カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

右脳人間と左脳人間

右脳人間とは?

左脳人間とは?


そんなことを聞かれても、あんまりよくわからない。どういったところかというと、左脳人間といった分類をさせてもらう人は、打算的に結果を重視してしまう傾向が強い。それに対して右脳人間といった分類をさせてもらう人は、好きか嫌いかとかそのものごとに取り組んでいるときの過程を楽しもうとして結果ばかりに重きをおくことがない。


女性を誘うときにも、女性が右脳人間化左脳人間かでどのような言葉をかければいいかが変わってくるのは想像できるでしょう。

左脳タイプならば、付き合ってくれれば絶対に幸せな気分になれるという証拠をみせて安心させること。期待させることというよりも、どっちに転んだとしても、自分は損もしないし痛い子になったりしないというような確証があればいい。実際のところは、そのような確証なんて簡単に提示できやしないから、面倒だからパス。そうなってしまうことが多い。


右脳タイプならば、これは即座に第一印象で、好きか嫌いかを直感で判断し、楽しくなりそうだとか付き合っていくときの過程を想像してくれる。そうなると誘うときに、一期一会のようなフィーリングをもって打算なく付き合える感じが良い。たとえフラれても、そのあとでも気軽に付き合えることだってある。それにセックスするとき、中でいきやすいのも、このタイプ。







中谷彰宏さんの本で、「3分で右脳が目覚めた」というタイトルがある。


読みやすくてうなずけるようなところ、多かったんです。もちろんのこと左脳と右脳のバランス感覚が大切だから、右脳ばかりでもいけないんだけど、現代社会的な生活をしていると保証を重んじてリスクを取りづらくなってきているような気がするし、賢い子になれって親や社会に言われてきた手前、右脳が目覚めた人の肩身が狭いところもでてくる。そんななかでは窮屈感があって本当の自分自身のもっているような才能を開花させて成功をおさめたり、それ以前にやりたい事をやろうという選択さえも他人に任せてしまってしまいがちになって、誰の人生を生きるのかわからないようになる。これは左脳に偏りすぎてしまうと、自分の力が過大評価されることもあるが、それは稀で、たいていは縮小気味の過小評価に苦しむ。セルフイメージというものが、自分を作るとすれば、過小評価によってすでに大きな楽しみを得られるような機会を失っているようなものだ。


ちょっとばかり自己を過大評価してちょうど。そんなことが思えてくるし、師匠は最近、石田淳氏の本にハマってて行動科学マネジメントとかに凝っているようで、まずはやりたい事を見つけたら、それをどうやって行動にしていくのかをやり方を学べばいいんだという。




右脳人間はタイプ的に、自分を過大評価してがんばれる。

左脳人間はタイプ的に、自分を過小評価して機を失う。

それらのバランス感覚、これを絶妙にしてアクセルとブレーキを状況に即して踏んで行きましょう。


人付き合い上手い人は、ここんところをよくわかっているんだろうなと思う。男女関係もそのような駆け引きもあるしね。^^
[PR]
by body_revolution | 2012-02-29 02:20 | Comments(2)

小楽セックス

密教の核心 『理趣経』入門という本を読みますると、P92<生きながらあの世に行くー即身成仏>というところで、興味あることがかかれてます。

ちょいとだけ、抜粋。

『~理趣経の中から、この世に生きていながらあの世へいける即身成仏という方法を発見したのです。
それでは、小楽から大楽へ変換する方法を体験によって会得した金剛薩埵のことを、教主にお話ししていただきましょう。
玉座につかれた教主は、頭上に乗せている五智の象徴である宝冠に、少し手をやって直されてから、静かに話しだされました。
---この世にある、どんなものでも、どんな出来事でも、汚いものは何一つない。全ては清らかなものである。ここに男女が交わって、その快感が絶頂に達し、失神するようなエクスタシーの境地になったとしても、その気持ちはとても清らかなものである。その境地は、菩薩の位である---』

