人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

整体の師匠から昨日だが、ものすごいいいことを聞かせてもらった。
詳しいようなことはネットだと不特定多数の人が読まれるので、内容を誤解されたら危険だから伝えられないのが残念でしかたがないのだけど。
昨日の昨日まで、僕が長年に渡って疑問だったことが氷解したのです、

性的サービスをするところで働いている女性は、容姿も整っていてスタイルもいい人が多いようです。僕はいったことが正直ないのですが、お客さんがつかないとお金にならないので登録していても実入りが悪すぎると辞めていくしかないということだから厳しくもあります。ただし実入りが多い人気の女性であったとしても、なかにはどうも虫の好かないようなお客もいて、そうなれば生理的な拒絶反応がでていってしまうから、ひどく後々まで心も体も疲れが抜かれない。不潔な相手も嫌で仕方がないが仕事だからと底はそこそこに我慢もするのだけれども、人として小馬鹿にさげすみながらされるような客もいて、そこには悔しくてと唇をかんでいたような体験を聞いたことがあった。


そうなると肉体的には濡らさなければ相手に満足感を与えていけないから条件反射として性欲をふりしぼって体をその仕事へ順応させていこうとできるのだけれど。肉体は、開くことはできたとしても、ルートチャクラ(Root Chakram)と言われる人に活力をつけるために周囲の大気から気を取り入れる中心部分の取り入れ口が性器と肛門の間の会陰にあるのだけれど、そこのチャクラをきつくきつく、きつく、締め付けて自分の中に取り入れたくないと感じる不浄なものをシャットアウトしている。それは性的生活に不満な女性は、普通に誰でもおこなうようなことだから、つらい性交痛がある女性にも同じことが起きていてしまってもいる。それはというものは気の感じ方を鋭くできるような僕らは、それは目に見えていない現象であっても電気や磁力と似たかそれ以上に人のエネルギー体に関係するといったことはわかるようなものだし。10センチ以上も遠くにまで会陰からルートチャクラのエネルギーを吸収しようとする流れがあるかどうかは感じ取れているから。会陰自体には手を触れなくても、ルートチャクラの開きがあるか閉じているかは暗黙的にみてる。だから性的生活に不満な点があれば周囲からのエネルギーを取り入れる口が閉じているから、周囲と気の交換ができづらいかできていなくなってしまうから、そういったようなことから友達や彼などがいても孤独感や他との一体感の混じり広がる感じがいけてない感覚を置くに持ち続けてある。そういったようなことは、僕だって勉強したものだから、エネルギー的に気で一時的にルートチャクラの力を強めたような操作をしてもすぐにそれが閉じるから性器にいれた指で膀胱と膣との癒着を剥がしたり恥骨の骨膜との癒着を物理的な乖離をあったりすることで、格段と言っていいようないいルートチャクラの開け方をしやすくしたものだし、それに会陰部からの呼吸法のようなものを特別な工夫をその人に見立てて宿題に出していったものだから、以前には苦痛だから逃げて行きたいという性生活、またはもっといいものだと思うのだけれども思うにまかしてもいきづらくてといった女性にも変化があったのですといった、喜びの声を、ほとんどの女性から得ることになったんですが。

だけれどもセックスのときの感じ方の話を内面の感じたことを聞いていると、不安感やストレスや心配が拭えていって生き方の感じがその後に決定して変容するようなことには遠いいといったことを感じざるをえない。喜んで話をしてくれているような場で、空気を読めないような言葉は絶対口にすることはしませんし、共感して、明らかに以前のクリだけで奥は痛くてつらくてといった感じなんかとは違ったところに、今はいってるんだから心底僕だってうれしくてしかたがない。だから、それで、すごいこと感じてうれしいよね、僕も役に立てたからうれしいんだよと、心から喜んでるんです。
でも、こちらはセックス中に巫女が神を身におろしたかのような、口ではいいようもないような女性にであえていたことも手伝い、どういったことかまだ自分の考えがでかくなってないようなこじんまりした小物のように感じられていったことだったのであったからな。それは、僕のなかが重要なものを見過ごし続けているといったこと


