっていうことが、以前にもまして直感でわかってしまうようになった。そうなってきたら、女性とのコミュニケーションをとるのが以前よりずっと楽になったし。不思議に、遠巻きにセックスをしたいという意志を伝えるときに、そう言おうと思う前に、OKがでて驚くようなこともでてきて、これは以心伝心なのかと驚いた。

そうなってきたら、セックスをすることで、それがそのまんま施術の手技をセックス中に入れてしまってという条件反射的な職業病なもので、セックス後には単純に施術を受ける以上のことが女性には感じられたり、というようなことがあったりもした。女性が、体が若返っていったような感じもあったが、それだけじゃないんで、気と体を同時に癒すようなセックスを定期的にしていくようにすると、精神的に落ち着くし、生きていての幸せ感が、なんら特別なイベントがあるわけでもないのにずっと強く感じられるようになってきて嬉しいって言われるようになった。精神的な問題でうつ病となり体も心もボロボロ状態になった女性でさえも、何事にもまして幸福感が感じられて心が安定してきたんで、心療内科卒業できたっていうひともいたし。


ある意味合いでは、こんな女性とセックスをということは道徳的にどうなのよと、女性に嫌がられそうですが、施術っていうものは道徳的なものというよりも野生の本能に根ざしたようなものだと思う。いくら道徳的なものを追求しても、大地からの力強い生命は伝えられず、女性が行為中にあげてしまう本能的な野生の声をあげられたほうが体を復活させて癒すという野生の力を蘇らせてくれるんだろう。野生を失ったときに、人は感覚器官が退化してしまう。それは性感を得るための仕組みそのものも失ってしまったことと同じ事を意味してしまう。

道徳的なものの考え方を捨てないと、足かせを外せないんで、意識が変えられない。意識が変えられるというのは気が変わるってこと。道徳って欲望を抑圧させる道具のようなもので、その欲望には性欲も入ってるでしょうが、かえって性欲を抑えすぎて、他人が楽しくセックスを堪能しているのが羨ましくなったり妬ましくなったりして、つまらないことになったりする。もしちょっとでも快楽をえて幸せそうにしている人を見かけて嫉妬心や寂しさを感じたら、道徳的にはいかがなものかといわれでも、やっちゃったほうがいい。道徳を説くよりも、野生的な強い生き方を。実のところ、このような強い欲望を叶えて満足するような野太い野性味があってこそ、治療効果があがるんだと思う。たとえばなんだけれども、よくラポールがとれた女性の患者さんの唇や肛門付近や外性器などの粘膜部分を施術中に刺激をすると、たったそれだけで女性ホルモンのバランスが飛躍的に改善してくれる。ホルモンバランス異常の女性が増えてるんで、刺激の仕方の詳細につきましてはここでは割愛するけど、女性らしい大変に魅力的な体型になっていく女性が多いんです。生理などのPMSなども軽減するようです。




なんか、気づいたらえらいとめどもない文章が大量になったなぁ^^
失礼しました。
今日はこの辺で。
by body_revolution | 2011-10-17 05:27 | Comments(5)

コメント回答


>私もクリトリス派のひとりです。中でどーしてもイケませんっ。過去に付き合っていたひとがとてもセックス上手(?)で、その時に何度も中でイケたので。。その感覚をまた味わいたいと思っているのですが。。いまのひとはクリトリスでイケれば十分!と言っていますが、私的には欲求不満です。。自分で出来る解決方法、何かありますでしょうか??

のコメント回答

整体的にはやっておいたほうがよいだろうということは、その人の体の状態をみていきわりだしてから助言することができるでしょう。


それって、中でいきにくい理由って、みんな違うんですから、その実情にあったことを言われない限りは、あんまり役立つアドバイスにはならないんでしょうからね。

ただし以前になかでいけているということならば、ゆいさんの体が整体的に大きないきづらいような問題があるというわけではないのではないかとも思えるんです。

それだったら非常によいことでしょう。


だって、整体的に改善させない限りは、なかでは絶対にいくことができないような体質な女性もいるんです。
その人が体質的に親からもらってきたものの問題で、それによって生じたことだから、あんまり自分を責めるようなことはしないことにこしたことはないんだけど、迷いに迷ってしまうような人がいるんで。じつは、最近のストレスが多くて自律神経に歪が起きている人も、多くがそれに陥っているし。それに肋骨に絶対いけないような相があらわれている女性が非常に増えてもいるし。若い人ほどそのように陥っている傾向が強いようです。そのようなときは、僕らの出番。^^

そのような場合ではないということだから、相手の男性に性的なテクニックに開眼してもらっていただければ問題ないでしょう。

そしてしっかりなかでいったことがある女性は、体はそのときのことを覚えているので、何らかのきっかけがあれば当時を思い出して、いったことのない人と比べれば比較できないほどいきやすいから。