とのように描かれてます。これを単純に浅い所で捉えると立川流になってしまうから気をつけなされや、とのことも描かれています。

理趣経の中に描かれている言葉に、妙適(びょうてき)という言葉があるのですが、それがオルガスムスの境地そのものを指すといいます。


仏教の即身成仏をえようというところで妙適というオルガスムスの境地そのものをあてているところ。


人間はいずれ誰でもが死を迎えることになるでしょう。でも死にゆくときに脳細胞からエンドルフィンとかの快感物質がでます。その物質は自前の麻薬物質のようなもので、断末魔でどんなに苦しんでいても、生き絶えるときに安らかな顔になるのはこの快感物質のおかげだといいます。
これは、肉体から魂が離れて宇宙へと溶けこみ逝く、往生することです。

そしてこれが大楽であるとするならば、男女がセックスをしていることは小さな楽しみの小楽となる。

その小楽で女性はオルガスムスの境地そのものを得るまでセックスで上り詰めていくときに、思わず女は、逝く、という声を上げる。宇宙に溶け込む快感がそこにはあって、女の魂は肉体を離れて、宇宙に往生することとなる。


なんという壮大な意識と解放なんだろうか。


もちろん逝くときには、女性は死に往くときにときに出る脳内麻薬のエンドルフィンとかの覚せい剤になんか真似することができない、安らかな顔になれるような快感物質がでてくる。この快感物質がでてきているようなセックスでの楽しみが、小楽なんだろう。


そういう小楽は、結局には女性しか宇宙に溶け込めない。特別な神聖なものだといえるので、結果的には男が即身成仏で取り残されそう。でも、そうならないですむようにしたいっていうところで、性的なヨガや気を使い二人の鼓動や呼吸や脳内麻薬の快感物質の排出のタイミングなどをリンケージさせる方法を模索して、女が上り詰めるときに男もいっしょにいけるように工夫・研究・研鑽するということもあってしかるべしだと思う。ちっとセックスに集中しすぎないで客観的な男自身の行動観察がいるようになるから、のめり込めないところはあるようだけれども、そういったところを乗り越えて進んでいかないとだめだって思う。
ただし、単純に女と交わればそうなるかのように思い、女を自分がいくための道具としてみようとしたときには、そこには---すべてのものはまったく清らかだ---というように、いえないものになってしまわれるだろう。



そしてこの項の終わりに、

「ほんとうに宇宙の法則は良くできています。人は子孫を生むためにセックスをします。セックスが苦痛を伴えば、誰も性行為をしません。宇宙の法則は、セックスをするときは快感物質が出て、快感を伴うようにプログラムを組んであるのです。」

とあるんですが。



いまって、ほんとう、セックスして子供をうもうかどうしようかって考えこんでしまう時代。日本の国土は原子力発電所の事故で大変な汚染が関東や東北に起こり、産まれてくる子供たちの健康被害も心配。それにもまして、年金制度が崩壊して若者がお年寄りを支える苦役を背負わされると考えると、今生まれてきて幸せなんですかと、肩を落としてしまう。経済的にも、上り調子だった高度成長期とは違うような、苦労が多くなることだから。

そんなようなネガティブな意識が虚無的な広がりをもっていくと、性行為に集中できないようになってしまうかもしれない。おそらく年収が低くて子供を産むことが生活を圧迫するということが、自明の理であれば、仕事をして稼いできて家族を養う責務を負っている男の肩には、かなりつらいような悩ましいことになるだろう。

それってば、よくわかりますよ。

僕も、施術をしていて体を壊して、借金して首が回らなかったようなことも昔あったから。そうもなると彼女にも逃げられた。それが続いて、どうにかこうにかというところで師匠に救われたことで、また働けだしてこんにちがあるんで。その体を壊したときは、ペニスは勃起しても、女性とすることが負担に感じられてもいたから、なにもできなかったから。空の財布がどれだけ心を縮みこませるかは、覚えがあるから。