そんなときが続いていったのだったけれど、師匠がルートチャクラのオープンでは足らなくてそこにこだわっては他が見えなくなるから、もうちっとばかr広がった見方に徹していくといいと助言をしてくれて、考えるよう促してくれながら電話をきる間際に、しっかりと正解を教えてくれた。ルートチャクラの部分と他の部分も捉え直していって、そしてそれの両方をつなげていくのも技量が必要だというが、つながっていかないと性生活の感動も、大地からの気の取り入れや交流も少ないままだといわれ、唸らされた。


話を続けて、僕の蔵書を知っている人だから、あの本の、この言葉をキーにして探せばもっと詳しい内容が書いているみたいなんで目を通せは勉強になると思いますといってくれ、合わせて新たなそのオープンすべきものへの独自の深い工夫をこらしたものの修行法といったものまで教えてもらえた。今は理由があってその確認ができるような状況じゃないんだけれど、本当に腑に落ちた。僕だった同じ本を持っていてマジに読んだつもりだったし、僕だって相応な理屈を大事にするから本読みも深読みもしているつもりであったのだけれど。まったく指摘されないうちは気付かなかった。本を読む前にすることとして、すでに本に書かれてあることの大半を自分の頭で考えだしていなければ何回読んでもダメだ。だからタイトルや項目をみて先行して頭のなかでどういったような感じのことを書いてあるかを読みきってから読まないと身につかないって言うことに気づいた。そうすれば駄本の内容を鵜呑みして危険に身をさらすことだってなくなるものだ。そういったようなところを突っ込まれて指摘されたようなわけではなかったのだけれども、いいことを聞けたし強くなれる方法をきいたようだった






さっき、ときどきメールをくれる女性からの問で、ヒントくらいちょうだいといった内容でした。

直に僕に会える人は、質問してくれれば答えることはできるのだけれど、やっぱし、土台が言葉でどういった感じかとかどういったような内側の気の利用や鷹揚をしてゆかねばならないとかなども含めて、文章だけで誤解なく伝えられるようなことは難しいんじゃなかろうかと思える。

2つのもののコードを通電するかのようにつなげてといった、わかったかわからないかといったようなことも、僕がやってみてそのエネルギーの途絶えた流れの中継を肩代わりしてあげれば、、頭でじゃなくって体で悟れるようなもの。実際の所、頭を、特に左脳を走らせたらドーパミンだったり脳内の快感物質を出せないようにせき止めるようなことに及ばれてしまい、けっしてこのようなところの仕組を自分で分析的に詳しく追求するのがいい結果を産むわけではない。かえっては、行為の最中で論理的な思考が働いて快感物質を止めてしまうような癖がついてしまっては、いいことはないのだから。男性には少しは知っておきたいところだといいたいのだが、。。。

僕は気功についてとかは相当に勉強してきたところだけれども、チャクラといったヨーガというかインドの方の知識については一般の方と比べるなら詳しいのだけれど、数十年も修行をしてきてものを熟知しているようなことではないから、もしかしたらヨーガ関係の人達で高等なレベルにまで達しているような人にとってみたら、僕が気づいて驚いているところなんか、常識だと思っておられるようなことだってあるのだろうか。


だからもしかするとだけれども、チャクラの秘伝中の秘伝のようなものにまで知識がいってる人ならば知っているのかもしれない。そんなようなことだから、知っている人にヨーガの行をしている賢人がいたのならば、教えていただけることだってあるんじゃなかろうか。


ただあと一つだけ言えることは、僕もチャクラについてかかれているような本たちのほとんどは目を通して入るのだけれど、そこを語っている本は皆無だったようだ。だから本によって知ろうとするよりも、ヨーガの先生などへ直接的に質問を投げかけたほうがいいのだろうかと思う。

by body_revolution | 2014-05-23 13:14
メール回答を、ブログネタとさせていただきます。



○○○○○○○○様


整体のセックスプレゼンのブログ主です。メッセージをありがとう。

まずは
> 1.女性は年齢によってセックスの時の満足度が変わりますか(と思われますか)?

> 2.男性は何歳くらいまでセックスできますか?

