カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧



先日のことだが、僕が知っている施術者が夏休みに僕がいるところに2週間ほど休みをとって観光にきていた。そのものは最近学んでいるというとてもめずらしい施術方法を見せてくれた。あんまし詳しいことは述べられないのだけれども、治療法としてもいい線をいっているといいっていい。腰痛や肩こりは言うに及ばす、不思議とも感じられるほどに、ストレスが強すぎてアレルギー症状がでている人が改善したり、僕にもそれをみていてなんで治るのかがさっぱりわからないのだが、とにかく数回もうけつづければ様々といえるような症状が際立って改善成績がいい。
ただそれだけでもなく、ぶっちゃけていえば別に性的な感情をもりたてるような施術ものでもないのだが、女性が生理痛のつらいものを患っていたり、更年期障害の症状に苦しんでいるような女性ホルモンバランスが乱れているときにもいい。その施術が効く感じかどうかをへんな見方ではあるのだが、生殖器の勃起がなされているかどうかでもみてとることができる。ちょうどそれは副交感神経という神経が優位状態になるときに無意識状態でもクリトリスが自然に勃起していたり湿っていたりすることがよくあることだ。

少し薄暗い部屋でヒーリング効果が抜群な感じの音楽をかけて妙齢の女性が全裸でその施術を受けている。それはデモンストレーションとしてつぶさに体に起きる変化をみせるがために、施術をしている女性が実験台的なことに名乗りを挙げてくれて、そのときに、施術をする先生からできるだけ薄着にして欲しいといわれたときに躊躇なくぜんぶ脱ぎ捨てて施術洋ベッドの上に横たわってくれたんです。

数分もその施術を受けていると女性は意識を一瞬にして失ったかのようでしたが、体を横向けにとか上向きにとか言う指示をだすとその言葉には素直にしたがうところから寝ているわけじゃないのだが、さきほどから寝息が聞こえてきているのが確かだ。しばらくもすれば、指示の声が聞こえて反応しようとしてはいるようだったが少しずつ体の姿勢を動かすのに重さを引きずるかのような動きにくさを感じているようで、体が痙攣を軽く起こしながうつ伏せに戻っていた。
そしてそれから片足を持ち上げる姿勢をとったときに、その女性のクリトリスが大きく皮が向けてしまうほどに膨張してパンパンになっている様子が伺えていた。別段それは性的な興奮をしているといったことではなくて、体全身への血流がいつも以上に格段に良くなっていることから生殖器といった自身の生命を維持するのに必須な部分への血行が十二分に確保できた後に行き渡るところに血が流れ充血した結果がそこにでているといったことだ。その部分の写真は撮影許可をしてくれた女性のものを部外秘ということだが撮りためていて、個人差もあったようだが、それぞれ各人が思い思いにその性器の形状な湿り気具合が変わっていた。そしてそのような状態になっているときに本当に親しい内々のことだからというのだが、勃起したら刺激をしたり等を試してほしいといったことをリクエストを受けることがあります。半分起きていて半分寝ているという瞑想状態をさまよいながら羞恥心は消え、過去のセックス体験がつらかったものがあったりしたらそのようなことのトラウマのようなたぐいのものもどこ吹く風のようになっていって、クリトリスの勃起すると同時に大陰唇などがぱんぱんにこれも肥大していって、子宮にも膣にもいつもではその女性では体験したことがなかったほどの充血をして感度が上がった状態での刺激を体に感じさせて純粋に性的刺激を楽しめる。それで今まで心的外傷で性交痛があった女性や性器の器質から問題がでて生理痛や性交痛があったなどの女性たちがことごとく、6~8回ほどそれをうけているときにすると、そちらへの改善成果がものすごいものがあると聞いて驚きを隠せませんでした。そればかりではなくて婦人科系の疾患などがなくてそれなりにしっかりセックスが気持ちいいと感じていた女の人でも、その施術を受けているときにされると性の快感に没頭感が強いため他の羞恥心等の雑念が一切ないといった集中した今までにない状態でやられることでいつもとは違った異空間であえぐような感じがするという。ただ一点だけ注意が必要だと聞いたのが、3人に一人はその絶頂に達したときにおしっこを漏らして失禁してしまうということにこりていて、必ず受ける前にトイレを念入りに済ましてもらうようにしているという。こういった女性がいったと同時におしっこを勢い良く漏らしてしまうときには、その顔つきを観ると女性の神々しさといった美しさの象徴というイメージといったものとは程遠いような野獣系の顔つきに変わっていることが多くあるようだが、そうなったときに快感度が飛躍しているようだし、指等をいれているときのそこの締め付け具合からはいつも以上に女体の本気度を感じられてやまない。




