カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タントラヨガという、性的なつながりから悟ろうとしていく方法をしっているでしょうか。

幾度かメール交換を繰り返している女性がいます。
それで20代の女性からメールで質問を受けたのですが、単純にタントラヨガで男女が交わっているやり方を示した映像を見るだけじゃあまり深いような意味が理解できるものじゃない。それだったらカーマスートラのような、セックスの体位等を純粋に研究していったほうがいいだろうと思うんですがいかがでしょう。
で、推薦図書として次の本を挙げさせてもらったんです。


いちおうですがAmazonのページに飛べるリンクを貼りました。

運命好転の法則 ←Amazonのリンクでジャンプします

内容(「BOOK」データベースより)

スピリチュアルとヨーガの聖地・インドからやってきた若き運命マスターが、インド古代から伝わる運命をつかさどる光・音・アイデアの3つの秘訣を使って運命と人生の神秘を説き明かす。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

アマン,アチャーリャア
1973年、インドのパンジャブ州に生まれる。幼い頃からジョーティッシュ(インド占星術)やヨーガなどスピリチュアルな事柄に接し、インドの伝統的なスピリチュアル教育である「シャストリ」の課程を卒業。1994年、パンジャブ大学インド哲学サンスクリット語のMA大会で金メダルを獲得。1999年、マハーラシュートラ州アムラワティ大学において、MBAを取得。その後、インドのリシュケシュにあるシヴァナンダーアシュラムで「ヨーガ・ヴェーダンタ・コース」を修了。ヨーガニケタン・アシュラムでインストラクターを務める。2004年に来日

松井/広美
1963年生まれ。17年間アパレルのパタンナーを務めながら精神世界を探求し、気功を学ぶ。退職後、インドの聖典に興味を持ち、ヨーガ哲学を学びにインドへ。修行旅行でアチャーリャ・アマン氏と出会い、哲学の手ほどきを受ける。現在は、ヨーガ哲学の指導を行いながら、日本でのアマン氏の活動をサポート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




占星術研究家のインド人が書いた本ですが、タントラヨガについては後半の方にあります。
出版社が主婦の友というまじめなところですので、エロい内容じゃないんで、そこは理解をしてくださいませ。

生きるということの生と、セックスをするときの性的なつながりは、両者とも神がつくりたもうた清濁などあるはずもないもともとが神聖なもの。それを世俗の性をはしたないし破廉恥罪で、そんなことばかり考えたがるものはばか者で価値の薄い人間でしかないと洗脳する大部分の聖人君子や先生や親たち。その考え方は、しょうもない話で、かえって自然界の成り立ちを受け入れずに屈折させてしまう人間をつくりだす結果を出してしまったのは、部分、そういった者達の偏見がするというものだ。諸説あるが、僕もそう考えていて、性的行為をしていて学び覚ことに、人間の人間たる所以や、そちらを求めてあえて進んでみるというルートもあるんじゃなかろうかと思えてならない。それは男性以上に女性のほうがそういったようなタイプの火が自分の内側にあるって言ったことに気づかれていて、希求なさっているところが男性よりも純粋で大きいような気がしてなりません。そして本書ではセックスをするときは、女性が宝石で、男性は従者のようなものだと諭すところも理想だろう。女性の感受性に性的行為をしていて男性が勝るようなことなどありはせず、女性のオーガズムという神聖な意識状態に至るときに男性も女性同様に眉間に意識を合わせて同調することで深遠なる意識状態へといざなわれるといったような説明もなされていたという記憶がある。そういった見方から語ってくれているようなところが、僕が女性とセックスをするときに考えているようなことが盛り沢山に語っていて印象がいいのだろう。

そしてこの本を紹介させてもらった女性は、図書館に行って借りて読んでくれ、セックスのやり方なんかはまったく書かれていなかったけれども、読んでみて自分が性的に関心を持ってしまっていたことが恥ずかしかったといった思いが間違えていたというよう認められるようになったようだといってくれた。いつもはもじもじした感じで自分の欲求するところは隠し続けていかなければと思って窮屈だったところから、超深くセックスを試していくしかなくなった感じがして、そう思えたら力がわいてきたんですって。するといつしか自身の性癖とかやってみたいこととかを、あなたに聞いて欲しいということで書き記してくれたり写真が送られてびっくりしたし。はじめてメールをもらったときとは別人のように生き生きとした感じの語り口調の文面に興奮させられました ^^ 。ただ、そういったことを聞いて、僕もうれしくなったんで、今回、そのきっかけとなった本をおつたえさせてもらったんで。
[PR]
by body_revolution | 2016-12-11 22:56 | Comments(0)