だけれども、師匠にいわれたのは、本能的な快感をえようとしないようになれば、そこで人間は息が弱くなる。そのときには小楽という言葉はでていなかったけれども、脳内の快感物質がしっかりとだせる人間は魅力的だから、その魅力は身近なものがその快感物質がでていると自分までもミラー細胞が身近なものの快感物質がでているのを真似しようとするようにしてしまう。つまり本能的な快感を得ているときには、それは周りにも伝染しうるもので、周りの人を含めての人間関係をも絶対に良くしてくれることになる。だってば、普通の生活をしていて誰もが深いオルガスムスの境地をえていけるわけじゃないから、その境地をえられるものは、特別なものでもあるのだと思う。
セックスして本能的な快感を得ていくことで、そのオルガスムスの境地の度合いで、男にもいい夢をみせてくれることがあるから、女に断られて恥をかくのを覚悟でお願いしてみなさいな、といわれた。
なかにはセックスをするのが性交痛で苦痛を伴う女性もいるが、それはたまたまの体が弱っていたり歪んでいるような一時的な通り抜けていけうるような問題で、そこに施術の力を使えば、数回から数十回ほどの付き合いでセックスの苦痛から抜け出て生殖行為を素直に受け入れられるようになる。そのようになる助けができる歓びは、非情に大きいし、微妙な表現だけれども胸のつかえが降りたような気がする。そうして僕にはよりふかく女性の体と接することで、今まで気づかなかったような体の捉え方が深められて、施術をしていくための新たな技術的なものもそこがヒントでひらめきを得たものもたくさんある。裸の付き合いじゃないと、直接、筋肉の隅々や内臓の奥とか、みせてもらえないところがあって、それを観て触って☓×してというようにして、それはそれで一人の女の体という宇宙を正面から感じ取れたこととなるのでしょう。

よくよく考えてみると、空の財布でも、男女が仲睦まじいならば、小楽セックスは成就できるもので、即身成仏にもなるのだろう。

社会経済の体制の中に組み込まれぎっちぎちになっていると思う気持ちを捨てるのは難しいかもしれないですが、ときには理性よりも本能を優先させていきましょ。本能を呼び覚ますような、自分のDNAを残したい!っていうような強烈な欲求を前面に押し出し、生殖行為をさせる性行為の快感というプレゼントは宇宙の法則が後押しをしている証拠で、その流れに乗ってみてもいいんじゃないかな。

それは男性も、そして女性も。
女性のほうが、生殖器系の疾患が増えすぎるほど増えてきている現状を見てゆけば、そちらの本能の炎をたぎらせてみることが子宮を活気づかせ疾患をも直すきっかけになるんだといえるでしょう。そうやって、本能的な性欲を満たそうとする小楽のオルガスムスがおきたときの快感物質は、同時に強烈な免疫物質を貯めているところを刺激して、生命力を強めてくれることは、とてもよく知られていることだ。


個人的に女性に、もっと素直に、といいたいときもある。
[PR]
by body_revolution | 2012-02-17 22:28 | Comments(0)
ず~~っと昔に、
【学用患者について切ない話なんですが】2007-09-11
http://sexbody.exblog.jp/6439258/

とブログに書いたことがあった。



もう4年以上も昔に書いたことだったので、どういったことを書いたか思い出せなかったのだが、最近exciteブログのレポート機能が向上して、どんな検索後でこちらのブログへたどり着いたのかのキーワードが表示されるようになった。

検索語としては、

セックス
ヨガ
性的ヨーガ
整体
中でいく
中でいけない
冷感症
陰核脚
玉房秘訣
性科学
タオ


などが多いのだけれども、
もうひとつ【学用患者】と検索して来た人も多くいる。


一日に、【学用患者】という検索語でこのブログにくる人が、コンスタントに5名ぐらいいるんじゃなかろうか。

でもって、学用患者で検索してみたらAVに学用患者のシリーズがあって驚いた。
そっか、このビデオの情報が欲しかったりしてとか、このビデオをみて触発されて学用患者の書き込みを探しているんだろう。
そう考えれば、学用患者についてチョットっきゃ書いてない僕のブログになんでこんなコンスタントに人が来るのだろうかという理由に合点が行く。
確かに、作り事の設定があって女優さんも納得づくであるだろうAVならば、もしその映像をみていて、昔で言うようなイメクラのような感じ?の極度のドキドキする緊張が伝わり興奮するんじゃなかろうか。



でもそれが作りごとの世界じゃなくなると、どうだろうか。



学用患者とは普通の性的な行為とは違いすぎる。
一般の女性がいきなり多くの学生や教授にモルモットのような性的な奴隷であるかのような立場に。見られ触られるのは合意しているし、嫌だといえば、いったいどんなひどいことをされるか、ひどいことに陥ってしまうのだろうかと怯えるのだろう。それなら、じっとなされるがままで、我慢してその場をやり過ごすしかない。それは、あたかも倒錯した性という幻想を、地で行くようなもの。