いいセックスをしてきた人と、ネガティブな印象を強めるセックスをしてきた人とでは、大きく開きが出てきます。
○○○○○○さんは、今は、しあわせな気持ちでしょう。満足度はあがりつづけるんじゃないでしょうか。


僕は、基本的に気功に興味があり、そちらでは房中術というセックスをしていくことで
不老ということを目指していくというアイデアがあります。
やり方次第、考え方次第で、男女ともに体の衰えを食い止めて安定させるようなこともできるはず。

セックスをするときには男女が火と水の関係で、火として男性が暖を強め、その火の力が水に伝わり熱く熱せられることまでは時間がかかりますが、火のように一瞬で消えてしまうということはない。
そして熱湯となった女性の熱が、今度は男性に熱を渡していくといったやりとりの交接がめぐるように工夫をこらしていくといったことが僕が教えられた房中術での秘訣であって

そのような熱の明け渡しが<<気>>と呼ばれたりもするし交互に男女のあいだを回転するかのように行き来するならば、
セックスの満足度も年々増していくでしょう。
肉体的な電磁気的な男女の陰陽バランスの違いを合わせて統合させて行かれるようなら、別段、房中術とか難しいテクニックを駆使するようなところにまでこだわらなくてもいいだろうし、そんなところで体を合わせてみて相性が良いとか悪いとかを感じ取れるもの。

そして子供な感じの相手の肉体を求めてばかりの肉慾が先走ることから離れていき、受け取ると同時に与えていくといったところで、感性が磨かれた大人になっていくと思えます。
自分の性的な役割をわかって、積極的に貢献していこうという気持ちが損なわれなければ、セックスレスには互いになれないでしょう。







男性はセックスをするときに腰の引きがうまくない状態で腎を痛めて、できなくなりますから、現代のセックスレスに陥るような男性は、そのようになることが無自覚であったとしても陥っていることですが、
相応に現在お付き合いの男性がそのような力があるようでしたら、持病でなにか潜んでいなければ
「いけるところまでいける」のではないでしょうか。
女性の中に挿入していくときは優しくデリケートに扱わなければならず、なかから引き出すときにうまく女性の膣の力をからめさせて子宮口に吸盤状についたペニスの先っぽを意識させて引き出して抜いてといったことの繰り返し、繰り返しですから。デリケートに挿入するときには力を男性は無駄に使わずに脱力でいれて、引き抜きざまには力を大腰筋というところだけつかって引き抜き。そんな呼吸のリズムに合わせて緊張と緩和を意識してダンスを踊れるような感じだろうか。

僕の先輩の施術家なんぞは、ある程度の年齢までいっているんですが、セックスしたら若い女性も離れられなくなるという自慢話はまんざらうそじゃないです。誇張でもないです。
そういったセックスだと女性も疲れずに長い時間楽しめるんです。失神はするかもしれませんが気分が悪くなって起きることではないものです。

そして日本人の男性ではそのような本来のセックスをするときの性反射がそういった体の使い方となっているようにできているが、それができなくなって押し付けざまに自分の腰上にある腎臓を痛めたり女性の性器を壊すようなことをするので、もしかすると多分に外国の人のほうが自然なセックスはできているんじゃなかろうか。
僕が日本人以外の女性と付き合うようなときには、そういった印象を受けることがあります。

そうであれば4年の○○○○○○○○さんのブランクも、うまいこと取り除いてくれることもできそうです。



国民性として、日本人とフランス人との違いは大きくあるでしょうから、
彼が日本人の婦人と暮らしていたとしても、やはり文化の違いは大きいでしょう。


彼側とあなた側と、どちらがすり寄せてやっていくことになるだろうかといった側面は、
現実的に熟慮していかなければならないのですから。
そこが想像できて明るい未来が描けそうならば。










がんばって悩みぬいて結果を出してください!




> 3.自分でできる身体のコンディショニング・エクササイズの参考書(のようなもの)の探し方

> 大病したことはありませんが、漢方で言うところの気虚タイプ(でも精神的には強いそうです)、家系は母方が癌家系です。料理は好きなので、薬膳も勉強したことがあり、今後は食関係で自分でビジネスを立ち上げる予定です。
>
> ヨガは好きで、呼吸が深くなるので自分に合っていると思います。あとストレッチポールも大好きで、猫背はだいぶ良くなりました。でも、もともとスポーツする習慣がない人生で、まだコアが弱いと思います。彼のことももっと喜ばせたいですし、どんなエクササイズをしたら良いか知りたいです。


^^
僕がアドバイスをさせていただく前に、ご自身で完結しておられるような気がしますが。

ガン体質は心の心因性から、というのが僕の持論です。ストレスを抱え込み、何事もほどほどで自力任せを強くしすぎたり自分の内側で抱え込んだ悩みがあれば、喉の奥の突っかかった感じを消してください。