呼吸の質をかえるようなヨーガや気功なんかのエクササイズなどを、
日頃からするようにして内臓を柔らかくして子宮や膣などに十分な血流が行き渡りやすいような状態にしておいてみては?
by body_revolution | 2011-10-16 00:41 | Comments(0)

結婚常識というもの


人間は常に成長していくものです。

その過程で、自分のパートナーと自分の価値観が変わってしまうこともあるでしょう。ときには自分が成長したために、本当に今のパートナーが生涯を添い遂げるべきかどうか、迷いだすこともあるし、迷いなく別れるしかないと思うこともあるだろうし、そう思われてしまうことだってある。

だからというわけでもないかもしれないが、僕のよく知るパーソナルトレーナーをしている50代男性は、3人の女性と結婚してわかれた。その結婚と離婚は、ちょうどそのトレーナーが、海外でダンサーをしていたときから帰国のときに、そして体を壊してどん底をみたとき、そして仕事を極めようとしたとき、そして生き方を極めようとしたとき。
それぞれにおいてパートナーを変えていったことになるだろう。

そこにあるのは単純に不倫したいからとかではなくて、常に自分の成長にふさわしい相手でなければ一緒にいる意味が無いという考え方による。

たとえそれら女性たちの間にすでに片手では収まらない子供の数となり、それぞれの養育費をきっちりと渡している姿は、僕などでは素直にも彼が凛々しく見えてしまう。


誰かひとりのパートナーとパートナーシップを結んだら、いつまでも我慢してでも一緒に居続けなければならない。
そんなような常識をよいことと思い、反りの合わなくなったパートナーと派手に憎しみ大げんかをこどもの前で繰り返してしまうようだったら、それはすでに変わるべき時が来たという事ではないだろうか。それを受け入れて、今の自分にふさわしい女性だったり男性だったりを求めてもいいと思える。ただそんなときに、もし自分がうだつの上がらない状態だったら、けっして次の異性を求めようとしても、思わしい結果など生まれやしないのです。



体はつねにある程度のラインと言う所でととのえられ、十分に相手をセックスで喜ばせたり欲情させたり出来なければ、なかなか最初のきっかけが弱くて、そんなところからは魅力的な異性としてはみてもらえなくなってしまうだろう。実のところそのパーソナルトレーナーに聞いてみると、今、自分が愛している相手は目の前の人ではあるが、もし自分が相手ほどの成長ができねばこっちが振られる形で離婚をいいわたされるし、その逆もありうる。だから慎重に自分の人間的な器の大きさを広げる生き方とあった女性を探していかなければならなかったということに、ようやく気づいたと言っていた。


人にはそれぞれ器がある。
そうやって人生経験を積んで悟りを開くかのようにいきてきた。いまは4人目の女性のパートナーと正式に結婚して、幸せに暮らしている。今後の彼がどのようになるのだろうかということは、僕にはわからない。だけれども、彼は着実に満足した生き方をしていた。たとえ死ぬほど悩み苦しみ出会いと別れを繰り返してきたとしても、そのような姿は今は感じさせられない。



僕もパートナーとの結び合いの一般常識は、それをどうとらえるかは、臨機応変でいいと思う。
パートナーをずっとこのままでいてくれると固定的に考えれば、そこから何が生まれることだろうか?


そう考えていたほうが、相手に結婚したんだから自分も我慢しなくちゃというしんどい思いと、相手にも結婚したんだから当然に私のわがままを通させてよということを悪びれもせずにいっていたり。そんなことはだめなんだということが身につまされるし、いざというときには、さっぱりと気分を変えてしまうほどの別れを受け入れて、世の中の他の女性達に自分を売り込めるような状態に、常にしておくように、いろいろなものを磨いて磨いて、がんばるっていうこと。そんなことを緊張感を持ちながらいつだってこころがけておく。それはたとえパートナーがいても、いつだってそう考えて行動していけば、結婚後も性的な魅力で他の異性を惹きつけてしまうような性的な美しさを失わずに居続けられることだろう。パートナーと付き合うっていうのは、真剣勝負。セックスパートナーとの付き合いだってそう。いつかじきがいったら、その女性に求婚することだってある。そんな気持ちで付き合うから、いい加減なことなんてできるわけがない!