学生たちが患者の症例をつぶさに観察して勉強することは大切だし、それが学用患者としてという、一般のお金を支払い治療を受ける人達よりも、患者の症状を全裸でつぶさに観察できるならば、非常にいい勉強になるだろう。それは僕にもわかるんで、学用患者の制度は一概に悪いとはいえないと思う。


それも、このブログに学用患者という内容のブログを書いたのは、過去のはるか昔のころに、バーで少し飲んでほろ酔い気分でいたときの、たしか隣の女性の体験として聞いた話だった(と思う)。

今、覚えているのは、小柄な女性で透き通るようなきれいな肌をしていた。そのようなことだけで、学用患者としてどのような事をされてしまわれたのかということを聞いたが、内容についてはもう思い出せなくなってた。

忌まわしいことを入院から退院をするまで定期的に全裸でモルモットにされる印象はあるのだが、お金を払わずに医療サービスを受ける代償には大きな苦痛を感じさせられて当然ということを知りつつも、うら若い女性にそのようなことをすれば病院嫌いになるよなぁ、普通は。



今の時代では、健康保険に入りたくても、月々の支払ができなくて加入できなくなって、保険証を取り上げられてしまう人もでてきていると聞いています。そうなれば、高額な医療費を支払うことが必要な場合には、任意保険に入ってもいなくて、それに身寄りやお金を貸してくれる友だちもいないとき。どうすればいいのだろうか、真剣に悩む。僕が悩んだからとて、どうとも、できるような話じゃないことは、痛いくらい解るんだけど。


フクザツな気分になるよねぇ。


どこかのマンガで、ヤクザをしている男性がいたんですが、それが喧嘩が強くて、多くの敵をなぎ倒し、最期には暴走族上がりの女性が残るだけとなった。別に、その女性をどうこうしようと主人公は思ってはいないような感じで描かれていたように思うのだが、その女性はすかさず「落とし前は体で払わせてください」といって、自分のつなぎを脱ぎだして、その主人公に犯されることで許してもらおうとした。

もし学用患者になるときに、病院側が、しっかと、これは学生たちには大切な欠かすことのできない症状を観て覚える貴重な機会だからといったような感じのことを言ってくれているかどうかで、落とし前は体で払わせてくださいといった、マンガのシーンと同じ事を実質させていることとなるか、医療の発展のために一役を背負ってがんばろうと思えるかの違いは大きいんだろうと思う。

僕としては、そこの病院側の説明やその後の学用患者となった方への声かけなどで、天と地ほどの、こころの傷となるかどうかの差異が生まれてしまうことになると思う。
どうだろうか?
[PR]
by body_revolution | 2012-02-14 00:47 | Comments(0)

女性同士のマッサージ

最近、マッサージでも性感マッサージに興味ありの女性もいるよね~。

マジメに気持ちよい。
ただし男性が怪しいホームページを立ち上げて、イロイロとことばでは嘘もつけるし、この


間女の子のメル友がレイプされて写真を撮られて、、、お金をゆすられたと、嘆いていた。警察署へいって洗いざらい話して、その男を訴えてきたみたい。危険と隣り合わせ。それに別に性感マッサージをしてる、そのような様子をこっそり盗撮している
奴もいる。

だったら、女性同士なら?

そう思って検索をしてみまするに、以下、マッサージしている映像を発見。
性器が出ているような映像だ。18禁止、、、、。
でも僕には、まじめまじめな楽しいマッサージしている映像にしかみえないんだけれどもなあ。。。
ちょっとヤバそうなページなのだろうから、あんまりいろんなところをクリックしないで。

http://www.pornhub.com/view_video.php?viewkey=564996746
Orgasmic Massage

http://www.pornhub.com/view_video.php?viewkey=1589341444
Yoni Massage
[PR]
by body_revolution | 2012-02-12 22:00 | Comments(0)