あとは身体的な面で観れば癌になりやすいタイプの方は、上部胸椎の後屈や左右屈が起きると胸腺の免疫物質の排出が異常化したサインで、気づかぬうちに身体の深部が冷えていて血中酸素の二酸化炭素の含有率が増えてきます。必ずそうなっていますから、自分でモニターできるようにしていけると理想なんじゃないかと思います。

そうならないようにするにもストレッチポールでの上部胸椎のごろごろはいいです。
特に十字架のような感じでポールを背中の脊椎に対してばってん(✚)になるようにして下部頚椎から肩甲骨下部ぐらいまで、週に一度程度はごろごろして伸ばしておくようにするといいかもしれませんね。

性的なエクササイズでということでしたら、あまり文章で伝えられるようなところではなく直接体を観て指導していかなければとなるんだけれども、ヨガをなさっておられるならば、アシュタンガ・ヨガのような心肺機能強化があるものを無理ない程度でしてみると良い結果がだせるっていう人もいたかな。



最後にですが、ブログに載せようとは、まったく考えていなかったのですが、癌の項目をみたら、載せてみたほうがいいんじゃなかろうかと思えてきました。
メルアドや名前と年齢等をざっくり省略させて誰だかわかんないようにさせて頂いて、載せさせてもらいますね。


人生の岐路にふさわしい判断ができるよう、祈ってます。
by body_revolution | 2014-05-12 04:20
最近、女性から多くメールをもらうのだけど、返事が遅くなることが多くごめんなさい。
そしてですが、改行をしてくださいというもっともなご要望ももらいました。つい時間がないと手を・・・、あまり推敲もせず投稿するところも、悪い癖なのだと反省します。



女性が性的な取り組みを積極的に考えることには、どういったことなのだろうかという問いかけがありました

関心を抱いたきっかけは、それぞれの女性ごとに思ったところがあったからです。ただ女性が、自分を磨くためにはそうすることが役立つと考えたので取り組んでいるということは間違いない。セックスできれいに変わることは、目の前で起きていることを目の当たりにすればそう思うし、セックスで女性ホルモンバランスが整えられていって健康になるというところもある。








セックスのときの作法ではないが、自分基準でやっていては和心<わごころ>を噛み締めていくような余裕ないところにいたとしても、それには気づいてなおすようにといった機会がない。
意外なことだと僕も最初感じたのだけど、女性が男性をいかせるような凄技を工夫して身につけていき、僕がそれを受け取ると、気持ちをもらったように思えて、ありがたく感じていける。どこか滝川クリステルのいっていたように、おもてなしの心が伝えられるような大人のふるまいをして受ける側も一心で、贈る側も一心でといったことを差し出ですることのようなときに備えるために、僕は大人の細やかな気持ちを表現できる女性が前向きにしているんだと思う。







僕にもプライドがあってエッチな本の間に挟まっているセックスの超絶技法のようなもんをドキドキして読んでたが、それを直接的に人からお前はどうやっていてそれだからダメだといったダメ出しがされそうなところに行くなんて、考えただけで背筋が寒くなる。ただ男側でも、講座などで学ぼうと思えば最近はでてきているようだが。。

僕は男はセックスに対して単純で、男がリードしているようでも、裏で女性が導いているものだろうかと思えている。女性の性的興奮や反応といった手のひらの上で転がされて、果てるときほどうれしいものはないんじゃない。女性がセックスをするときの手ほどきといったものを受けて、自分がしていったらどうその場が変わるかに気づき足りないものを足してセックスでも自分の試合に持ち込めるゆとりを持てたときに、クライマックスが画期的に違ってくるんだと思うんです。