[PR]
by body_revolution | 2017-08-28 04:23 | Comments(0)

ただいま帰郷中 ^^

かなり久々ぶりの書き込みとなります。 


僕は、いま、施術を教える仕事で東京を離れています。
その仕事が忙しくて、

メールをくれていた方には、幾通かは性的なけっこう赤裸々な質疑応答をさせてもらっていたんですが、
ブログのコメントをくれた方には、ぼくが出張先でパソコンを使うとアクセス履歴がのこるので見れなくて返事等はかけてなかったんですよ。
そしてブログコメントの中には妊治療をしているという女性や他の複数名からのメッセージもあり、返事が書けていなくって、申し訳なかったなと痛感しているところです。


昨日から、約一年ぶりに3週間休みで東京に帰ってこれたので、会うべき人とあえて、最高に充実した東京ライフを過ごしています。


東京での施術関係の情報は、僕が今住んでいる場ではそうぞうもつかないほど、みんな、活発に動きまわって研究し続けていて、改めてすごい人たちばかりが集まっているもんだと思いました。去年では、まったく刃が立たなかった患者様の複雑で重い症状なんかも、各人が自分の仕事の研究課題だと真剣に取り組まれた結果で、ほぼクリアして、もっとよい体の状態を作るために今はやってっているところだといっていた。
僕がいたような地方に行くと情報がネットとかでしか手に入らないし、専門の医療書の立ち読みができて何を買えばいいかを知るための書店もない。ただ施術というものは文字や映像じゃ、まったく価値ある職人技の伝授なんてできるわけもない。だから、周囲の先生たちが進む速さが早くて取り残されてしまったかのようで、くやしいところだ。
また、そんな先生の中には、その施術技術をしている時にでも性的な刺激をすることで、女性の多くは体がそこそこ整えられてメンテナンスを受けているようであれば、ディープなオーガズムを確実に感じてしまえるだろうという不思議極まりないテクニックを身につけつつある者もいた。その先生も、もちろんのことその施術をしつつ性的刺激を女性にしていくことで、婦人科系の体の停滞から知っ考えていかれているような不妊症や不感症なども含めたまじめなところから、性的快楽を深められることさえもできるようなものになっていくと知りながら研究して行けていて、人生を楽しんでいるようだった。かといって女性の患者様にへんなことをして捕まえられるようなことは、患者様のためにもならないからしようとすることはない人だけれども、ちょっと目を離しただけでこんなにまでバージョンアップをしているものなのかと、今更ながら驚きを禁じ得ない。

僕は僕でテーマを決めて長期出張中に研究していたことがあった。だからがんばれて、変化したところも大きくあるし。
僕が施術を教えているところでは治療院が併設してあるというところで施術を教えているから多面な悩みを持たれる患者様は来ていただけるものの、普段は生徒さんたちが勉強のため患者様と接していて、一部の治療が難しい人だけ僕のところへ回ってきて施術をさせてもらっていた。
あんがいと生徒たちが優秀で、僕の出る幕がなかったことも多く、プライベートな患者とだけは施術はしていたんですが、絶対的に人の身体と接触して治療する機会が少ない日々を送っていた。






[PR]
by body_revolution | 2017-08-09 01:15 | Comments(0)