オーガズムを感じるときには呼吸が深くなくっちゃならないというものがあって、それは子宮や性器に急激に血液が集中して充血するんで、他の臓器への血液の量が減ってしまうんで起こることなんでしょう。子宮の括約筋といって良いような筋肉群たちが、いつもとは違ったペニスをごしごしと射精を促すような動作をするわけですが、このときの動作をさせるのも内臓が硬いとできない反射作用というようなことなので。



男は、女性経験が多数あれば、この女性は膣が吸い付くようだとか、またはぜんぜん吸い付かずにぬれた筒でしかないような感じがするとか、それぞれだっていうことは、よーく体験上知っているよね。



だけど、女性は、同性の女性のアソコに指を入れたりしたことはない人も多いんでしょう。またはペニス状のバイブを入れて激しくもゆっくりと10分ほども出し入れさせてみたりとか。そうだと、この吸い付くような膣とかのことを比較できないのが実情だと思うんですよ。男性側って、やっぱり吸い付くような膣が好きだから、一度そのような素晴らしい女性の体を知れば、恋に落ちる以前にその女性から目が離せなくなる。そしてこのような吸い付くようなアソコの力を持っている女性は、首が長くて腰がくびれていて、目鼻が整っているのがふつー。。。。だから、見た目がいいという女性には、実際の話しとして、セックスしたら気持ちいいっていうこともあるんです。それを男も本能的に知っているんだと思うんだよね。そしてその見た目と内臓や骨盤底筋などの柔軟性があれば、その女性の膣の吸い付くような力はかなり強烈。男としてはそこに射精したくてうずうずしてる。




女性は見た目がいいと、男性以上に特別な扱いを受けられるのは、そんな男のうずうずさせてくれるだけでも、エッチした感じの快感物質がでてしまうようなんで、その時点でもう、何か得した気分に男性がなってしまったから、気前がよくなれるのかもしれないですよねぇ。



個人的には、僕はきっと僕の施術の技術で見た目の目鼻立ちの並びやスタイルなどは、変わっていくことができるとしんじてるんで、そんなには気にする事はないんです。それに、セックス有りの付き合いならば、そのような体の変化は女性ホルモンの活性度合いと比例して、女性らしくなったり子供を丈夫に産んでくれそうな、生命力の輝きを強めてくれるようなことになるんで、体調や体質・体型などの変化は加速度的になっていくということをかつて経験したことがあるから。




昨日、施術の師匠と話してたんだけど、最近では少しずつ内臓マッサージってはやりだしているみたいだから、そうなれば女性の大切な内臓になっている子宮もマッサージを受けることで、血液が届けられるような機会が増えるんじゃないかといってました。前も言ったと思うんですが、子宮や膣って、生理中や妊娠中でない限りは、あとはセックスしているとき以外は、そこにエネルギー源である血液をいっぱい流す必要はないので、必要最小限しか流れないようにできてるの。そのようすは省エネモードって感じでしょうか。ですけれどもすでに、内臓が硬くて内臓内部に血液が停滞してしまっている女性の腹は固くなっていたり、水が溜まっているかのようなぐるぐるとした音がしてみたり、いずれにしろ腹部のなかをしっかりと言った感じで血液は流れられていないような状態だから。そうなると子宮や膣って、もっと血流が滞るから、それが行き過ぎて冷えてしまえば、子宮の前屈や後屈が強くなりすぎた時点で子宮筋腫や子宮内膜症のような症状が生じてきてしまうようになってしまっている。師匠のお客さんでも、そんな悩みを抱えててという女性もいるそうなんで、本来であればお腹は常に赤ちゃんのときのような柔らかさをもっと持ち続けている状態でなくっちゃいけないんだとおもう。ほんとは、膣に棒を入れて倒れた膣や子宮を内部的に起こしてから外側から内臓マッサージってしていくと、子宮の滞りが少なくなってきて筋腫や内膜症の治りが断然違うように感じたこともあったんで、そういったこともすべきなんだけどといっていた。できないけどね~、まっとーな施術院じゃ。ーー




まぁ・・・・話が長くなりましたけれども、早い話、内臓が柔らかさを取り戻せるように、マッサージを怠らないようにすると、内臓の奥にある子宮ちゃんや卵巣ちゃんにも、血行が良くなっていくんで婦人科系の症状を緩和させたり予防に繋がるんで、女性にはやってほしいと思うんです。そういった日々の自己内臓マッサージをしていて、それのうえでプロに内臓をマッサージを受けることで、その効果は大きくなるんで。内臓に集まった血液が起こす現象として、腹から新たな生命を生み出すときや宿すときの神聖なオーガズムも、そうなれば起こりましょうから。