男性が頑張って房中術学んでもいいんだけど、女性の体にほとんどの神秘的な力が宿っていて、男にはそれがあまりにも乏しいから。だから、オスがメスを見分けようとするときに、自分の遺伝子を残したいから視線で見て、メスの首筋がきれいとか脚のアキレス腱が細くくびれてるとか腰のウエストが細いとかが、子宮や膣の締め付けや丈夫さがそちらに象徴されて現れているといったことを本能的に感じれば、そういったところでもメスを選ぼうとする基準をもつことがある。だから施術で女性の首筋が細く長くしっかりとしていくようになって膣がその首の張力で縦に伸びて内部血行が潤沢になると元気なセックスができる準備ができてるということだし、肩が左右の高さがなで肩で高さが左右が地面に対して並行で整えば、子宮も立ち、卵巣をつるための糸が肩口から来ている関係で卵巣の位置もよい。肩がなで肩で落ちてくれていないと卵管が、持ち上がった側の肩のほうが上に引っ張りあげられているから、卵管の管が細まって排卵するときに排卵しづらいだけじゃなくて、そうやって排卵した卵子が痛むような圧迫を受けて絞り出されてしまったことで押し出されているので、それでは胎児に悪影響があるといったこともある。そうであれば、そこを整体で調整を施していくことで軌道修正していけばいいのだし、施術だけではなく、別にも体を整えようとすれば方法はいくつだってあるものだ。
よっぽど大変だというときは専門家に見てもらった方がいいときもあるが、そうでなければ、自分でヨーガしてみてもいいだろう。体をシンメトリックにするためにデスクワークのときに机に鏡を置いて、姿勢が良い時だけ自分の顔が写って。写った顔もしかめっ面にならないように微笑む練習をするとか。
自分で苦労して工夫した人のほうが戻りがないから、自分なりのやり方を編み出してほしいと思います。



縁があり彼氏募集中の女性に性的な特訓をしていくと、骨盤底筋群も最良の調整を毎回施せて、効率よく体が整い出すことにもなりやすいので、首が伸びて腰のくびれがでてきて、となれば目ざとい精力的なオスは、見つけるし、草食系男子も引きつけて行かれるような、なにかをかもしだすこともあるようで、彼氏ができましたという報告をうけとることがあります。
趣味で膣トレをしてる女性もいますが、気の使い方ができていないとそこだけでは十分じゃない。この気功での気を巡らすことができるようになっていくと、惹きつけていき、相手をほんわかさせてとりこにすることに手が届いていくのだろう。
そのようになってから女性として、男性を幾人か体験していき自分に一番ふさわしいと感じる価値観を持った人を選べるようになる。高嶺の花と思えるような男性からのアプローチもあるだろうが、動じることもない。

いまどきの女性でセックスをするための筋肉を、これまでもかというほど繊細に使えるように日々の訓練をしてセックスに準備を怠らない女性は、多くの女性の中でも3%もいないんじゃないだろうか。そのような女性に出会えれば感動するのは必至。性的な手ほどきも、女性が自分自身を磨いていくことのひとつのやり方だから。。

実のところですが、性的に自信がそれほどないと自己評価をしてくる女性が、僕のところにくるのがほとんどのことです。自信がありあまる女性で新技を開発してますという人も、なかにいるが、少数です。3人もいない。
ほとんどみんな、どこかにセックスでは苦手意識や、やり方に戸惑いながら、これではいけないからどうにかしたい。
事が事だけに相談をしづらいんです。
もしもパートナーが理解ある人であれば、そこで話し合えればいいのですが、男性へ面と向かってつたえるのは相手を傷つけそうだから言えない。そこで苦しむのです。








男女ともにセックスでの作法を極めていけばいいのだがと思います。
健康になって開運まで突き抜けていける。宝くじを買ってしあわせになろうというよりも、着実に気分の良くなる自分に出会えると思いませんか。




不謹慎極まりないかもしれないが、羞恥心が芽生える前の3歳のころから、こういったことを教えていければ、どんなにいいだろう。三つ子の魂百までといいますから。3歳の幼いときに戻った気持ちで、取り組んでみたら、抵抗も少なく取り組めるだろう。そういう世界も悪くないじゃやない。

僕の整体の師匠も、整体も大事だけれども、整体だけじゃ、モグラ叩きをしているだけでしかないといいます。根底にある不調に陥る現実的な原因をみていくにつれ、目隠しされたものを取らないと。ものがいくらあっても心は満たされない。表面は盛り上がっていても一人になると寂しくてハッピーになりきれない。心からの相手を気遣っておもてなしを受け取る器量と贈る主の懐の深さとが、そこに無ければならない。