相手も自分も結婚という墓場に入ったら最期、いろいろな我慢を強いられて互いにストレスで顔をゆがめるようなことはないようにすべきだろう。そして、自分が成長をしていくと同時に、相手も成長をするように促せることが出来ればいいのだが、それはほとんどできないものなのだろう。もしそれができるようなものならば、パーソナルトレーナーをしている彼は、何度も結婚をして離婚をしてというつらい思いをすることはないはずだろう。彼は、そんなバカじゃない。十分に相手を気遣って、相手の器を広げようと努力したそうだが、その思いが届くことがなかったそうだ。


ただ多様な女性と深く付き合いますと、性的な行為はそれぞれの女性の体と好みに合わせたことを知らされて、観察をしてきているんだから、そうとうにうまくなっているようだ。今の奥さんは20歳以上若い奥さんなんだけど、そのうちまたこどもが生まれるんじゃないかと噂されている。結果的に、彼の今の結婚は誰からも祝福され、地に足の着いた関係を今までの離婚したパートナーや子供たちとも続けている。


愛を求めるということも、ここまでくるとご苦労なことも多くありましょうし、離婚の際などや球根の時は命がけです。
僕には、ここまでいくと真似できそうにも無いですが、本当に人生を共に歩むパートナー探しの求道者といえるようないい生き方ですね。






以前に、メールでやりとりさせていただいた女性に、やっぱり自分の器がしっかりしないと、まずはそこを固められて、心身ともにいいオンナに成長させるよう努めるといいでしょう、と、今思えば失礼至極なことをいってしまって恐縮至極です。僕の頭の中にはこのようなパーソナルトレーナーさんの生き方のようなものも、入ってしまっているために、そんなことを思っていってしまったりするものなのです。お許し下さい。
by body_revolution | 2011-10-11 03:57 | Comments(0)
インフォシークメールをサブメールにしていて、こちらのページにお問い合わせ用として掲載してたのです。
それが、、、、
いつのまにか使えないようになってた。


windows live mailというものへとサービスが移行され便利になるようなのだが、どうもそちらの設定ができずに。
貴重な時間をそれに一昼夜費やしてしまって、決めました。

もうインフォシークメールをつかいません、というか使えません。^^;まいったなー。
いままでのいただいたメールも、どうやってバックアップとればいいものか。。。
メール交換をしていた方、本当にごめんなさい。



皆さんは、だいじょうぶでしたか?
by body_revolution | 2011-10-08 01:41 | Comments(0)
整体について質問があったんだけど、低血圧なんですがセックスでいけるようになりたいのでいい所はないかって。体に冷え症がつよければ、相当に真剣に選ばないとダメです。普通の一通りのことをしてくれるていどでは。。。難しいんです。

僕が気を使いこなせるために、必死さで気功を習いつづけている理由。それは、気の力が強いと、それだけで女性を、肉体にアプローチするとき以上のオーガズムを与えられやすいことを、師匠が見せ付けてくれたときから。それまでは気功ナンテウサンクサクて。。。構っちゃいられないって感じでした。でも、目の前で半裸の女性が、てをかざされているだけなのだけれども、ビクンビクン、腰を前後にみだらっぽくせきをきってふりみだして、いつもの理性的なその女性のせいかくはどこにも無くなって、行きっぱなしで。そんな経験をしたのは初めてだと言っている女性に、少なからずの感動を覚えた。


で、これが強い低血圧の女性は、どうやってもそれが起きないの。起きたら、恐らく心臓にかかる負担で命にかかわるんで。ほんとうに低血圧の改善は難しい。高血圧を落とすのは、場合によっては容易なのに、そんな期待は持てない。それが、実情。

だから肉体的なことでしては、なおさら心臓にかかわる負担がきついから。難しい。


なので是が非でも、低血圧を、治さないと。低血圧なんですがイケるのですっていう女性もいますけど、血圧が正常化したあとに感じたオーガズムを100とすれば、低血圧のときは20程度ぐらいですっていう女性もいる。だから、がんばってなおして、たのしんでほしい。


個人的なことだけど、低血圧を平気で簡単にじゃないけどきっちりとした改善させているのは師匠ぐらいしかみたことないんだけど。それなりの人数の施術をしてる先生達を知ってるけど、あとで戻ったりして体質が恒常的に変わるなんて観たことがあまりない。僕だって、そうといにむずかしそうな患者さんは、いまだに諦めて師匠に頭下げてむずかしすぎるところを代行してもらってる。恥ずかしい話だけど、患者さんにとって見れば親切なことなんで。。。そういったようなことだから、とにかく情報を駆使していいところを見つけてください。僕自身も、ほんとうに低血圧を平気で治せちゃう施術しがいたら、学びに行きたい。。。師匠のやり方はちょっと僕にでも取り組むことは遥かに難しいことをして、結果をたたき出すことができてるんで。


ほんとうに施術成果は、まちまちだから、気をつけて賢く選択をしてください。

昨今、僕も頭を抱えるほどの冷え症の若者やOLさんが多くて。ヨノナカガストレスが、ひどすぎるんだとおもう。。


治れば一生涯の、幸せがあるというか、治らずに不幸でいつずけてしまうことを回避してくれるから。それって素晴らしいことですよ、実に!
by body_revolution | 2011-10-01 02:20 | Comments(0)