まずは、お腹触ってみて、硬いかどうか、調べてみて。硬すぎだったら、便秘かどうかで、便秘ならちょいと緩下剤なり菜食をメインにしたり、そして内臓の臓器同士がすでに30~40代で癒着が始まっている人も多いので、そういうときには、体の全体のストレッチを丁寧にし終えてから、最期に内臓のマッサージをするようにしてみたらよいのではなかろうかと。そうすれば内臓内部の神経やリンパ管が切れるような事故が起きにくくなるようだから、注意しつつ痛気持ちいいところで、内臓マッサージ系の本を参考にしつつやってみてもいいと思いますよ。
[PR]
by body_revolution | 2012-02-10 14:36 | Comments(0)

不妊についてのことです

不妊についての問題について。


セックスしていくのは、子宝が欲しくてというのが大きい。



原因は?



正確にいうとどうしてかということは、あまりにも複雑な人体の仕組みから持ち上がって来る現象について、正解は特定が難しい。

だから該当しそうな体の歪み部分などの問題点を徹底的総当たり。
だが総当たりするにも、優先順位をもって当たっていくのが効果的。

『全脊椎の作用と性質』という、姿勢均整術関係の専門書を見ていくと、次のような椎骨の問題と関係性があるとあるのだという。PDFにして検索すれば、不妊では、次のような椎骨の問題がある。
こないだ書いた流産のときも、これで調べた。

するとね。

胸椎11番目と、腰椎3番目と4番目と5番目。


こちらを調べていくことが必要だと判明。



もし、こちらの本を調べず、これらの椎骨の問題点を見過ごしていたら、いくら総当たりするならば成果が出るまで相当に時間がかかることとなるでしょう。特に 胸椎11番目が見過ごされる可能性が大きいんじゃなかろうか?医学的な一般書籍で、こちらがかかれているのは記憶にないな。
そして、腰椎5の極度前湾があって、不妊になっていても、本人も、整体師さんも、気づかないことがある。でも、見る人が見れば、解るものだから、施術院を、いろいろ選ぶといい。深層筋をも解くような施術で対応されないと、いっこうにここは解決されずのままだから。注意されたし。
[PR]
by body_revolution | 2012-02-09 11:53 | Comments(0)


師匠から、患者さんの体はデータベースと照らし合わせてよめといわれた。そのデータ元になりうる本が数冊ありまして、それを覚えろって言うことだけど、覚えきれるものじゃないハンパない分量。そうなると、覚えたつもりがごった返しになり、間違えたことを言い出す。


一年半前、4度の流産をしている患者がきた。未だ子供ができないのかと相手親から催促がきついと、泣きながらいうんだよ。流産原因は、いくつもあるしいきなりどうせよといわれても、正直、途方にくれる。そんなときに、師匠からもらった施術書籍のPDF。これで流産と検索をかけた。するといくつもデータがきた。その中の~胸郭の胸椎11の左隣りに問題があると、流産しやすい~とみつけた!
早速、チェックしたら、(あった!これだ!!)そして丁寧に周囲とのバランスを崩さずにうまく調整した。




そして、間もなく妊娠。出産。


こないだ赤ちゃんを、みせにきてくれた。

うれしいですo(^-^)o




患者さんには詳しいことは言ってないけど(もしうまくいかないときは、患者の
精神って折れるから)良かったね~。




これって、知らなきゃ対処はできないもので、いい加減にマッサージシテテモ、ダメージしかのこらないこともある。知は力。それを、しっているかどうかで天と地の結果のさがでる。施術ってそういう面があるから、先生選びで決まるもんだよ。
[PR]
by body_revolution | 2012-02-08 08:42 | Comments(0)
腰の使い方について、ちょっとだけ腰痛とのリンクがあって大変なんだぜ、と昨日かきました。