たとえ性的な行為自体に対しておもてなしの技を磨くことがなかったとしても、こころの持ち方だけを変えてみても十分に気の流れが変わってくると思います。
この間は電話で師匠が、心を変えるきっかけを渡すことが施術で体を治すよりも長く体を凝らせなくすることができるといっていました。
by body_revolution | 2014-05-06 09:39
女性がオーガズムを感じたときに、体にでる反射といったものには、いくつかの特徴的なものがある。

その例をいくつかあげていくようにすると、瞳孔の開き具合についてや、呼吸のテンポが横隔膜の痙攣性の特徴的なペースに移行し、のけぞっていくような。

言葉でこれらの反応を伝えづらいから勘違いされて失神させられるような危険なことになると悪いので詳細は書くのは控えたほうがよいのだろうかと思いますが。

感じすぎてのけぞるっていうのは、のけぞって痙攣しだすようなことは全身性のオーガズムを感じていったときの脊髄の両サイドの反射といったもので、まさに足の裏や足の指先からふくらはぎやハムストリング筋、仙骨裏の部分や腰方形筋、脊柱起立筋、そして菱形筋や頸反射の強烈極まりないものがでてくるときに、周囲に神聖なオーラーのようなエネルギーがほとばしり発せられていく。そのオーラの色は強烈だから僕の肉眼では、女性の性的な反応が性情に出てくれる方のときは、仏像の背中にあるような後光が放たれているような瞬間がみえて、こちらがありがたくて失神しそうになることもあるようなほどのことを、今まで数少ないけれども感じたことがあります。そのときに女子は意識が別の世界に飛んでいって、奇妙だが懐かしくうれしくなってしまわれるような一瞬の旅をしているそうだが。その一瞬であるはずの時間が、半月や、一年や、十年のときの長さほどの心が安らぎ包まれるような経験ができたという。それは絶対に男には感じ得ないような深層にまで意識がダイブした僧が悟りを開いていく際の過程のような時間の伸び縮みが自在に作られてしまえる状態だろう。そうしてこうなる反射が女性が起きるときにだけ、仙道などでいわれるような裸のままで接触をしている男性も女性の波動のようなものに共に包まれることで、男の意識が共鳴して同じような状態を感じる。むろんのこと女性が感じるほどの強いものを感じたら、息の音が止まるから、女性の数百分の一程度の減じられたような快感になるのだろうが、それでも信じられないくらいに神聖な気持ちになっていき身心の汚れたものを浄化させてもらえるような力がある。ここまでいくと性器同士の接触している快感といった局所的なものではすでになくなっていて、女性は全身がクリトリスになった感じという人もいたし、背骨まわりがカッカカッカと熱を帯びていって別物の生き物がそこで活動をし始めているかのようなクンダリーニといったものが立ち上ろうとするような反射が起ころうとしていく。ただし急激にそこまでいくのは身の危険があって、女性の体がそれを受け入れるようになっていないようであったならば、わざとそこから先にいかないような方向に向けて女性の体をなでると、そのような反応が急速に冷めて平静を取り戻していこうとしていく。今の時代では、これもこれ以上にまでいっても大丈夫だろうということは少ないようになっているのだろうかと思うが。本当だったら、そこからそのまま先に、かまわず進んでいけばどうなっていくのかを見たくてうずうずしてしまう。

そういったことが起きえるための下準備の初歩の初歩であるのですけれども、このような感じる際ののけぞるといった反射が起きなくなってしまっている女性が非常に多くなっていのです。ねこ背、アレルギー体質、貧血症、便秘気味、その他、背骨まわりの兪穴の状態が悪ければのけぞったとしても、上下や左右がちぐはぐした感じのよれよれしたのけぞりしかできなくなっている。だから以前にバレエをしている女子で、こののけぞりができるような美しいバランスを考慮した動きを取る練習をしていたからだろうか。僕が、それほどのことをするようなこともなく、一人で、自分の体のいくための身支度を内部的になされていき、10分も呼吸をみながら出し入れしていただけで、ものすごいことが起きた。そういったような経験から、体が理想的でかつ機能的になっていることがオーラを放つほどの美しさに包まれるには、基本なのだといってよいのだろうと思う。
だけれども一般的には、椅子での長時間の座りながらの仕事で背中の上のほうが凝りだしていたら、もうこのときののけぞりの反射は理想的には置きてはくれなくなってしまう。胸の詰まるようなストレスがあってもよくなくて、いつもの姿勢が和服を凛と美しく着こなせているかのような小股の切れ上がったいい女でなければ難しくなっていく。首は細く長く、環椎も理想位置にあるようになっていなければ頭に気が登ったものが帰ってこれなくなるから、行き過ぎたらえらいことになる。そういったようなところでいうならば体が正しく整えられていったものでなければならないというものです。