割礼

ひさびさに書き込ませてもらいましょう。

時間がないので、書き方がぶっきらぼうになってしまうことをお許しいただければ

温泉に数人でいったとき、30代男性からちょっとした質問を受けた。

女性にあまり持てないからと気になっているようで、性格的にもいいやつで収入だってそんじょそこらよりもいい。だがあんまり女性の影がない。あまりにもさっぱりとしているのは、そういった主義なのかと問えば、そうでもないらしい。

温泉場だから、なにげに目につくのだがペニスの先っぽがしっかりと皮をかぶっている。そして、それはいつもなのかと聞けば、いつもだといってしゅんとしている。

そこで話をすり替えていったほうがいいだろうと思い”割礼”という宗教的儀礼を聞いたことがあるかと、質問をしてみると。それってなんでしょうかと初耳のようだ。

日本では耳にしない儀式だが、陰茎の皮を一部だけ切除するというものです。
包皮切除(割礼)なんて、やられたら痛そうですが、これって女性への思いやりのこころにもつながるんです。たとえば性感染症もおきづらい。それにエイズも、割礼をしているイスラム圏地域には大発生的な状況にもなってはいない。
細菌やウイルスが皮をかぶったところの下に温床となってしまい、それらの猛威が強まって環境悪化が著しい状態が作られていってしまう。ペニスの皮の下あたりは殺菌力など発揮する器官はないんで、湿度と栄養分と温度が最適に細菌やウイルスが増殖できる温床になってしまう可能性がある。だから衛生面を考えれば、日々、もし包茎じゃなくても、ごしごしと濡れたタオル等で消毒滅菌しておき、そんな状態にしてきれいにしておいてから女の人の中に入れるように心がけなということをいった。ぐさって胸をえぐられるようなことをいうようだけれども、そういうのって、やはり最低限知って置かなければいけないし出来て置かなければならないエチケットのようなものなんです。

その状況が常で、ときたま性交時にめくれるというときに女性器のなかにその細菌やウイルスの侵入をたやすくかなえていってしまう。女性器には殺菌作用が強い粘液等をだしているものだが最近の女性には、自己免疫力が弱まってアレルギーや呼吸器系の疾患を患っていたり、ない膜症や筋腫などの子宮系の問題があったり、様々な異常事態に陥っていて、そこに男性が細菌やウイルスを直接的に子宮口に送り込んで行ったらひどい目にあってしまうケースがときどきあるものだから、男性側がそんなことを女性に煩わせたくないという気持ちもてつだってするようなことが結果的に割礼。
むろん、宗教的儀式としてだけではなく生活をする上での知恵でなされるような儀礼のようだが、結果的に女性の体調不良がこれで減っていくのは事実です。

僕のようなおっちゃんに、ちんちんの皮をしっかり日々むくようにして性交時に備えようといわれたとしても心に響くようなものじゃないかもしれないけれども、素直にそれを聞き入れてくれた。年齢が行ってから、皮をかぶっているぶぶんを自分でむいていくようにするのは、かなりの悶絶もんだったようだが、実直にスケジュールをたてて少しずつむいていって、半年くらいすると脱包茎となったそうだ。
そしてそれから半年もすると、信じられないくらいきれいな女性と付き合うようになって、結婚にまでいたった。ペニスをピカピカにしてから女性の中に入れようなんて考えたことがなかったけれども、そういう思いでやってみたら、次もあってもらえるようになって付き合いが続くようになったそうです。もっとも、表面上、目の行き届きづらいエチケットのようなものなんです。これは、だから見えないところこそ手を抜かないことが大事なんでしょう

僕も皮のかぶっていないものの陰茎や会陰部などは、常識的に一日のはじまりでこっそりとウエットティッシュで、ゴシゴシゴシゴシ、ゴシゴシゴシゴシと消毒をしていきつつ汚れをぬぐいとっていくのが習慣になっている。朝寝起きのときが、その陰部周辺は一番の細菌の繁殖が強く増殖したときだから、そのときに叩けば、効率がいい。そうしないと、こころなしか気持ちの前向きさがくぐもるような気がして不快感が著しく。もちろんのこと、誰にもみつからないようなところでコッソリとしているんだけど、自分のためにでもあるけれども女性のためにというこころがあってそうさせてもらいたいからと真剣に考えていて、やっていて続けられる行為です。


ウィキペディアで割礼を調べて性感染症のところをみると次のよう
性病は、包皮切除をしていれば症状が発生しにくい。この原因としては「包皮が取り除かれ、亀頭粘膜が角質化するため」、「性交後に膣分泌液が包皮の裏に残らなくなるため」、「性器が乾きやすくなるため、ウイルスが粘膜上で生存する可能性が低減される」、「包皮には性感染症の標的となる細胞が多数存在するのだが、包皮を切除することによってその標的細胞の数が減るため」といった理由が考えられている。
[PR]
by body_revolution | 2016-12-06 09:03 | Comments(0)