すると、やはり、やはり。


僕も、私もと、男性から、それに女性からもメッセージがちらほら。

やっぱりね~。

残念だけど、これって施術で腰部を柔らかくしてもダメなんです。その理由は、筋肉の使い方を、根本的に間違えちゃっているから。


施術をしている人たちのなかには、ボディワーク系のセッションをしているような人もいるかも知れない。すると、大腰筋と腸骨筋の骨盤を前後に動かすための拮抗した筋肉をイメージするかもしれない。
これをつかうときって、後背位だったら問題ないんです。細かい点を丸めてしまって考えれば、そのまま正解に近いんじゃないかと思う。もち、なかなか大腰筋と腸骨筋の筋肉の作動をどうやって表現していければよいか自体が、イメージしてなければこれも、つっとつらい。

そこの筋肉を使うよりも先に、大腿直筋のような太ももの前側にある骨盤を前傾させる筋肉を使って腰を前後にピストン運動をさせようとする。そうなると、腰痛になるっていう訳であって、そしてほとんどの6割以上の男女はここを使って出し入れしちゃおうとするんじゃなかろうか。若い時は筋肉の余裕があるんで、その柔軟性をもってカバーできるんだろうけど、それがね、30代後半を過ぎると、体内のコラーゲン生成率が落ち方がひどくなっていって、筋肉の柔軟性に支障が出てきてしまう。

こうなってしまうと、腰痛覚悟の特攻セックスになる。
それが男女ともにそうなっちゃうというのは笑えないけど、互いに互いの辛さがわかるんで、悪くないかもしれない。共感するには。


じゃぁどうすればいいの?っておもっちゃったりするでしょう。まぁ・・・、僕も、師匠にセックスをしているときの動きと姿勢を注意されて、ヒントを出されてわかった口だから、そんな、偉そうなことはいえないんです。たとえばですけど、正常位でいれているときに腰を使おうというならば腰方形筋という筋肉を意識しとくといいと思います。どういったことかっていうと、腰方形筋ってなーに?ってなりそうで、そこから説明を文章でして行っても、結局は動き方にまで、その情報っていうものを落とし込めるのは、玄人さんでも、ほとんどいいがわからずだというものだから。実際に、セックスしているところをみて指導して、手取り足取りで、ここをこうしてとか、ああやってとか、小一時間かけていかなきゃ。それもやっぱり、実際にセックスしている状態での指導じゃないと、わかりづらくっていけない。
かえって、女性器の穴を自分の手でホールを作って、シコシコしているのって、異常じゃない?
セックスっていう、全身を使った運動をしようっていうのに、体の性器の局部だけをクローズアップしても、意味ないじゃないですか!
局部以外のところの動きがあって、それが局部の動きに反映されるっていうのが自然でしょ。


僕は、そう思うんです。だから、そんな感じの全身運動を手取り足取りを文章化するって、絶対にほん一冊かけちゃうくらいの、解説が必要になるから、それは勘弁して欲しいんです。


結果的に、文章を読んだりビデオを見たりしてわかったつもりになれたとしても、できなきゃ意味が無いものなんです。できなきゃ気持ちよく慣れないし、腰痛だって解消しないし。



僕が、このピストン運動をするときの腰を動かす方法を練りに練りしていったら、いつもは数時間のセックスで、翌日はひどい腰痛があったりすることも起こったが、女性のクッション性のある体の上で気持ちよさを感じつつ、この運動をするようになったら、うそのように翌日の腰がラクラクになっていた。

まぁね、だからといって過剰にやり過ぎちゃ元も子もないんだけど、腰の痛みが消えただけで、バラ色の性生活。そんなことが、にんまりとしていえるようなきがしちゃってます。



あとはお付き合いさせていただいているセックスパートナーの女性には、女性が上になってしているときに、どうやるといいのかって、知りたいかって聞いてみて、おしえておしえてってなれば、教えるの。手取り足取りで。
そうすると、僕がはてさせられて、白旗をあげそうにならされる危険と言うか楽しさと言うか、そういったことが起きてきて、良い感じになるんです。




もしかしたらということですが、体を技巧的に動かす技術を研究してるようなボディワークをしている先生方のほうが、これについてはイメージを腑に落とせやすいんじゃないかと思う。整体の先生でも、あまりここについての言及をしている本をみたことがないんで。。。かえって、身体操作を研究している人のほうが知っているんだろうと思う。関心がある人は、そんな気持ちで探してみるといいことが体に起きちゃうかもしれませんよ!
[PR]
by body_revolution | 2012-02-03 17:05 | Comments(6)
腰を使えるかどうか?