メールで僕の方に性的にいけるような体をつくるときにはどんな宿題をだされるのか教えてくださいという女子高生の質問があったのだけれども、体の調整をしてその人、その人の体の特性を見計らい必要な課程を考えていくものだから一般的にこうだといったようなものはないのです。前述したバレエダンサーの女子ならば、呼吸と骨盤底の動き、ある気功のエクササイズをいくつか伝えただけの2度で、もう卒業であっけなかったし、逆に一流企業で責任の重い仕事をしていて神經がすりきれるほどの女性は、卒業があるのだろうかとどこで手打ちをするかと考えあぐねてしまうしといった、その時、あなたにとって必要なことをというもので、そうすることが一番適切で上に進むための無駄やむらがない早道となるのです。

ですがのけぞりが、基本、どう起きるかが見て取ることは必須で、
赤ちゃんの足の裏の底屈した箇所をとあるような方向に軽く触れるかどうかのソフトな感じになでると瞬間的にこの、のけぞりの理想形が足裏で何かをつかめるんじゃないかというほど指先が伸びてバレエダンサーのトゥーシューズのなかの足のようにいっちょまえになってくれて、背中や首筋もつまり感のない、背中全体がずっとずっとずっと伸長しながら呼吸の息を吐く一回ごとに縮み快感で上りつめようとしていきます。すると楽しくなった赤ちゃんはキャッキャウフフフとご満悦になる感じです。その実、相当に男の子だったらピンコ立ってるし女の子もちっちゃく立ってる。

そういったような赤ちゃんだってできること、または自分が赤ちゃんだったときのほどの柔らかさと屈託の無さをもった体に生まれ変われることで、究極の快感は出てくるものなので、そこから遠のけば遠のくほどにのけぞらなくなっていってしまう。だから整体での施術では、赤ちゃんに近しいような筋肉にしていかないとこれは届かないようなことだから、普通の施術ではそれは、そこまでは程遠い場合が多いので、そこまでいかれるようなことは僕が知るかぎりはほんとあまりみたことがありません。僕の施術ではそれが文字通りできるように近づけていくのに最高なものだから、それをベースにしていって性的なレッスンが組み合わさっていくことがあれば、実に効果的ですから、セックスにいきづらいと苦手意識がある女性でも少ない回数から実感できるような大きな変化が見れたという場合が出てきて自信を付けられています。
by body_revolution | 2014-05-05 05:57

コメント なるみさんに

なるみ at 2014-04-26 18:49 x
私も最近整体の先生が好きになっててもっと親密になりたくて毎週1回通っています。
最初はなんの思いもなかったけどいつもすっきりするほど一生懸命してくれるのもそうですし、真剣に施術してくれる姿勢を見てもまじめな人だなあと思うようになっていつの間にか先生が好きになていました。
私だけにそうしてくれるんじゃないとはよくわかっていますけれども・・・。
先生の施術を受けていたらなぜか先生のズボンの前のほうが気になって頭が痛いくらいです。(泣)
私からひそかに誘って見ようかとも思いましたけど断られたら心に傷になるかもとして迷い中です。
ミリンさんはどうやって先生とセックスをすることになりましたか?
うちの先生は30代中半の穏やかでかっこいい人です。
整体院でセックスが困るなら私の口ででもしてあげたいのに・・・。
好きな人の精液だから・・・。
こんな悩みする私が情けないともかんじられますけど。
revolutionさんも女性のお客さんに好かれたこと多いでしょう。
私の場合ならどうすればいいですか?


整体院に週一だと、通ってもらえるほうはありがたいけれども、費用がかさんでたいへんじゃないかなと。変なところで気を回してしまいます。かえって月に2回位にしておいて、先生の好きそうなものをリサーチしていただいて小物のようなものをプレゼント(食べてすぐ亡くなるものはダメです)してあげたほうが、思いが伝わるんじゃなかろうか。と、勝手な僕であったらばという、リクエストを書かせてもらいました。
実のところ、一番僕なんかに響くところは、施術家としてリスペクトしてくれているような、日頃にあの本を買おうかなと迷うよといっていたようなものを贈られると、僕も、または僕のような真面目な施術をする先生たちは、一瞬のうちに持っていかれるようです。
ただしそんな贈り物をもらえたということと性的関係を持たせてくれるだろうというところとは、意味合いは違いますからそれとなく携帯メールアドレスなどをしおりに書いておくとかは、いいアイデアじゃない?

男性の施術をするものの中には、施術の流派にもかなりばらつきがあるものの、セックスの仕方で絶頂をむかえさせるのが一般男性よりもはるかに得意という場合も、一部ではあるけどあるから。
すごいことになったら、後日談を教えて下さい。



> ミリンさんはどうやって先生とセックスをすることになりましたか?

ミリンさんとは、僕は面識がございません。^^


残念ながら、セックスも、施術も、させていただいておりません。
どうも、いまだにとても清いものです。
by body_revolution | 2014-05-02 08:45
ミリンさん

コメント、どうも^^

僕のお客さんの女性のなかには膣にマッサージを加えるといったものがあるようで、それをしてみた、という方もいたりするので。

女性性といった、女性の性的な機能を向上させることが、昔よりかはずいぶんのところ積極的になり隠し立てするより前向きになってきた現れなのだろうかなと感じてやみません。昔じゃあ、考えられないでしょうけれども、正面を切ってそうしていく必要があるからだと思えるのですが。

あまりにも座りすぎの仕事やヒールのある靴であるかないとならないとかで体が疲れていたり、職場や家庭での対人ストレスや呼吸器の機能低下で緊張しやすかったり、男女ともに欲情はするものの、セックスすると次の日が足腰や首がつらくて置きられないようにもなってきてしまった人が増えていったから。男女でセックスをリードできるようなパートナーがいればいいけれども、どちらもうまくはいかなくてとなると、どこかで学んでみて手ほどきとして受けたり、擬似的なことを紙芝居でつたえるとか、、、今はPowerPoint?かな、で動物的な喜びを得るための方法を学ぶべきでしょう。そういった感じの行動が、男性と比べれば女性のほうがはるかに積極的で真剣に取り組んでいるといったところであって。だから真剣な人に、不まじめに接したら怒られるかキレられるか、呆れられるかなんじゃなかろうか。それに真剣に聞いてくる人は印象がいいから親身になることができて、いい時間がすごせたといった充実感があとに残るものなのです。

性的な手ほどきと言いましても僕の伝え方がエロさをぬぐって技巧的な用法をお伝えしすぎるせいか、着付けの教室に通って稽古するかのように前回のことを忘れてないかとか覚えるところがけっこうあるし、特殊な性交を深める呼吸の練習とか自己マッサージとか宿題が出されるときもあるから気が抜けないんじゃあなかろうか。やってくれないと、バレるから、そうなったらいいわけ聞かないといった雰囲気が醸し出されているというので、一部の体が整えられている人は、講義で十分だから、それ以上はしないで済ますが、体が性的状態にも自信がなくてとなればみなさんが考える以上に研修でも受けているかのようで、やりがいあるんじゃなかろうか。それはそんなに長期にわたる手ほどきにするのは、ミリンさんが感じていた付き合いへと移行してしまいやすくなって、こちら側も別れがきつくなってきて、ずたぼろに僕の心がなるのは、、、だから長期にはならないようにといったことで、つたえなきゃならない内容がぎゅっと圧縮してつたえてるようなところもあるので。だから学ぶのも浮かれ気分じゃついていかれない。
これですべて終了というと互いにやりきった感があります。性的機能を向上させていってそれを使いこなせるような体使いを学ぶことには、僕は表舞台にたてるような場から離れているものでありえませんが、他の人達が取り組んでいって指導教官をしていったりする時代に入ってきているんだろう。

寡黙にしてときどきささやく感じといったようなことであれば、好かれたりするのだろうか?だけれどもそれは、僕のやろうとしていることの趣旨と違う別物になるから、ありえないんでしょう。だから、ささやかれてされるがままにされてということを前提だと勘違いしてきてしまわれた女性は、「「今日覚えるポイントは5つです、修得に向けてがんばろう」」と僕がいった瞬間に、別の意味で固まってるようです。
by body_revolution | 2014-05-02 08:23