意外にオンナは知らない。


腰の痛みが、座りっぱなしのデスクワークだったり、体を酷使する肉体労働だったりしてっていう職業病ならば、数分間、セックスしての挿入でピストンしてっていうだけでも、イテテってなるし次の日の仕事に努めるときに激痛!笑えないけど、もう3pでもして楽なことだけしてたい、って言うことを、たまに耳にする。もっともっとひどければインポに、直行してしまい、そうなるとエロいビデオを見て、自分でしている方がいい。


そんな悩みを、抱えてパートナーさんにも、打ち明けらず。
ただし、かなりの後ろめたさも男側が持っていることも多いんです。

そうなると、たまーに、腰痛覚悟の捨て身のパートナーさんサービスをするのがやっとね。



そういうの、元気にするの、整体は、とくいかもしれないですよ。キャリアがあるセックス好きな男には、単なるオンナったらしじゃなくて、人情味のある人もいるから。





あと、腰使いには、繊細にどんな筋を、どうつかえばいいかの研究。僕は、かなりやっている。そして、こうすればいいのかという、僕なりのさいりょうのけつろんがでたんです。実は僕も、以前は激痛を、こらえながらも、やりたい一心でって言うことを経験したことがある。

今は、次の日にひびくことはないんです。すごくいい!!



もちろん、セックスパートナーにも、そうしたときの、快感の恩恵はたくさんアソコが感じるようになって、すごくいい!!
だったよ!

これぞ、性生活を、質的に向上させてくれるし、彼女やパートナーさんを、セックスで虜にできちゃうかもしれないし。ブログでは、到底、教えられることじゃないけど、微妙に教えたくてウズウズする^^
[PR]
by body_revolution | 2012-02-02 16:14 | Comments(0)

いきやすい体って

> > > イキやすい体って努力でなれるもんなんでしょうか?
> > 整体でなんとかなるものなんでしょうか?
> > ぶっちゃけ骨盤とかかな〜〜り歪んでます。。産後、さらに歪み増しましたし。。

> もともと健康で妊娠しやすい女性の肉体は、男性の精液をバキュームするときに膣の筋肉がゴシゴシとペ ニスを別の動物に膣のヒダヒダや筋肉がなったように、子宮内部までも精子を吸い取ろうとする反射反応なのだという側面もある んで。
> 少しずつでもお医者さんが言うところの病気かどうかじゃなくて、整体屋さんのいうところの健康面の増 進させるための体の調整が進んでいくと、いきやすくなる女性が多いんじゃないかと思う。
> なかなかこれはプライベートなことだから、通っている女性全員にアンケートを取ることができるようで はないんですけど、施術中に気心の知れた女性の患者さんには性器の周囲の骨盤底筋という大切なところを 調整するんで。ここがものすごいいけるかどうかのときに呼吸を整える役割があって大事な筋肉群なので、 ここが硬かったり左側に偏ったり、しこっていれば性器に充血が起こりにくくなって、気持ちいい快感を感 じる感覚器官には十分な血液が流れていってくれていないって言うことなの。
> 仰向けに寝てもらってここを性器を露出した形で両足を上げて解きやすいようにして解いていくと、い い。
> なかなか治療院では女性の声が出るんでできないんですけれども、骨盤底筋という筋肉を緩めるようにし つつ、大腰筋という筋肉を左右とも均等に鍛えていくようにして、お腹の中のコアを作っていけば、強い激 しいオーガズムを感じるっていうことはものすごく女性にとっては体力が必要な全身運動だから、そういったところを事前に ね、調整するだけじゃダメで鍛えておくように指導するのです。
> そんなかんじのいきやすくするための必須項目って、いくつもあって、
> 他にもあって、それらをよくしていくと、それに比例してセックスの快感がクリから膣全体になっていっ て気持ちよさがレベルが段違いになるって、体験している女性はみんなそういってますよ。
[PR]
by body_revolution | 2012-02-02 01:14 | Comments(0)